昨日はこちらのお車が入庫しておりました。

DSC05680DSC05681
さて、この車は何でしょう?


正解はスズキのエブリィです!!


ご予約時に車種をお聞きしていたのですが、昨日の朝お越し頂いたときビックリでした(笑)
当然エブリィには見えませんし車種が何かも検討が付きませんでした。
内装を見てようやくエブリィと認識したくらいです(笑)

でも遊び心満載でめちゃかっこいいです。


そして、その遊び心は外観だけではありません!!

荷台には・・・



DSC05765
なんとっ!!
バイクが!!


DSC05766DSC05762
このバイクを載せるための車のようにジャストサイズ!!
かっちょ良すぎです!!


DSC05761
積み下ろしがスムーズに出来るようにオーナー様の細かなアイデアが詰め込まれています。
素晴らしいです!!


で本題に戻りますが、今回はスーパーデッドニング施工でご予約いただきました。


DSC05682
ケンウッド製ナビ。

DSC05683DSC05687
スピーカーもケンウッドに交換済みです。


DSC05702
ドア内部を丁寧に脱脂処理。


DSC05707DSC05711
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
アウターパネルの鉄板の余計な響きを殺しつつ、音楽を聴くうえで心地よく感じる為のベース音の余韻を奏でるようにアウターパネルの響きをコントロールします。


DSC05712DSC05713
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC05717DSC05718
これを繰り返していきます。

DSC05726DSC05727
スピーカー裏の背圧があたる面にアクワイエ吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC05735
貼りました。


DSC05728DSC05729
サービスホールを塞ぐカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。


DSC05737
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC05739
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。
手でインナーパネルに触れながら響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC05740DSC05741
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC05742DSC05743
この動作を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールしスピーカー本来から出る音を整えていきます。

DSC05744
これで完成です!!


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング