本日はお初のお車です。

DSC05598DSC05599
シャトルハイブリッドです。

丹波市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。


ご依頼いただいた施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。


DSC05600
純正ナビです。

DSC05601DSC05606
フロントスピーカーは純正オプションに交換済み。

DSC05602DSC05623
リアスピーカーも純正オプション。


まずはビニール剥がしから。

DSC05612
ホンダ車のビニールを固定しているブチルはふにゃふにゃの柔らかく伸びる素材です。
そのまま取り除こうとすると伸びるばかりでドア側に残るし、あっちゃこっちゃに引っ付きまくってかなりの厄介者です(汗)

しかし少々コツはいりますが特殊な溶剤を垂らしてしばらくすると・・・

DSC05613DSC05614
ペロペロ〜っと剥離していきます。

ただ焦るとビニールだけが剥がれてしまうので根気が必要です。

DSC05615DSC05616
綺麗に剥がれました。

DSC05617DSC05619
少し残っているブチルとドア内部をきれいに脱脂処理。


DSC05627
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC05628DSC05629
敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC05630DSC05631
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC05633DSC05635
こんな感じでアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるような響きにコントロールしていきます。


スーパーデッドニングは、ただただ制振材を闇雲に貼って響きを殺してしまうデッドニングとは違います。

ドアの鉄板の響きを逆に利用して、装着されているスピーカーユニットのクオリティーが発揮される心地良い響きにコントロールしています。

スピーカーボックスを作っているというより「楽器の音を鳴らす楽器」を作っているという感覚です。


そんなこんなで2日間のお預りで施工いたします。

あまり時間が無いので続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング