兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • DIYのお客様のウーファーBOXを改造の巻
    2018年11月13日ブログねた

    DIYのお客様のウーファーBOXを改造&リニューアルしました。

    記事を読む

  • ALPINE juba 7909j オーバーホール完成、驚きのサウンドに!!
    2018年11月11日エスティマ● ハイエンドシステム

    アルパイン juba 7909jのオーバーホールが完成し音出し、そしてゲイン調整。真のアナログサウンドが蘇えりました。

    記事を読む

  • 30プリウスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工です。
    2018年11月04日プリウス● スーパーデッドニング

    プリウスの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • 日産キャラバン(NV350)の純正スピーカーにスーパーデッドニング施工です。
    2018年11月03日キャラバン(NV350)● スーパーデッドニング

    日産キャラバンの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • ALPINE juba 7909jをオーバーホールに出す。
    2018年10月30日エスティマ● ハイエンドシステム

    アルパインのCDデッキの名機、「juba 7909j」をオーバーホールへ出すために取り外しました。

    記事を読む

  • DLSスピーカー交換&スーパーデッドニング施工のアルファード、最終工程へ
    2018年10月27日30 アルファード● スーパーデッドニング

    DLSスピーカー交換&スーパーデッドニング施工のアルファードの最終工程前のスピーカーエージング中です。

    記事を読む

  • 大阪市よりお越しのアルファードに、DLSのM6.2スピーカー交換とスーパーデッドニング施工です。
    2018年10月26日30 アルファード● スーパーデッドニング

    大阪市よりお越しのアルファードに、スーパーデッドニング施工とDLSスピーカー交換です。

    記事を読む

  • 10月23日(火) 臨時休業のお知らせ。
    2018年10月22日ブログねた

    10月23日(火)、臨時休業のお知らせです。

    記事を読む

  • Audi S3 Sedan × Bang & Olfsen Sound System スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
    2018年10月22日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工S3

    アウディS3 SedanのBang & Olfsen Sound Systemに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工のご紹介です。

    記事を読む

  • 30プリウスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。倉敷市より
    2018年10月19日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工プリウス

    倉敷市からお越しのプリウスの純正スピーカーに、『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』のご紹介です。

    記事を読む

  • 本日のたいぞう(笑)
    2018年10月16日ブログねたたいぞう

    おはようございます。本日のたいぞうです(^_^)

    記事を読む

  • エスティマのDLSスピーカーを今は無き名器に交換
    2018年10月15日エスティマカスタムオーディオ

    アライブの歴史を知り尽くした超常連様のエスティマのスピーカー交換です。

    記事を読む

  • マツダ プレマシーに、スピーカー交換とスーパーデッドニング施工。愛知県より
    2018年10月14日● スーパーデッドニングプレマシー

    愛知県よりお越しのプレマシーにスーパーデッドニングとスピーカー交換の施工をしました。

    記事を読む

DIYのお客様のウーファーBOXを改造の巻

今日は日頃DIYでカーオーディオライフを楽しまれてる常連様のウーファーBOXを、改造&リニューアルしました。

友人から譲ってもらったウーファーBOXを、上から約30ミリカットして作り変えてほしいとのご依頼。

DSC08260DSC08261
改造前の元の写真を撮り忘れていたので、いきなり改造後の写真から(笑)
上部をばっさりとカットしたので天板部分は新たに作り直して合体しています。

もともとはモケット生地を貼っていましたがオーナー様のご要望でレザー貼りにリニューアル。

DSC08262DSC08263
綺麗に貼れました!!
サイド部分は別途パネルを製作してアルカンターラ風の生地を貼りました。

DSC08264DSC08265
元と比べると(比べる写真はありませんが(汗))、さりげなくにゴージャスになりました!!

DSC08271
さらにウーファーは鬼目ナットを埋め込んでボルトでがっちり固定できるように変更。

DSC08269DSC08266

オーナー様も大満足でお帰りになりました(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ

ALPINE juba 7909j オーバーホール完成、驚きのサウンドに!!

DSC08246DSC08245
先日アルパインのCDヘッドユニットの名機「juba 7909j」をオーバーホールに出したエスティマ。

DSC08019

不具合箇所の修理と出力RCAケーブルや各部コンデンサー等がグレードアップされ、無事オーナー様の元へ戻ってきました。

DSC08249DSC08250
早速元通りに取付。

DSC08254
問題なく電源も入り音出しもOK!!
ですが、音が出ればOKではありません。

DSC08257
このエスティマのシステムは、4chアンプをDLSスピーカーのツィーターとミッドレンジの各スピーカーユニットへ接続する『バイアンプ接続』仕様となっています。
ツィーターとミッドレンジ間は標準のパッシブネットワークを使用しています。

DSPを使用しない純粋なアナログシステムです。

ですのでタイムアライメントやEQなんてものはありません。

アライブの音つくりは独自の各施工法でスピーカーユニットの音色や音の定位を作り出しますので、タイムアライメントやEQは基本的に必要ありません。

音楽として伝わってくる音の響きや音色を重要視する音作りのこだわりです。


このシステムのようなバイアンプ接続では、最終的にツィーターとミッドレンジそれぞれのパワーアンプのゲイン調整が重要となり、このシステムのクオリティーを活かすか殺すかはこのゲイン調整にかかっています。

DSC08258 - コピー
この部分のダイヤルを色々なジャンルの音楽を鳴らしつつ、長年の音つくりの経験をもとにした感覚を頼りに調整していきます。


調整前から音が鳴った瞬間に「何この音!!!」と鳥肌もんの音が鳴ってたのですが、調整していくと更にやばい音色が!!

言葉ではなかなか言い表せませんが、音が鳴っているときはもちろんですが無音の時の静けさまでもが感じ取れるような音で、耳で聞いているのではなく身体で感じてるのが実感できるという正しくアライブサウンドです。

これこそが真のアナログサウンドですね。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ソリオバンディット、モスコニDSPアンプのゲイン調整とクロスオーバーセッティングの定期点検調整

DSC04547
昨年の8月頃にモスコニDSPアンプ、DLSスカンジナビアスピーカー、その他諸々の施工をさせて頂き、今年の7月にケンウッドのナビ取付をさせて頂いた枚方市よりお越しのソリオバンディットの常連様。

DSC04213DSC04214
DLSスカンジナビアツィーター。

DSC04173DSC04239
ドアスピーカーはDLS UPi6のミッドレンジを、アライブ独自の施工法『スーパーアウターバッフル』を製作して取り付け。

その当時の記事がこちら・・・
  1. その(システム紹介)
  2. その(アンプ、ウーファーボード製作)
  3. その(スーパーアウターバッフル製作)
  4. その(スーパーアウターバッフル製作)
  5. その(ツィーターピラー埋込加工)
特にスーパーアウターバッフルの製作工程は必見です!!

アライブ独自のスーパ―デッドニング等の各施工法は、アライブサウンドの『いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド』の基本コンセプトに基づき、一切のブレなく考案した施工法です。
各施工法それぞれに意味があり役割があるのです。

音作りのこだわりと、それに対する施工法にブレの無い一貫性がないと、良い音なんてできるはずがありませんね。

高価なシステムを一貫性の無い支離滅裂な施工法で取り付け、最後はパソコンでセオリー通りの数値合わせの音つくり・・・???
物さえ買うお金があれば誰でも出来そうですね(笑)


と、そんなどうでもいい事はさておき、ソリオバンディットさんの定期点検と調整です。

このようなシステムになるとスピーカーのエージングが進むにつれて音色が深まってきます。
それにつれて取付当初にセッティングしたアンプのゲインやクロスオーバーセッティングが微妙に変わってきます。

ですので半年後、1年後・・・という感じで定期的にサウンドチェックを行う必要があります。

DSC08129DSC08131

とくにアンプのゲイン調整は非常にシビアな調整で音色が格段に変わります。
タイムアライメントとかEQとかよりもまずはアンプのゲイン調整が重要です。

巷では「外部アンプ付けたら良い音がする」みたいな事が言われていますが、システムに応じたゲイン調整が出来てこそです。
ゲイン調整の重要性を理解せずに外部アンプを取り付けるととんでもない音になる可能性もありますし、ひどい時にはスピーカーを破損する事にもなりかねません。

ゲイン調整はそれくらい重要かつ奥が深いのです。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

30プリウスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工です。

DSC08086DSC08087
本日はプリウスが入庫です。

DSC08089DSC08090
ホイールはカールソン。
絶妙な車高とホイールのツライチが大人の渋さを醸し出しています。

施工内容はもちろん『スーパ―デッドニング』です。

DSC08091
純正ナビ。

DSC08092DSC08094
今回はフロントドアのみの施工です。

DSC08095
純正スピーカーです。
もちろんスピーカー交換はせずにスーパーデッドニングのみの施工で、施工法の重要性を体感していただきます。

スピーカー交換と同時にデッドニングを施工してしまうと純粋なデッドニングの効果ってわかりませんよね。
カーオーディオの音を良くするためには、まずはスピーカーの音を悪くしている最大の原因である『ドアの響きの改善』から行う事が重要なのです。

DSC08097DSC08096

では続き行ってまいります!!

IMG_3290

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。
ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

日産キャラバン(NV350)の純正スピーカーにスーパーデッドニング施工です。

本日はお初のお車が入庫しております。

DSC08023DSC08024
キャラバン(NV350)です!!

アライブから徒歩数分のご近所のお客様です。
ありがとうございます。

日頃お仕事で使われている車で、現場への移動中に心地良いサウンドで聞きたいとのご要望でご予約いただきました。

もちろん施工内容は『スーパ―デッドニング』です。

DSC08027
カロッツェリアのナビ。

DSC08028DSC08030
内張り外します。

DSC08034DSC08039
スピーカーは純正です。

DSC08042DSC08043
ドア内部とインナーパネルを丁寧に脱脂処理した後、アウターパネル裏のポイント部分に制振材を貼り付け、ベース音の余韻が奏でるようにアウターパネルの響きをコントロールします。

貼り付けるポイントは指先でアウターパネル裏をコンコンと叩きながら指先に伝わる振動を感じ取って探っていきます。

DSC08050DSC08051
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける部分には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC08052
貼り付けました。
純正のハーネスがこんな所を通っています(汗)
長さが決まってるので移動できません。

DSC08055DSC08053
サービスホールを塞ぐカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC08056
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じで貼り付けます。

DSC08057DSC08058
こんな感じ。

DSC08059
スピーカーを取り付けてここからエンジンをかけて音楽を鳴らします。

DSC08062DSC08063
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルへ伝わっていきます。
手の裏でインナーパネルに触れながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC08064DSC08065
貼り付けた後、ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC08066DSC08067
また次のポイントを探り貼り付け押さえ付けます。
これを繰り返していきインナーパネルの響きを整えていきます。

DSC08068
これで完成です!!

DSC08069DSC08070
インナーパネルの響きを整えることにより余計な響きで埋もれていた音を引き出し、逆に出過ぎて歪んでいた音を消していきます。
この効果でボーカルや各楽器の音それぞれが音量に左右されることなくハッキリと聞き取れるようになり、音楽を心地良く感じる事が出来るようになります。

DSC08077DSC08078
ナビのサウンド調整機能は全てOFFです。

DSC08080DSC08082
ただし、クロスオーバー調整のみ使います。

以上ですべて完成です。

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。
ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ALPINE juba 7909jをオーバーホールに出す。

DSC07998DSC07999
今日は毎度おなじみ超常連様のエスティマが入庫しております。

DSC07994DSC07986
ワンオフで制作させて頂いたセンタ―コンソールに収まるアルパインの名機「juba 7909j」が、最近少々音飛びが出だしたそうです。

7909jは1990年発売なので28年も経つのですが、これを上回る音質のCDデッキは現状存在しませんし今後も出てくる事はないでしょう。
そもそもCDデッキ自体が無くなりつつありますしね(汗)

そんな貴重な名機なので対応が可能なうちにオーバーホールに出します。

DSC08000DSC08004
という事で取り外します。

ただ7909jを外してしまうと音楽が聴けなくなってしまいます。
その対策として純正ナビの出力を外部アンプへ直で接続するように細工します。

DSC08010DSC08009
純正ナビから出力されているRCAケーブルと外部アンプへ接続されているRCAケーブルを、三又端子を使って接続します。

DSC08011
出来上がり!!

DSC08012
パネル類を元に戻して終わりです。

DSC08018
カッコいい!!名機の風格ですね。

DSC08017
後ろのサインです(笑)
誰のサインかわかるかなぁ〜(笑)

DSC08019
そして名機の上に乗る鹿と土佐犬です(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

DLSスピーカー交換&スーパーデッドニング施工のアルファード、最終工程へ

昨日よりお預りのアルファード。

DSC07929DSC07928
ドアスピーカ―の取付完了。

DSC07933DSC07932
ツィーターの取り付けも完了。

DSC07930DSC07931
あとはスーパーデッドニングの最終工程を残すのみです。

その前に只今エージング中です(^^♪

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

大阪市よりお越しのアルファードに、DLSのM6.2スピーカー交換とスーパーデッドニング施工です。

DSC07856DSC07857
本日はアルファードが入庫しております。

DSC07861
大阪市よりお越し頂きました。
ありがとうございます。

施工内容はスーパーデッドニングの施工と、オーナー様のご希望でスピーカー交換も同時に行います。

ご予算と施工期間を考慮してこちらのスピーカーをお勧めさせて頂きました。

DSC07865DSC07866
DLS M6.2です。
このユニットを市販のインナーバッフルを少々加工して取付いたします。

DSC07864DSC07873
ツィーターは純正位置での交換です。

DSC07860
ナビはアルパイン。

DSC07862DSC07867

1泊2日のお預かりで施工いたします。



スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

アウディS3 Sedanに『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の施工後のご感想メール頂きました。

先日、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工をさせて頂いた『Audi S3 Sedan × Bang & Olfsen Sound System』

DSC06728

早速、オーナー様より施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

施工内容の詳細は、乗り換え前の「S3 Sportback」で施工させて頂いた内容が全く同じなのでそちらをご参照ください。
◆【Audi S3 Sportback】に『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の施工詳細

ではご感想メールをご覧ください。
-----------------------------------------
原田様。

今回も又、やられてしまいました(笑)
前回のスポーツバックでスーパーデッドニング施工の実力は分かっていたつもりだっだんですが、今回のセダンでの施工は、その認識を軽々と打ち破ってくれました。

スポーツバックの時に初めて聴いた音楽がマイケルジャクソンの【Beat it】でしたので、今回はバラード系と思いビリージョエルの【Jast The Way You Are 】を選んだのですが・・・
この選曲が、まずかった・・・

イントロが流れ、ボーカルが入ると、ビリーが耳元で囁き、思わず私は涙ぐんでいました(ノД`)シクシク
それほどリアルな音場を室内で再現してくれていたんです。

その後で【The Stranger】が流れてくると完全に涙腺が崩壊していました(´;ω;`)ウゥゥ
55歳を過ぎたオッサンが車内で泣いてる姿なんて対向車から見た人は何と思っていたんでしょうか^^;
次の曲が【You May Be Rjght】だったから良かったですが、これがバラードシリーズだったと思うと身の毛もよだちます。

いや、本当に車内の臨場感が半端ないです。
身体の細胞、一つ一つに音楽が染み込んでいき、スタジオの空気感まで再現している様な・・・

これが施工代10万円で手に入るなんて、ほんとコストパフォーマンスも最高です。

今回、車を選ぶに当たって絶対に外せないオプションを【Bang & Olfsenサウンドシステム】にしたのは大正解でした。
このシステムと原田さんのスーパーデッドニング施工の組み合わせこそが最高のコンビネーションだと思います(笑)

勿論、どんな車のノーマルオーディオでもスーパーデッドニング施工の組み合わせは最高だと思いますけどね!!
-----------------------------------------

毎度毎度ありがとうございます!!
涙ぐむという事は、音楽を聞いているのではなく『心で感じている』証拠ですね。

アライブが拘っている本当の良い音とは耳に聞こえてるだけの音ではなく『心で感じる音』です。
純正スピーカーでも市販のスピーカーでも、その拘りは一切のブレはありません。


その一切のブレのない拘りをもとに独自に考案した施工法が、スーパーデッドニングを基礎としたスーパーインナーバッフル、スーパーチューニング等のスーパーシリーズの施工法です。


このブログでは各施工の詳細を画像付きで惜しみなく公開しています。
ですのでたまに同業者でこの内容を真似したようなデッドニングやバッフルボードの製作をやっているところを見かけますが(プロとして恥ずかしいですね)、アライブ原田自身の音つくりに対する一切のブレのない拘りの信念までは画像には写りません(笑)

なので画像を見て同じような制振材の貼り方はバッフルボードの作り方をしても、音は変わりますが絶対にアライブサウンドにはならないのです。
(ただし、D.I.Yで施工自体を楽しまれている方は大いに参考にして頂ければと思います)


良い音なんて人それぞれの好みがあり『この音が正解』っていうのもありませんが、カーオーディオ専門店として良い音というものを提供するのであれば『ブレの無い拘りの音とその施工に対する信念』が無ければ専門店とは言えません。
拘りの信念無しでは出来上がる音がブレブレで良い音なんて絶対に出来るはずがありませんね。

類似品にご注意を!!(笑)

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

10月23日(火) 臨時休業のお知らせ。

明日、10月23日(火)は所用の為臨時休業させて頂きます。
翌24日(水)は定休日となっております。

誠に勝手いたしますがよろしくお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

カテゴリ

Audi S3 Sedan × Bang & Olfsen Sound System スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工

本日はこちらのお車が入庫しております。

DSC06728DSC06729
アウディS3 Sedan
かっちょ良いです!!

納車ほやほやの新車です。
施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
◆『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』についてはこちらをご参照ください。

こちらのオーナー様は今年の4月に同じアウディS3のSportbackで『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いたばかりですが、今回諸事情でS3 Sedanに乗り換えることになったそうです。

DSC02254DSC02255
残念ながらスーパーデッドニングは車体自体に施工するものなので車体が変わるとスーパーデッドニングもなくなってしまいます(涙)

という事で今回また改めてのご依頼です。

DSC06724
前回同様『Bang & Olfsen Sound System』です。

DSC06723DSC06730
フロントスピーカーは3ウェイ構成です。

DSC06742
ツィーターはAピラー内です。

DSC06725DSC06733
リアスピーカーは2ウェイです。

DSC06735
ツィーターは内張り側に付いています。

SedanとSportbackではフロント、リアスピーカーは同じ構成となっています。

DSC06737DSC06738
しかしウーファーの設置状況は違っていました。

同時施工ですので昨日からお預りの1泊2日での施工ですが、あまりゆっくりしていられませんので後の施工内容詳細は前回のSportbackの記事をご参照ください。

◆ AUDI S3 Sportback施工詳細【施工後のご感想メールも一緒にご紹介していますので是非ご覧ください】

では続き行ってまいります!

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

30プリウスの純正スピーカーに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。倉敷市より

DSC06611DSC06612
本日はプリウスが入庫しております。

DSC06614
岡山県倉敷市よりお越し頂きました。

施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
◆『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』についてはこちらをご参照ください。

DSC06613
純正ナビです。

DSC06615DSC06619
フロントドア内張り外します。

DSC06620
スピーカーも純正です。

DSC06616DSC06631
リアドア内張り外します。

DSC06632
リアスピーカーも純正です。

前後スピーカーともスピーカー交換はせずに純正スピーカーの状態でスーパーデッドニングのみの施工を行います。

カーオーディオのスピーカーの音が悪い原因は純正スピーカーではなく、ペラペラの薄い鉄板で出来ているドア自体の響き方が最大の原因です。

薄い鉄板のドアにスピーカーが装着されているのでスピーカーから音が出ればスピーカーからの振動が薄い鉄板のドアに伝わり、そのドア自体が共振して余計な音を発生してしまいます。

簡単に言えばドア自体がスピーカーのような状態となり、めちゃめちゃな音を発生して本来のスピーカーから出るべき音の邪魔をするのです。

この状態はスピーカーを交換しても改善されません。
まずはめちゃめちゃな音を発生するドア自体の響きを改善する事が重要なのです。


その施工法がアライブ独自に考案した『スーパーデッドニング』です。


『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』は1泊2日のお預かりとなります。

では続き行ってまいります!!

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

本日のたいぞう(笑)

おはようございます!
本日のたいぞうの1枚です(*^^*)

今日も1日はりきっていきましょう!!


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

エスティマのDLSスピーカーを今は無き名器に交換

スーパ―デッドニングが誕生する前からの15年以上のお付き合いの常連様です。
アライブの音つくりや施工技術の進化を知り尽くしているお方なので、いつも無理難題を提案してきます(^-^;

その無理難題に期待以上に応えることが快感となっています(笑)


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


マツダ プレマシーに、スピーカー交換とスーパーデッドニング施工。愛知県より

DSC06497DSC06498
マツダ プレマシーにスーパーデッドニング施工です。

DSC06502
愛知県よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は「カーオーディオの音つくりについて拘りの独自の理念を持ち、かつその理念について明確な納得できる根拠を示しているお店は他にない」という事で、約8年ほど前からこのアライブブログをずっとご覧になっていたそうです。

非常にうれしいお言葉を頂きありがとうございます。

いつかはスーパーデッドニングの施工をしたいと思っていたそうですがなかなかタイミングがなく、この度ようやく念願が叶ったとの事でした(笑)


今回はお手持ちのスピーカーに交換しての施工です。

DSC06503DSC06504
今は廃盤となってしまったTS-C057A

今まで3台同じプレマシーに乗り継いでいるそうで、最初のプレマシーにつけていたスピーカーの音が忘れられなくて何年か前に新品で入手していたそうです。

プレマシーの純正スピーカーとほぼ同サイズの為、別途インナーバッフルを使用しなくても交換が可能です。


DSC06500
ケンウッドのナビです。

DSC06505DSC06507
内張り外します。
マツダ車特有の樹脂パネルタイプのドアです。

サービスホールを塞ぐ目的のデッドニングではこのようなタイプのドアはサービスホールがありませんのでデッドニングの意味がないと判断されます。

しかし、スーパーデッドニングはドア自体の響きをコントロールして心地良いサウンドをつくりだす施工法ですので、このようなタイプのドアでも問題なく施工可能です。

逆にこの樹脂のパネルの響きが良い方向のサウンドに功を奏します。

DSC06513DSC06519
ガラスを外して樹脂パネルを外します。

DSC06514DSC06515
樹脂パネルを外す前に純正のケーブルを外す必要がありますが、このカプラーを外すのに少々コツがいります。
始めて施工したときはしばらく悩みましたが、もう何台もやってるので楽々外せます(笑)


DSC06522DSC06523
ドア内部を丁寧に脱脂処理した後アウターパネル裏に制振材を貼り付けながらアウターパネルの響きをコントロールしていきます。
指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC06524DSC06525
はじめは大きな制振材を大まかに貼り付けた後、制振材をさらに細かくカットして響きの微調整を行います。

DSC06527DSC06528
貼り付けた後はヘラでしっかりと1枚1枚押さえていきます。

DSC06529DSC06530
こんな感じで確実に押さえ付けていきます。
この工程が結構時間を要します。

DSC06533DSC06534
この奥の方を押さえるのがやり難いんです(汗)

DSC06535DSC06536
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け、鉄板に当たって跳ね返ってくる余計な反射音を防ぎます。
耐熱ボンドを吹き付けて剥がれ防止の対策を施します。

DSC06540DSC06541
こんな感じに貼り付けます。

DSC06544DSC06545
スピーカー取り付けました。
ここからエンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。

DSC06548DSC06549
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアの樹脂パネルに伝わっていきます。
手の裏で樹脂パネルに触れながら響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06550DSC06551
1枚貼り付けた後すぐにヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06552DSC06553
そして次のポイントを探り同じ動作を繰り返していきます。

DSC06554DSC06555
ハイッ!!
これで完成です。

DSC06557DSC06556
こちらも制振材をカットして響きを微調整していきます。

DSC06559
助手席側も同様に施工してすべて完成です。

DSC06561
最後に前後スピーカーのバランスを調整します。
その他のイコライザーやタイムアライメント等の調整機能は一切使用しません。

アライブの音つくりはカーオーディオのスピーカーの音を悪くしている最大の原因(純正でも市販品でも関係なく)である『ドア自体の響き』をコントロールして音のバランスを整える施工法です。

根本の原因の部分を改善して音の基礎つくりをするので、基本的にイコライザー等のサウンド調整機能は必要ありません。

逆にドアの響きの改善で基本的な音を出すのでイコライザー等のサウンド調整機能の効果もよりシビアに出す事も可能ですので、使い方によってはまともなサウンド効果を発揮する事も可能です。


カーオーディオで良い音を出すためには音の出口であるスピーカーの音を改善する事が先決ですが、『なぜ車のスピーカーの音が悪いのか』という明確な原因を掴み適正な意味のある対処(施工)をすることが重要です。

その本当の原因をわかっていない(本当の良い音を知らない、明確なこだわりの音を知らない)から「純正スピーカーは音が悪い」と決めつけるのです。


もちろん市販のスピーカーの方が純正スピーカーよりも良い音が鳴る素質はあります。
外部アンプやウーファ―を追加するメリットもありますし純正スピーカーでは出せない音にもなる素質があります。

ただしカーオーディオの場合はその物の素質を見出すのは施工する人次第なのです。

純正スピーカーはダメだとか物自体をどうこう言う以前に、『施行する人の音の感性がどうか』という事の方が重要なのではないでしょうか。


ギターを弾いた人がない人、もしくは根本的に音音痴な人がいくら高価なギターを弾いてもそのギター本来の良い音を出す事は出来ませんし、そもそもそんな人の演奏を聞いても不快になるだけですね(汗)

しかし逆にギターのプロが安物のギターを弾いてもそれなりの良い音色で奏でますし、そもそも聞いていても心地いいはずです。

アライブが提案(提供)する良い音とは、高価な物を付けたから良い音になるとかではなく、物の良し悪しに関係なく『聴いていて心地良く感じるかどうか、いつまでも聴いていようと感じるかどうか』です。

その音にするために独自に考案した施工法が、スーパーデッドニングを基礎とした各スーパーシリーズの施工法なのです。

アライブの音つくりについて更に詳しく知ってみたいって方はこちらをご覧ください。
◆ スーパ―デッドニングって何? ◆

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。



お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます