みなさま、こんばんは(^O^)

IMG_7143
先日からお預りの「ヴェルファイアにDLS M6.2スピーカー交換とスーパーデッドニング施工」が完成しました。

IMG_7152
ツィーターは純正位置へ。
トヨタ車は純正ツィーターを外すとドアのスピーカーの音が鳴りません。

IMG_7153IMG_7154
専用パーツを使って細工します。
M6.2付属のパッシブネットワークと専用パーツを接続して束ねます。

IMG_7155
純正ツィーター位置下へネットワークを設置。
M6.2のツィーターとは2極カプラーを別途取り付けて脱着しやすいようにしておきます。

続いてスーパ―デッドニング施工です。

IMG_7156IMG_7157
ドア内部を丁寧に脱脂処理した後、アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

IMG_7161IMG_7162
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

IMG_7164IMG_7165
ドアが大きいので制振材の枚数も多くなり、押さえ付ける時間が相当かかります。
奥の方とかはめちゃめちゃ押さえにくいので無理すると手首が腱鞘炎になります(汗)

IMG_7172IMG_7173
スピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける部分には耐熱ボンドを吹き付けて勝手に剥がれないように粘着を強化します。

IMG_7184
貼り付けました。

IMG_7174IMG_7175
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の大きさに合わせて切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

IMG_7183
ヒートガンで温めながら貼り付けます。

IMG_7176IMG_7178
市販のインナーバッフルを加工します。

IMG_7179
M6.2スピーカーが干渉する部分と表面を削ります。

IMG_7180IMG_7181
制振塗料「ダイポルギー」を塗り込みバッフルボードの余計な共鳴を防ぎます。
また防水効果も兼ねています。

IMG_7182
何回かに分けて塗り込んでしっかりと乾燥させます。

IMG_7187IMG_7188
付属のボルトナットでインナーバッフルをしっかりと固定。
スピーカー開口部の雨水があたる部分にはコーキング材を塗って更に防水効果を高めます。

IMG_7190IMG_7191
スピーカーを取り付けました。
ここからエンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。

IMG_7193IMG_7194
音楽を鳴らすとスピーカーからドアのインナーパネルに響きが伝わります。
手でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
敢えて適当にカットした制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

IMG_7195IMG_7196
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

IMG_7197IMG_7198
そして次のポイントを探り、この作業を繰り返していき完成です。

IMG_7177IMG_7206
ツィーターを取り付けます。

IMG_7208
リアスピーカーも車室内の臨場感を作り出すために利用します。
最適な前後バランスに合わせてすべて完成です。

あとはスピーカーのエージングが進んでいくサウンドの変化が楽しみですね。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング