DSC01545
BMW F32

DSC01546
かっちょいい!!

スーパーデッドニングBMW仕様のご依頼です。
※ 詳しくはこちらの記事をご覧ください。



DSC01547
オーディオシステムは純正です。
スピーカーのみ他店でBMW専用JBLスピーカーに交換済みです。

DSC01548DSC01550
シート下ミッドバスユニット。
この部分を重点的にチューニングしていきます。


DSC01553DSC01554
ミッドバスユニットをエンクロージャーごと取り外します。

DSC01557DSC01560
エンクロージャーサイドには音抜けの穴が開いています。

DSC01555DSC01556
この穴がサイドシルへとつながる構造です。

DSC01563DSC01561
スピーカーを取り外してエンクロージャーを分解。

DSC01568DSC01570
エンクロージャーに制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
その前に密着性を高めるために足付けをします。

DSC01571
バッフルボードの色を剥がしてこちらにもダイポルギーを塗り込みます。

DSC01572
しっかりと乾燥。

その間に他の工程へ。

DSC01573
エンクロージャーが収まるフロアー部分をデッドニング。

DSC01574
シンサレート吸音材を敷き詰めます。

DSC01575
サイドシルの穴にもシンサレートを軽く装着。

DSC01577
ドアのスコーカー部分にデッドニング。

DSC01579DSC01580
スコーカー裏のアウターパネルのデッドニング。

DSC01581DSC01583
ボンドを吹き付けてアクワイエ吸音材を貼り付けます。

DSC01584
ドア側の完成。


DSC01586
エンクロージャーのダイポルギーが乾いたのでチューニング。

DSC01587
シンサレート吸音材を敷き詰めます。

DSC01589DSC01590
バッフルボード装着前にコーキング材を塗って密着性を高めます。

DSC01591
スピーカー取り付けました。

DSC01593
元に戻して完成です。


後日オーナー様より施行後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

*********************************************
原田様

BMWスーパーデッドニングでお世話になりました○○です。

昨日はありがとうございました。


低音が引き締まったからか、全域でハッキリとした音質になり非常に満足しています!

スーパーデッドニングの他にも色々なパーツ(DSP等)の装着も考えていましたが必要ありませんね(笑)

また何かありましたら伺わせて頂きます!

ありがとうございましたm(_ _)m

*********************************************
こちらこそありがとうございました。



カーオーディオの音を良くするにはDSPやパワーアンプ等の機器を装着する前に、まずは一番重要な音の出口であるスピーカーの音を悪くしている部分を改善する事が重要です。

「このDSPを付ければ良い音になる」
とか・・・

「DSPで調整すればデッドニングなどめんどくさい施工をしなくても良い音になる」
とか・・・

挙句の果てには・・・
「とにかく高価な物を付ければ良い音になる」

最近のカーオーディオ業界ではそんな言葉をよく耳にします。


確かに物を交換すれば音は変わるけど果たしてそれが良い音なのでしょうか?

良い音の基準なんてないですし、その感じ方は人それぞれなので何とも言えませんが、

「高い物を付けたから良い音になった・・・かな?」
「良い音になっているはずだ・・・?」
「良い音になったと思いたい・・・(汗)」


と思う方もいると思います。
(実際にいらっしゃいます)


DSPや高価なスピーカーに交換する事は全く問題ありません。

しかしカーオーディオ(特にスピーカー部分)は本来のスピーカーとしてのクオリティーが出せないスピーカーにとって最悪な環境です。

まずそこの部分を改善してスピーカー(純正スピーカーも含めて)本来のクオリティーを出さなければ、せっかく投入した高価な機器のクオリティーを発揮することも出来ません。


カーオーディオの音を良くするためには、意味のある施工法と改善すべき順序が重要なのです。

これがアライブのカーオーディオに対する音つくりの考え方であり拘りです。




施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング