兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • BMW 523d(G30) / HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4 完成
    2019年08月25日パワーアンプ取付G30

    BMW 523d(G30) / HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4 完成しました!!

    記事を読む

  • BMW 523d(G30) / HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4
    2019年08月24日パワーアンプ取付G30

    BMW(G30)に、HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4 取付

    記事を読む

  • 【ギター演奏動画】アースシェイカー MORE
    2019年08月23日ギター演奏動画

    ギター演奏動画、アースシェイカーのモアを弾いてみました。

    記事を読む

  • L'Arc〜en〜Ciel × SERENA e-Power - スーパーインナーバッフル制作偏 その2
    2019年08月22日ラルクアンシエル (SERENA e-Power)セレナ・e-POWER

    ラルクアンシエル・セレナ、スーパーインナーバッフル製作工程・その2

    記事を読む

  • 定休日
    2019年08月21日ブログねた

    定休日でした

    記事を読む

  • スイフト・スポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工、完成
    2019年08月20日スピーカー交換スイフト・スポーツ

    スイフト・スポーツに、DLS RCS6.2iスピーカー交換とスーパーデッドニング施工完成です!!

    記事を読む

  • スイフト・スポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工、続き
    2019年08月19日スピーカー交換スイフト・スポーツ

    スイフト・スポーツに、DLS RCS6.2iスピーカー交換とスーパーデッドニング施工、続きです。

    記事を読む

  • スイフトスポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工
    2019年08月18日スピーカー交換スイフト・スポーツ

    スイフト・スポーツにDLS RCS6.2iスピーカー交換とスーパーデッドニング施工。

    記事を読む

BMW 523d(G30) / HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4 完成

先日よりお預かりのBMW G30。

DSC03004

完成いたしました!!

DSC03008
HELIX DSP.2

と、

DSC03009
mosconi ONE80.4

を取り付ける専用ボード、

DSC03014DSC03018
を製作。

DSC03022
配線まみれ(^-^;

DSC03029
バッテリーはラゲッジルーム下なので電源&アースのワイヤリングは楽ちんです(^O^)

DSC03032
設置完了!!

DSC03030
最後にPCでサウンドセッティング!!


やはり内蔵アンプのサウンドとは音の深みなどの立体感、また無音時の静けさなどの空気感が違いますね。
かと言って外部アンプなら何でも良いってわけではありません。

スピーカーユニットを制御できる外部アンプだからこそ出せるサウンドです。
それがアライブ一押しのモスコニアンプです。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

BMW 523d(G30) / HELIX DSP.2 + mosconi ONE80.4

今日は昨日よりお預りのこの車です。

DSC03002
BMW 523d(G30)

こちらのお車はつい先日ETONのスピーカー交換をさせて頂きました。



今回、早くも次のステップアップで入庫です。
ありがとうございます。


今回のメニューはパワーアンプの取付です。

DSC03009
mosconi ONE80.4です。

お客様のご要望でフロントのドアスピーカーとシート下のミッドバススピーカーのみ鳴らします。

BMWにパワーアンプを追加の場合はDSPプロセッサーが必要となります。

DSC03008
HELIX DSP.2

このプロセッサーを接続してセットアップを行います。


DSC03019
ラゲッジルーム内左側に純正パワーアンプが装着されています。
各スピーカーケーブルをDSPプロセッサーへ接続していきます。


と、あまり時間ないので今日はここまで。

ではまた明日〜

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【ギター演奏動画】アースシェイカー MORE

ギター演奏動画(^^♪

アースシェイカーの代表曲「MORE」です。



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

L'Arc〜en〜Ciel × SERENA e-Power - スーパーインナーバッフル制作偏 その2

ラルクアンシエル・セレナ連載シリーズ「スーパーインナーバッフル制作偏◆廚任后

システム内容のご紹介はこちらをご覧ください。


スーパーインナーバッフル制作偏・その1はこちらをご覧ください。



DSC05206DSC05210
切り出したスーパーインナーバッフルを純正のスピーカー取付穴を基準にドアに仮固定します。

DSC05213DSC05214
同時に内張りを取り付けた時に干渉するかどうかをチェックします。

DSC05220
スーパーインナーバッフルを固定するための新たな穴位置とスピーカー開口部をケガきます。

DSC05222
斜線部分はカットします。

DSC05305DSC05306
カットする前に室内やドア内部に鉄粉が飛び散らないようにしっかりと養生を行います。

DSC05308
鉄粉が飛び散らないように霧吹きで水をたっぷりと吹き付けておきます。

DSC05311DSC05312
まずはインナーバッフル固定用穴をホールソーで開けます。

DSC05316DSC05317
続いてエアーソーでスピーカー開口部の斜線部分をカットします。

さらに・・・

DSC05318DSC05319
ベルトサンダーで開口部を削って微調整します。

写真を撮り忘れていますが、最後はペーパーを使ってカット部分を手でなぞっても手が切れないくらいにまで手作業で細かなバリ取りを行います。

DSC05322
錆防止の塗装を施します。


DSC05325DSC05327
追加リングを切り出してスーパーインナーバッフルの角をアール状に加工します。
アール状に加工する事によりスピーカーから伝わる響きが満遍なく伝わり、そのままドアのインナーパネルに伝わっていきます。

スピーカーの響きがスムーズにドアに伝わっていくことにより、スーパーデッドニング施工効果にもより良く影響します。



アライブのスーパーシリーズの各施工法はそれぞれに施工効果の役割があります。

各施工法の効果が全て重なり合う事により、装着されているスピーカーユニット本来のクオリティーを発揮する事が出来るようになります。


一見「インナーバッフルの角をアール状に加工して意味あるの???」と思われるかもしれません。

しかし、一見どうでもいいような各施工法の細かな工程の積み重ねが、出てくる音のリアリティーや空気感などのニュアンスの部分に差が出てくるのです。

高価な楽器の構造と同じです。


それと一つ言えることは・・・

どうでもいいような細かな工程の積み重ねで出るサウンド(ニュアンス)は「調整だけでは絶対に出す事は出来ません」

元々出ていない音のニュアンスはどんな調整機能を使っても出るはずがないのです。

逆に細かな工程の積み重ねをしてこそ、本来の調整機能を活かす事が出来るのです。


DSC05330
リングを貼り付けて一体化。

DSC05338
インナーバッフル裏側は角が立ったままです。

ちなみにこのままの状態でスピーカーを取り付けると・・・

DSC05341DSC05342
裏側はこんな状態です。
このままだとスピーカー裏から出る音(空気の波)がバッフルの角に当たってスムーズに抜けていきません。

「だからなに?」って思いますね(笑)

ラッパの先ってどうなってます?
rappa
アール状に広がってますね。
ラッパの先も空気がスムーズに流れるようにこの形になっています。
スムーズに流れることによって大きな音(良い音)が鳴るようになっています。

例えついでに空気を吸う役割の換気扇も同じような形状です。

kankisen
こちらも空気がスムーズに流れるようにこの形状になっていますね。

どちらもそれぞれの本来の役割を確実に果たすための意味のある形状です。


音は目には見えませんが空気の流れ(波)です。
スピーカーのコーン紙が動く事によって音が出る=空気の流れが発生します。

もちろん裏側にも流れが発生します。

スピーカー裏の背圧の音(空気)がスムーズに流れる構造にする事により、スピーカーのコーン紙が余計な抵抗なく本来の動きが出来るようになります。

本来の動きが出来るようになるという事は、本来のクオリティーの音が出るという事です。

裏を返せば本来の動きが出来ないインナーバッフルの構造(施行)では、本来のクオリティーの音が出せないという事が言えますね。

簡単に言うと「良いスピーカーに交換しても意味のある施工をしなければ宝の持ち腐れになる」という事です。

純正スピーカーより良い音にするために高価なスピーカーに交換するはずなのに、その物を活かす施工が出来ないのなら本末転倒、お金の無駄ですね。


アール状に加工すると・・・

DSC05348DSC05339
こんなに違います。

DSC05340DSC05351
開放感バリバリですね(笑)


DSC05352DSC05353
続いて制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。

DSC05354
バッフル自体の余計な共振を防ぐ効果と防水効果があります。

DSC05374DSC05376
ダイポルギーをしっかり乾燥させます。

DSC05378DSC05379
続いて鬼目ナットを埋め込みます。

DSC05380DSC05381
スピーカー固定用、スーパーインナーバッフル固定用、それぞれ埋め込みます。

これでスーパーインナーバッフル本体の完成です。

今回はここまで。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

定休日

本日、8月21日(水)は・・・

DSC02982

定休日でした(笑)

DSC02998

ではまた明日〜(^.^)

DSC02821

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

スイフト・スポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工、完成

先日よりお預りのスイフト・スポーツ、完成しました!!





DSC02958
スピーカー取り付けました。

DSC02959
ここからエンジンをかけて音楽を鳴らします。

DSC02962
音楽を鳴らすとスピーカーの響きがドアのインナーパネルに伝わります。
手でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC02963DSC02964
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。
そしてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC02965DSC02966
さらに次のポイントを探ります。

DSC02967
押さえ付けます。
これを繰り返してドアのインナーパネルの響きを整えていきます。

DSC02968
そして完成!!

DSC02977DSC02976
今回ツィーターはダッシュボード両サイドに最適な角度で設置します。
将来的にはAピラーへ最適な位置角度に埋込加工を行いたいですね。

最後にナビのサウンドセッティング。

DSC02978
リアスピーカーも少し鳴らして車室内空間の音の立体感を作り出します。

DSC02979DSC02980
その他の項目は全てフラットです。
スーパーデッドニング効果により余計な調整は必要ありません。

カーオーディオで心地良く感じるサウンドを作り出すには、ドア自体の「響き」を如何にコントロールできるかが重要です。

「車のスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器」と考えると、そのドア自体の響かせ方が重要だという事が理解できるかと思います。

スーパーデッドニングでドア自体の響きを整えることによって装着するスピーカーユニットのクオリティーを引き出せますし、EQ等の調整機能もよりシビアに調整が効くようになります。





施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

スイフト・スポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工、続き

みなさま、こんばんは(^O^)

今日もスイフトスポーツです。

DSC02939DSC02940
スピーカー裏背圧があたる面にアクワイエ吸音材を貼り付けます。

スピーカー裏から出る背圧の音がアウターパネルに当たって跳ね返ります。
その反射音が出てくる背圧の音の波とぶつかり、打ち消しやピークが発生して結果、中音域がぼやけたり音抜けが悪くなったりします。

アクワイエ吸音材を貼る事により悪影響を及ぼす反射音を防ぐ事が出来ます。

DSC02938
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化し、勝手に剥がれないように対策を施しています。


DSC02942
サービスホールを塞ぐカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC02943
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。

DSC02946
ヒートガンで温めながらしっかりと貼り付けます。
純正のケーブルの束などを上手くよけながら貼るのが少々コツがいります。

スピーカーは市販のインナーバッフルを加工して取り付けます。

DSC02950DSC02951
もともと塗ってある塗装を剥がします。
スピーカー取付のビス穴をマーキングしてドリルで下穴を開けておきます。
下穴を開けておかないとビスをねじ込んだ時にバッフルが割れる可能性があります。

何事もこのような地味な下準備が重要なのです。

DSC02952DSC02953
制振塗料ダイポルギーをしっかりと塗り込んで乾燥させます。

ダイポルギーを塗る事によってバッフル自体の余計な共振を防ぐ事が出来ます。
また防水効果もあります。

DSC02955
ドアに付属のボルトナットでしっかりと固定します。

DSC02956DSC02957
雨水がかかる内面にコーキング材をしっかりと塗り込みます。

ダイポルギーである程度防水効果はあるのですが、十分ではありませんので念には念を入れて防水対策を施します。


と、クライマックスに近づいております!!

ではまた明日〜

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

スイフトスポーツ DLS RCS6.2i + スーパーデッドニング施工

本日もスイフトスポーツです。

肝心のスピーカーが今朝入荷しました。
交換するスピーカーがこちら。

DSC02893
DLS RCS6.2iです。
突然ですがNEWモデルに変わりました(汗)

と言っても物自体は何も変わっていません(^▽^;)

DSC02894
メーカーさん曰く、箱のデザインと型番の末尾に「i」が付いただけとの事です。

DSC02909
パッシブネットワークは助手席下へ設置します。

DSC02911
専用設置ボードを製作。

DSC02914DSC02913
制振塗料ダイポルギーを塗り込んでボード自体の共振を防ぎます。

DSC02915
乾燥させます。

パッシブネットワークをシート下へ設置するため、スピーカーケーブルは必然的に引き換えとなります。

DSC02917
スピーカーケーブルをドアに通線します。

DSC02930
各ドア、ツィーター、ナビ裏からのスピーカーケーブルを助手席下へ通線します。

DSC02932DSC02934
ボードにパッシブネットワークを設置して助手席下へ取付ます。

DSC02935DSC02936
スピーカーケーブルを接続。


こちらはスーパーデッドニング施工。

DSC02899
アウターパネルのポイント部分に制振材を貼り付けます。

DSC02895
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら貼り付けるポイントを探ります。

DSC02896DSC02897
貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC02898
これを繰り返してアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でる響きに変えていきます。

とこんな感じで着々と進行しております。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます