本日はこちらのお車。

DSC00353DSC00354
トヨタ・シエンタ。

施工内容はパワーアンプ用電源のバッ直引込み作業です。

こちらのオーナー様はいつもD.I.Yでカーオーディオを楽しまれている方です。

後々パワーアンプの取付をされる予定なのですが、電源ケーブルをバッテリー直で引き込む作業は素人では万が一何かあった時のリスクが大きすぎるので、ここは信頼できるプロにお任せしたいとの事でご依頼いただきました。

この作業はエンジンルームのバッテリーから室内のパワーアンプ設置場所まで、電源ケーブルを引き込むのですが一筋縄ではいきません。

一つ間違えると作業中に電源がショートして一瞬で車両火災になってしまうという、大きなリスクが伴います。

またエンジンルームから室内へ通す部分には車両の重要なケーブルが無数に通っているところでもあり、そのケーブルを破損してしまう可能性もあります。

重要なケーブル類なので間違って切断なんてしてしまうと、最悪車が動かなくなる可能性も大です。

やはりこのような作業は十分な経験とノウハウが非常に重要となります。

DSC00359DSC00360
ケーブルを室内に引き込む経路を確認するためにバッテリーやエアクリーナー等の邪魔になる物を取り外します。

DSC00362DSC00364
わかりにくいですがエンジンルームの奥の方に、車両ハーネスが室内に引き込まれているところが確認できます。

DSC00365DSC00366
反対の室内側はグローブボックスを外した奥の方に見えます。
このゴムに穴を開けて電源ケーブルを引き込みます。

DSC00367DSC00369
こんな感じで引っ張り込みます。

DSC00370
室内側。

DSC00373
コルゲートチューブでケーブルを保護します。

DSC00376
ヒューズホルダーを設置するためのベースをステーを加工して製作します。
バッテリー交換等の車両メンテナンス時に支障が出ないところに確実に固定できるようにします。

DSC00377DSC00379
色々な事を想定した結果ここに固定します。
ステーを固定場所に合わせて加工していきます。

DSC00380
出来上がったステーを塗装します。

DSC00381DSC00385
室内側もコルゲートチューブで保護。
パワーアンプはご自身で取付されるので、とりあえず助手席シート下に電源ケーブルを収納。

DSC00386DSC00388
ヒューズホルダー固定アングル完成。

DSC00389DSC00390
アングルにヒューズホルダー取付。

DSC00392DSC00398
ヒューズホルダー固定できました。
この場所だとバッテリー交換等、車両メンテナンス時にヒューズホルダーを取り外したりしなくても大丈夫ですね。

これですべて完成!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング