みなさま、こんにちは。

今日から8月です。
相変わらずめちゃめちゃ暑いです(汗)

本日も先日からお預りのアクセラの施工です。

スーパーデッドニングの施工の様子です。
DSC02337DSC02356
アウターパネルの響きの調整。

DSC02336DSC02347
リアドアも同様の施工内容です。

DSC02352DSC02353
スピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
スピーカー背面から出る音の反射音を防ぎます。

貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化しておきます。

DSC02354DSC02372
貼りました。

DSC02435DSC02436
樹脂パネルとスピーカーを取り付けて実際に音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとドアのインナーパネルにスピーカーからの振動が伝わってきます。

手でインナーパネルに触れて響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC02437DSC02438
敢えて適当にカットした制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。
ヘラで1枚1枚しっかりと押さえ付けていきます。

DSC02439DSC02440
押さえ付けた後は次のポイントを探り同じ動作を繰り返していきます。

DSC02442DSC02445
これでスーパーデッドニングの完成です。

スーパーデッドニングはドアの響きを完全に殺してしまう考え方の一般的なデッドニングとは違い、車のドアを楽器のボディーと見立ててドア自体をそのスピーカーのクオリティーを発揮する良い響きに変えるというアライブ独自の考え方から生み出した施工法です。


続いてスーパーチューニングの続きです。

DSC02450DSC02451
内張り裏全面に塗り込んだダイポルギー。

DSC02452
2回目も塗り込んでしっかりと乾燥できています。
つづいて内張り裏の要所要所に吸音材を貼り付けていきます。

と言う感じで着々と進行中です。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング