フリードにスーパーデッドニング施工、続きです。

DSC00211
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00212DSC00213
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC00214
これを繰り返していきます。

DSC00215DSC00216
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00218DSC00219
こんな感じでアウターパネル部分は完成。

DSC00227DSC00225
スピーカー裏の背圧があたる部分に吸音材を貼り付けます。
貼り付ける部分に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00229
貼り付けました。
スピーカー裏から出る音の反射音を防ぎます。

DSC00228DSC00226
サービスホールを塞ぐカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00231
塞ぎました!!
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC00235
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手で触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00237DSC00238
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00240
これを繰り返していき・・・

DSC00241
完成です!!

DSC00249DSC00250
最後にサウンド調整。
と言ってもスーパーデッドニング効果で何も調整する必要がなくなるのでイコライザー等々、全てフラット、OFFに調整します。

DSC00248
車室内の臨場感を出すためにリアスピーカーを少し鳴らします。
前席、後席どこに座って聴いても同様の一つのサウンドになるように前後バランス調整を行います。

これで完成です。
ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング