先日よりお預りのスイフト・スポーツ、完成しました!!





DSC02958
スピーカー取り付けました。

DSC02959
ここからエンジンをかけて音楽を鳴らします。

DSC02962
音楽を鳴らすとスピーカーの響きがドアのインナーパネルに伝わります。
手でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC02963DSC02964
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。
そしてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC02965DSC02966
さらに次のポイントを探ります。

DSC02967
押さえ付けます。
これを繰り返してドアのインナーパネルの響きを整えていきます。

DSC02968
そして完成!!

DSC02977DSC02976
今回ツィーターはダッシュボード両サイドに最適な角度で設置します。
将来的にはAピラーへ最適な位置角度に埋込加工を行いたいですね。

最後にナビのサウンドセッティング。

DSC02978
リアスピーカーも少し鳴らして車室内空間の音の立体感を作り出します。

DSC02979DSC02980
その他の項目は全てフラットです。
スーパーデッドニング効果により余計な調整は必要ありません。

カーオーディオで心地良く感じるサウンドを作り出すには、ドア自体の「響き」を如何にコントロールできるかが重要です。

「車のスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器」と考えると、そのドア自体の響かせ方が重要だという事が理解できるかと思います。

スーパーデッドニングでドア自体の響きを整えることによって装着するスピーカーユニットのクオリティーを引き出せますし、EQ等の調整機能もよりシビアに調整が効くようになります。





施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング