兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • エスティマ、ウーファーボックス制作
    2019年06月20日エスティマウーファー取付

    エスティマ、ウーファーボックス制作中です。

    記事を読む

  • 本日は定休日です・・・が
    2019年06月19日ブログねたエスティマ

    エスティマにウーファーボックス制作&アンプ取付です。

    記事を読む

  • さようなら VW POLO
    2019年06月18日ブログねたPolo

    アライブデモカー VW POLO お別れ

    記事を読む

  • ABARTH 500 カーオーディオシステム、プランニング。
    2019年06月17日ブログねた500

    ABARTH500、オーディオシステムのプランニングです。

    記事を読む

  • ACCORD HYBRID・DLS RCS6.2+スーパーデッドニング完成
    2019年06月16日スピーカー交換アコード

    岐阜県よりお越しのアコードハイブリッド、DLS RCS6.2スピーカー取付とスーパーデッドニング施工完成です。

    記事を読む

  • こんにちは。
    2019年06月16日ブログねた

    こんにちは(^.^)

    記事を読む

  • おはようございます。
    2019年06月15日ブログねた

    おはようございます。

    記事を読む

  • アコード・ハイブリッド DLS RCS6.2+スーパーデッドニング施工
    2019年06月14日スピーカー交換アコード

    岐阜県よりお越しのアコードハイブリッドに、DLS RCS6.2取付とスーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

エスティマ、ウーファーボックス制作

こんにちは(^.^)

DSC00999
2019年6月20日(木)

DSC00964
無理難題ウーファーボックス制作中のエスティマ。

順調良く着々と進行しております(^.^)

DSC00995DSC00994
ウーファーボックス内に制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
ボックス自体の余計な共鳴を防ぎます。

DSC00996DSC00997
上面は先に塗ってから固定します。

DSC00998
コースレッドビスで確実に組上げます。

DSC01000
後部座席に乗る人がウーファーの上に物を置く可能性があるらしいのでウーファー保護用のカバーを製作。

DSC01002DSC01004
ちょっとした物が置かれても大丈夫なようにアルミパンチングメタルで保護します。

DSC01005
仮置きしたらこんな感じ。

DSC01006
塗装します。

DSC01007DSC01008
ウーファーボックスは四隅に足を付けて浮かせて設置します。
インシュレーター効果です。

ウーファーは低音域なので振動が大きくなります。
ウーファーボックスを直に置く(面で置く)と置いた部分に振動が伝わり、その置いた物自体も振動を発生させ、結果的にウーファー本来の出るべき音の邪魔をしてしまいます。

と、インシュレーター効果について語りたいところですが、あまり時間がないのでインシュレーター効果についてはこちらをご参照ください。

要はカーオーディオの音を良くするためにはその物を活かす環境づくりが重要だという事です。

ここ最近のカーオーディオはDSPプロセッサーをつかってパソコンで調整する事が主流となっていますが、調整だけでは絶対に良い音は出ません。

調整ソフトの画面を見ると音楽クリエーター気分になって如何にも良い音が出る感じがしますね(笑)
もちろん細かな調整が出来る方がより追い込んだ音つくりが出来るのは確かです。

が、心地よく感じる音楽としての根本的な「響き」は調整では出す事は出来ません。
セオリー通りの数字合わせだけの調整の音では音楽としての感動は感じられません。
まずはスピーカー本来のクオリティーを出すための確実な環境作り(施工法)を行う事が先決なのです。

何事も基礎作り、ベースつくりが重要です。

パンツ履かずにズボン履く人っていないですよね?
それと同じです(笑)
ん?ちょっと違うか?

て感じです(^O^)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

本日は定休日です・・・が

おはようございます(^.^)

DSC00993
2019年6月19日(水)

本日は定休日なのですが、20年来のお付き合いの超常連様から無理難題のお仕事を急遽頂いたので夕方まで開店ガラガラです(笑)

そのお車がこちら。

DSC00963DSC00964
エスティマです。

このブログで定期的に登場してます(笑)

今現在の仕様はこんな感じ。

DSC00969DSC00972
ワンオフセンタ―コンソールを製作してアンプとアルパインの名機「juba 7909j」をインストール。

DSC00965DSC00966
7909のAUX切り替えで純正ナビの音も問題なく再生できます。

DSC00967
その真後ろには前回取付したアルパインのチューンナップウーファー。

その製作工程がこちら。
・ウーファー取付
・ウーファー取付
・ウーファー取付

この時の無理難題もかなり頭悩ませました(汗)

そして今回の無理難題は・・・

DSC00980
せっかく苦労して取り付けたアルパインのウーファーを取り外して、この「ALTO mobile」のウーファーを取り付ける内容です。

DSC00981DSC00982
これはチューンナップウーファーではないので専用のエンクロージャーボックスの製作は必須です。

もちろんパワーアンプも必須。

DSC00984DSC00986
ウーファー用モノラルアンプ「ETON SDA750.1」で鳴らします。

これらを・・・

DSC00975DSC00976
ここに収まるようにとのご要望。
そして、あとのデザイン等々は全てお任せとの事。

この「後は全てお任せ」と言うのが意外と恐ろしい(笑)
ある程度の期待をもってお任せと言っているのは長年の付き合いなので解ります。

いつもの事なんですが、その期待以上の施工をし、納得してうなる顔を見るのがまた楽しみでもあります(笑)

DSC00988DSC00990
早速アルパインのウーファーを撤去して構想を練っていきます。
こういった製作物は、ほぼ完成形まで頭の中で設計図が描けないと先に進めません。

行き当たりばったりで作っていくと後々大変な事になってしまいますからね。

DSC00991DSC00992

とこんな感じで進行中です。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

さようなら VW POLO

みなさま、こんにちは(^.^)

DSC00983
2019年6月18日(火)

長年デモカーとして活躍していたVW POLO。

DSC00889DSC05491
外観は、めちゃめちゃ低いです(笑)

DSC05485DSC05488
オーディオは何回もシステム変更しました。

数年前には役目を終えて登録抹消して放置状態でした。

ここ2年ほどエンジンをかけることなく全く動かしていなかったので、土にかえりそうな勢いで朽ち果てていました(汗)

この状態だとお店の景観的にもよろしくないし邪魔になってきたので処分する事にしました。

DSC00956
当然バッテリーも完全に上がっているのでエンジンがかかるはずもありません。
しばらく充電したけどかからず、結局モコのバッテリーとブースターケーブルで接続しました。

モコのバッテリーはつい先日カオスの新品に変えたばかりだったので一撃でかかりました(笑)

DSC00958DSC00962
しばらくするとアイドリングも安定してきてなかなか調子よさそうな感じです。
が、通常走行が出来るかどうかは定かではありません(笑)

DSC00961
まぁ、この低さなので普通の車のような通常走行は出来ませんが(笑)

そんな事情で昨日お別れしました。
長い間ありがとう。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ABARTH 500 カーオーディオシステム、プランニング。

みなさま、こんにちは(*^^*)

DSC00955
2019年6月17日(月)

本日はこちらのお車。

DSC00952DSC00953
ABARTH 500

お車乗り換えの為、ドラレコ、ポータブルナビ、レーダー等々の取り外しです。

そして引き続き次のオーナー様のオーディオプランニング。
予算内でガッツリおまかせコース。

さてどんなシステムに仕上げましょうか(^^♪
久々にワクワクです(^.^)

DSC00954
また詰まったらご報告いたします!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ACCORD HYBRID・DLS RCS6.2+スーパーデッドニング完成

DSC00821DSC00823
岐阜県からお越しのアコードハイブリッド、続きです。

● 前半はこちらをご覧ください。

DSC00840DSC00841
純正ビニールのブチル剥がし。

DSC00842
ホンダ車のブチルは柔らかいタイプで、そのままひっぱって取ろうとすると伸びまくりであっちこっちに引っ付いて収拾がつかなくなります(汗)

特殊な溶剤をブチルと鉄板の隙間に垂らすと自然に剥離していきます。
あとは焦らず重力に任せて剥離していきます。

DSC00843DSC00844
綺麗にとれました。

DSC00846DSC00848
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00849
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00850DSC00851
敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から、最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC00852DSC00853
ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC00855DSC00856
全てしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00868DSC00869
スピーカー裏の背圧部分に貼り付けるアクワイエ吸音材です。
スピーカー裏から出る音がアウターパネルに当たって反射音として戻ってきます。

その反射音とスピーカー裏から出る音が干渉して悪影響を及ぼします。

その反射音を消すためにアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。

DSC00870
貼りました。

DSC00871DSC00875
パッシブネットワークと各スピーカーを接続するケーブルを製作。

DSC00872
パッシブネットワークは最終的にドア内張り裏へ設置します。
ドア内部のメンテ等で内張りを外す際にはスピーカーケーブルを外す必要があります。
容易に脱着がしやすいようにカプラー式にしておきます。

DSC00880DSC00881
市販のインナーバッフルを加工します。
もともと塗ってある塗膜を削り、代わりに制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。

防水効果とバッフル自体の余計な共鳴を防ぐ効果があります。

DSC00882DSC00883
しっかり塗り込み乾燥させます。

DSC00884
乾燥後、ドアに装着。

DSC00885DSC00889
より防水効果を高めるためにインナーバッフルの内面にコーキング材を添付します。

DSC00890
サービスホール縁に耐熱ボンドを吹き付けます。

DSC00892DSC00893
ゴム質の制振材を利用してサービスホールの大きさにカットします。
ヒートガンで温めながらサービスホールを塞ぎます。

DSC00899DSC00900
スピーカーを取り付けてパッシブネットワークを仮接続します。
これでミッドの音が出るようになったのでしばらくエージングをします。

DSC00902DSC00903
その間にツィーター部の加工です。
純正ツィーターです。

DSC00904
純正ツィーターははめ込み式なので簡単にばらせます。

DSC00909DSC00910
純正ツィーター穴にRCS6.2のツィーターを合わせるとほぼピッタリ!!

DSC00915DSC00917
少々細工を施してツィーターを固定。
ツィーター裏にはシンサレート吸音材を貼り付けてプチチューニング。

DSC00918DSC00919
ツィーターも仮接続してスーパーデッドニング最終工程へ。

DSC00923
音出しをしながらスピーカーからインナーパネルへ伝わる響きを手で触れて感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00924DSC00925
最適な大きさの制振材を選んで貼り付けます。
そしてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC00928DSC00929
次のポイントを探り制振材を貼り押さえ付けます。

DSC00930
この動作を繰り返してドアのインナーパネルの響きを調整していきます。

DSC00931
そして、完成!!

DSC00942DSC00934
パッシブネットワークは内張り裏スペースへ。

ドアとの接合部はこのカプラーの脱着で容易に。
パッシブネットワークへのINは2極、ツィーターとミッドへは4極のカプラーなので間違えて接続する事は絶対にありません。

DSC00946
最後に前後バランス調整を行ってすべて完成です。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

こんにちは。

おはようございます・・・

と、アップするつもりが朝から商談等々バタバタしててお昼になってしまいました(汗)

ですので改めて、
みなさま、こんにちは(^.^)

DSC00947
2019年6月16日(日)

今日は昨日の豪雨とは打って変わって気持ちの良い晴天ですね(^.^)

さて今日のネタは何が出るかな?
お楽しみに(^.^)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

おはようございます。

おはようございます(^O^)

DSC00888
2019年6月15日(土)

今日は朝からめちゃめちゃ風が強い(>_<)
風向きもアライブピット内に吹き込んでくる方向だったので閉店ガラガラ状態での作業となるかと思ったけど、シャッター開けてみると問題なしでした(^.^)

なので開店ガラガラ〜です(笑)
今日も1日よろしくお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

アコード・ハイブリッド DLS RCS6.2+スーパーデッドニング施工

本日はこちらのお車が入庫です。

DSC00820DSC00821
アコード・ハイブリッド。

DSC00823
なんと!!岐阜県よりお越し頂いております。
昨日に引き続き遠方からのお客様です。

遠路遥々ありがとうございます。

こちらのオーナー様は遠方で何度も足を運ぶことが困難なため、スピーカー交換もご依頼いただきました。


お勧めさせて頂いたスピーカーがこちら。

DSC00837DSC00838
DLS RCS6.2です。

オーナー様ご自身はスーパーインナーバッフルが理想でしたが、約1週間のお預かりが困難という事でコスパ重視の市販インナーバッフルを加工するプランで取り付けします。

本日より2日間のお預りです。


DSC00824DSC00825
ツィーターは純正位置へ取り付けます。

DSC00827DSC00828
内張り外します。
純正スピーカーです。

DSC00831DSC00832
純正ビニールを取り除きます。
ドアに張り巡らされているハーネス類も邪魔なので一旦外します。

という感じで着々と進行中です。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます