デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

V36 スカイライン、フロント左ドアのスーパーデッドニング施工修正

DSC02555DSC02556
本日はV36スカイラインが入庫しております。

こちらのオーナー様は約4年前にフロントドアのスーパーデッドニングを施工させて頂いていましたが、残念ながら事故にあわれて左フロントドアを交換。

ドア交換のため必然的に施工していたスーパーデッドニングも新たに施工し直しです。

DSC02559DSC02560
ドア本体は新品部品に交換となるのですがドア自体に装着されているパーツ類は再利用となります。

V36スカイラインのドアはマツダ車と同じようにサービスホールがパネルで覆われているタイプです。
そのパネルは再利用可能なパーツとなるので前回施工した時に貼り付けた制振材もそのまま残っています。

しかしパネルは再利用できても貼り付けた制振材の位置関係はドア本体(アウターパネル)側の響きに応じてのインナーパネルの響きの調整になるので再利用できません。

DSC02564DSC02565
制振材をすべて剥がして一から施工し直しとなります。

と、言うのは簡単なのですが・・・

DSC02567DSC02568
そもそも剥がれない様にしっかりと貼り付けてあるのでそう簡単に剥がれるものではありません(汗)

DSC02570DSC02574
制振材のアルミ部分は取れましたがこの残ったブチルがなかなか取れないのです(汗)
約1時間半ほど格闘して綺麗に取り除けました(汗)


DSC02571
ようやくスーパーデッドニング施工のスタートです!!

では続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

  



タントカスタム、ウーファー設置ボード製作中!

DSC02472
先日よりチューンナップウーファー取付とツィーター設置位置変更でお預かりしているタントカスタムさん。

DSC02482DSC02487
電源ケーブル、バッ直引込作業です。
アースもバッテリーのマイナス端子へ戻します。

DSC02495DSC02496
RCAケーブル等、ウーファー設置位置までワイヤリング完了。

そうこうしている間にウーファーが入庫。

DSC02497DSC02498
カロッツエリアのTS-WH1000Aです。
サイズを測ると運転席下にバッチリ収まります。
バッチリ収まるのですがシート下のカーペット上に直に置いてしまうとせっかくのウーファー効果が発揮できません。
発揮できないどころか邪魔な存在となってしまいます。

「低音の迫力を期待してウーファー付けたのにボワボワした低音が鳴って気持ち悪いやん!!なんでやっ!?」

って事になってしまいます。

低音域は設置されている状況やその環境によって音の出方(鳴り方)が大きく変わります。

DSC02499DSC02501
しっかりとした厚みの板で専用の設置ボードを製作して確実な固定をしなければ、本来のウーファー効果が発揮できません。

DSC02502DSC02503
DSC02511DSC02510
ボードの上にベタ置きするのではなく下駄をはかしてウーファー本体を浮かすような感じで設置します。

DSC02507DSC02508
こうすることによってウーファー本来のタイトな低音域が鳴り、フロントスピーカーとの音の繋がりも良くなります。

ウーファー効果を最大限引き出す設置法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

てな事で続き行ってきます!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



タントカスタム(L375S)、ウーファー取付とツィーター設置位置変更。高知県より

つい先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたタントカスタムさん。

DSC02453DSC02454
またまたご来店(笑)

DSC02455
高知県から何度も足を運んでいただき本当にありがとうございます。

先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂きドアの響きが改善され、既に交換済みだったアルパインのスピーカーのクオリティーがより発揮できるようになったのですが、ツィーター設置位置の問題でドアスピーカーとの音のバランス(繋がり)の悪さがより目立つようになりました。

ツィーターの設置位置と角度によって車室内の音の臨場感の良し悪しに大きく影響します。

スーパーデッドニングはドアの響きの改善によってドアに装着されているスピーカーのクオリティーを最大限引き出す効果があるのですが、ツィーターの設置位置角度の問題で音のバランスが崩れているところは別問題ですので改善することはできません。
逆に音のバランスが崩れている部分までもが顕著に表れてきます。

DSC02458DSC02457
これが現状のツィーターの設置状況です。

もろに運転席、助手席側に向いて取り付けられています。
めちゃめちゃ高音域がうるさいです(汗)
しかも運転席に座っていると右側の音ばかりが強調されて聞こえてきて非常に違和感のあるサウンド空間です。

これでは音楽全体の臨場感を出すためのツィーターの役割を果たすことができない状況です(汗)


先日のスーパーデッドニング施工後に改善策としてツィーター設置位置の変更を提案させて頂きました。

あとこのタントのドアスピーカーの取り付け位置とドア自体の特性で低音域が少し鳴りにくい傾向にあり、またオーナー様が良く聞く音楽ジャンル的に考慮してウーファーの追加も今後の課題として提案させて頂きました。


・・・で、早くも提案させて頂いた「ツィーター設置位置変更&ウーファー追加」でお越し頂きました!!

DSC02462DSC02463
まずはシート下の採寸をしてウーファーの選択から。

DSC02472

ウーファーはただ単にカーペット上の置くだけではウーファー効果を引き出すことが出来ません。
しっかりとした設置ボードを製作してその上にがっちりと固定しなければドアスピーカーとの音の繋がりがとれず、締まりの無いボワボワとした気持ち悪い低音が鳴り響くだけとなってしまいます。

ウーファー効果を最大限引き出すためのアライブ独自の設置方法についてはこちらのデミオの記事をご参照ください。

ウーファーの入荷がまだなのでお車はしばらくお預かりしてじっくりと施工させて頂きます。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール