かれこれ1年ほど前になりますが、スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたエクスプローラーのオーナー様から、施工後のご感想メールを頂いていましたのでご紹介いたします。

DSC00893DSC00894
こちらのお車です。

DSC00900
京都市よりお越し頂いておりました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC00895
オーディオは純正。

DSC00898DSC00901
フロントドアのみのスーパーデッドニング施工です。

DSC00902DSC00903
スピーカーも純正です。
トヨタ車に使っているような6×9インチサイズです。

と、ここで先にご感想メールのご紹介。
********************************************
alive sound factory 原田様

先日は、施工ありがとうございました。

帰り道に聞いた感想ですが、正直予想以上で音の変化にすごくびっくりしています。

デットニング前、この車はまだそれなりに音はいい方かと思っていたのですが・・・
全く違いました!! 

デットニング後は今まで聞こえなかった音・声が聴けたのと、音量をあげても聞き疲れる事もなく以前では出したことのない大音量で聴けるようになりました。

又、機会がありましたら是非施工を宜しくお願い致します。
********************************************

こちらこそありがとうございました。


では施工詳細の続き。

DSC00910DSC00911
純正スピーカー。

DSC00914DSC00916
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00919DSC00920
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な大きさの物を選び、ポイント部分に貼り付けます。

DSC00923DSC00924
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00925DSC00926
こんな感じでアウターパネル裏は完成。
制振材を利用して鉄板特有の余計な響きを消し、ベース音の余韻が奏でるようにアウターパネルの響きをコントロールしています。

DSC00934DSC00935
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化して剥がれにくいように施します。

DSC00938
貼り付けました。
スピーカー裏から出る音が鉄板に当たって反射するのを防ぐ事が出来ます。

DSC00937DSC00936
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00940
ヒートガンで炙りながら太鼓の皮をピンッと張る様な感じで貼り付けます。

DSC00939DSC00942
ここからエンジンをかけ実際に音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手で触れながら響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00943DSC00944
最適な大きさの制振材を選んで貼り付けます。
ヘラで押さえ付けます。

DSC00945DSC00946
この動作を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールしていき完成です。

DSC00949
最後に前後スピーカーのバランスを調整してすべて完成です。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング