デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

エクストレイルのリアドアに、スーパーリアデッドニング施工。高砂市より

本日はリピーターのお客様。

DSC06291DSC06292
日産エクストレイルが入庫しております。

DSC06308
高砂市よりお越し頂いております。


こちらのオーナー様は今年の6月にこの車を購入され、納車と同時にお預かりさせて頂き、前車で使用していたカロッツェリアのスピーカーとパワーアンプの取り付けと、フロントドアのスーパーデッドニングの施工をさせて頂きました。

その時は作業が立て込んでいてブログにアップしていませんでした(汗)
詳しくはまたの機会にアップするとして前回の施工内容をチラッとご紹介(笑)

DSC03655DSC03656
スピーカーは今後買い替えを想定して取り敢えずは市販のインナーバッフルで取付し、スーパーデッドニング施工。

DSC03666DSC03667
ドア内張りには『スーパーチューニング』を施工。

DSC03592DSC03596
DSC03601DSC03605
DSC03608DSC03613
ツィーターは最適な取付位置と角度を決め、ピラーに埋込加工。

DSC03625DSC03626
DSC03627DSC03629
内装色と違和感の無い生地を巻きます。

DSC03631DSC03632
ピラー裏にはシンサレート吸音材を装着。

DSC03633DSC03634
DSC03637DSC03639
DSC03640DSC03660
ツィーター周りに取り付けるアライブ特性『スーパーリング』を製作。

DSC03661DSC03662
DSC03671DSC03670
ハイッ、完成!!

DSC03393DSC03455
DSC03484DSC03486
DSC03493DSC03496
DSC03515DSC03517
DSC03568DSC03569
DSC03678DSC03677
ラゲッジルーム下のスペースへパワーアンプとパッシブネットワークを設置。
電源、スピーカーケーブル、RCAケーブル等の各ケーブル類を、バッテリー、ナビからアンプへ引き廻していきます。
邪魔になるシートや内装パネル類は全て取り外しての大掛かりな作業となります。



と、前回はこんな感じで数日間のお預かりで施工させて頂きました。

そして今回はステップアップとして『スーパーリアデッドニング』の施行のご依頼です。

DSC06294
ケンウッドのナビです。


DSC06298DSC06297
DSC06301DSC06299
DSC06302DSC06300
スピーカーは純正です。


DSC06304DSC06303
DSC06314DSC06310
DSC06315DSC06312
ドア内部を丁寧に脱脂処理。


DSC06321DSC06316
DSC06323DSC06318
DSC06326DSC06319
アウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を使ってコントロールしていきます。


DSC06327
DSC06329DSC06328
DSC06336DSC06335
スピーカー裏の背圧があたる部分に吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。


DSC06330
DSC06333DSC06331
ゴム質の制振材を利用してサービスホールの穴を塞ぎます。


こんな感じで進んでおります。

では後半戦行ってきます!!

 
 

◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

クラウンアスリートに、スーパーデッドニング施工。鳥取県米子市より

本日は久々のこのお車。

DSC06213DSC06214
クラウンアスリートです。

DSC06216
大阪ナンバーですが鳥取県米子市よりお越し頂いております。


DSC06215
オーディオは純正です。

DSC06218DSC06217
DSC06223DSC06219
DSC06225DSC06221
スピーカーはケンウッド製に交換済みです。


DSC06226
DSC06227DSC06228
お車の年式が2005年式で10年以上経っている影響で、内張りを留めているクリップが経年劣化で破損していました。
このままではビビリ音の元にもなりますので、すべてのクリップを新品に交換しました。


DSC06220DSC06239
DSC06224DSC06245
あとドアの内外部の汚れも年式相応です(汗)


DSC06247DSC06241
DSC06248DSC06243
DSC06250DSC06242
そこそこ時間かかりましたがばっちり綺麗になりました!!


DSC06251
まずはアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を貼り付けていきます。

DSC06258DSC06252
DSC06259DSC06253
DSC06257DSC06255
アウターパネル裏を指先で叩きながら貼り付けるポイント部分を探り、制振材を貼ってしっかりと押さえ付けます。


DSC06262
スピーカーの背圧があたる部分に吸音材を貼り余計な反射音を防ぎます。

DSC06264DSC06263
貼り付ける部分には粘着を強化するために予めボンドを塗っております。


では後半戦行ってきます!!

 
 

◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

ハリアーの純正JBLシステムに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。

DSC06114DSC06115
本日はハリアーが入庫です。

こちらのオーナー様はお昼過ぎにご紹介でご来店。

先日完成したばかりのデモカー『マーチ』をご試聴いただきました。



しばらくご試聴いただき・・・

即決!!(笑)

しかも今日施行してほしいとのご要望・・・

さらに施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』・・・

今日は予約が入ってなかったのでOKしたものの・・・

施工開始が13時過ぎ・・・

明日からは別のお客様の予約が入ってるので今日中にお引渡し確定!!

この時間から同時施工はなかなかの厳しさです!!

でも頑張ります!!(笑)


DSC06116DSC06117
オーディオは純正JBLシステムです。

DSC06119DSC06118
DSC06121DSC06120
DSC06128DSC06124
DSC06129DSC06125
DSC06130DSC06126
DSC06131DSC06127
スピーカーもJBL専用スピーカーです。

DSC06122DSC06123
ラゲッジルームサイドには専用ウーファー

DSC06132DSC06133
DSC06137DSC06138
トヨタ車のスピーカーはリベット留め。
元に戻すときはボルトで固定できるようにナットリベットを仕込みます。

DSC06146DSC06140
DSC06145DSC06141

おっと!!

もうこんな時間!!

という事で続き行ってきます!!

 



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール