昨日からめちゃめちゃ寒くなりましたね(>_<)
一気に冬になった感じです。

そんな昨日はお初のお車でした。

DSC06349DSC06350
ダイハツ キャスト・アクティバです。

DSC06352
徳島県よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。


こちらのオーナー様は何回来られたかわからないくらいのリピーター様です(笑)
今回はご家族のお車にスーパーデッドニング施工のご依頼です。

毎度毎度ありがとうございます。


DSC06351
ケンウッドのナビです。

DSC06353DSC06356
内張り外します。

DSC06357
純正スピーカーです。
ダイハツ特有の純正スピーカーで内張りまでのクリアランスが非常に少ないので、スピーカー交換時のユニット選択はサイズに要注意です。


DSC06370
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06371
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06372DSC06373
敢えて適当な大きさにカットしてある制振材の中から、最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC06374
そしてまた次のポイントを探ります。
これを繰り返していきます。

DSC06375DSC06376
全て貼り終えたらヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC06378DSC06379
こんな感じでアウターパネル部分は完成です。

鉄板特有の余計な響きを消しつつ、音楽を聴くうえで心地よく感じる為に重要な「ベース音の余韻」を奏でるように、アウターパネルの響きをコントロールしています。

その結果がこの制振材を貼り付けているポイント(位置)です。

一見適当に貼っているように見えますが、アライブサウンド(いつまでも聴いていたくなる心地よいサウンド)という明確な拘りの音があり、その拘りの音が出るように目指して施工した(制振材を貼った)結果がこの貼ってあるポイントなのです。

その都度指先でポイントを探りながら施行していきますので、全く同じ車種でも結果的に制振材を貼ってあるポイントは毎回違います。

しかし、出来上がる音は全て同じになります。


一般的なデッドニングでは大きな制振シートを貼る施工が大半ですが、出来上がる音は制振シートを貼った結果となります。

という事は「車によって出来上がる音が違う」という事です。


制振シートを貼ればドアの響き方は変わりますので音の出方も変わります。

ただそれが明確な目指す音もなく「とにかく制振シートを貼ればいい音になる」という安易な考えの施工だと、「出来上がる音は結果次第」という事になってしまいますね(汗)

実はそれって「良い音にするためにデッドニングをしている」のではなく、「良いのか悪いのかわからないけどデッドニングして音が変わった」というだけなんですよね。


と言ってもデッドニングをする事によって変化した音を判断するのはその車のオーナーさんです。

ですので「良いのか悪いのかわからないけど、とにかくデッドニングしたから音が変わったよ」というデッドニングでも、オーナーさんが良い音と感じればそれでOKなのかもしれません・・・

が、拘りのサウンドを提供している身からすれば、「なんだかなぁ・・・」って感じですが(>_<)



そんなこんなで次の工程(笑)

DSC06386DSC06388
スピーカー裏の背圧があたる面にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06390
貼りました。
これによってスピーカー裏から出た音の反射音を防ぐ事が出来ます。


DSC06387
ゴム質の制振材を利用してサービスホールのカバーを切り出します。

DSC06389
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06391
サービスホールを塞ぎました。
スピーカーも取り付けてここから実際に音楽を鳴らします。

DSC06396
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がドアのインナーパネルへ伝わっていきます。
このインナーパネルの共振がスピーカー本来の音を悪くしている原因です。

制振材を利用してインナーパネルの響きを良い響きにコントロールしていきます。
インナーパネルに手を触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。


DSC06397DSC06398
最適な大きさの制振材を選んで貼り付けます。
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06399DSC06400
次のポイントを探ります。

DSC06401
これを繰り返して完成です。

最後にサウンドセッティング。

DSC06407
と言ってもスーパーデッドニング効果で基本的に余計な補正は必要ありません。

DSC06408DSC06409
調整機能を全てフラットもしくはOFFにするというサウンドセッティングです(笑)

DSC06411DSC06412
ココもOFF

DSC06413DSC06414
ココも余計な事はしない

DSC06416DSC06417
唯一クロスオーバーセッティングのみ使用します。

低音域のある一定の低い部分をカットする事により、タイトで心地の良い低音が鳴るようになります。
またボーカル等の中音域の抜けがよくなりツィーターとのつながりがより自然になります。


これが狙った音、アライブサウンドです。

スーパーデッドニングの価格は66,000円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。
ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング