みなさまこんにちは(^.^)

F56 MINIの静音対策続きです。
その1からご覧ください。



DSC01601DSC01605
まずはシートと下回りの内装パネルを取り外します。

DSC01617DSC01618
前席足元、後席足元に制振材を貼り付けてしっかりと押さえていきます。
この辺りのフロアーにはもともと標準で制振対策が施されていますがさらに強化していきます。

DSC01619DSC01620
次に遮音材を敷き詰めます。

この後吸音材を入れたいところですが、純正フロアーカーペット裏にはフロアー形状に合わせたスポンジが一体化されています。

特に外車の場合はフロアーとの隙間がほぼ無いくらいに密着しているので、吸音材を無理に装着するとフロアーカーペットが盛り上がって内装パネル類が取り付けにくくなったり足元に違和感を感じる事になってしまいます。

そもそも隙間なく密着しているくらいのスポンジに吸音効果がありますので、そんなリスクを冒してまで吸音材を入れる意味がありません。

この辺りは車両によって状況が違いますので、その状況に応じた施工を施していきます。


お次は重点箇所の天井です。

DSC01623
天井の内張り自体は非常に軽いのですが長さがあるため車外へ出すのが大変です。
しかもリアゲート開口部よりも幅があるのですんなりと抜けてくれません(汗)

これ以上長い車だと一人では厳しいかもしれませんね(汗)


DSC01624DSC01625
なんとか取り出しました。
天井内張り裏側には吸音材などは何も貼ってありません。


車両の天井側の方はというと・・・

DSC01628
ん!?
なんと段ボールが貼ってあります!!

DSC01629
近づいてみればみるほど、正真正銘の普通の段ボールです(@_@)

ちなみにお車をお預かりしたときにオーナーさんが「ミニの天井に段ボールが貼ってあるらしいよ」と言っていたのですが、正しくその通りでした!!

後から誰かが貼ったのではなく純正の標準装備です(笑)


兎に角邪魔なので剥がします。

DSC01630DSC01631
剥がしてみると益々普通の段ボールです(笑)
コーキングボンドで貼ってあるだけです。

DSC01632DSC01633
これも邪魔なので剥がして脱脂処理。

DSC01636
ここに制振材を貼り付けていきます。

DSC01637
貼りました。

更にここから・・・

DSC01639DSC01640
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC01641
この作業が地味に堪えます(汗)
首痛いし腕だるくなるしかなり大変でした。


お次はこの上に吸音材を貼り付けたのですが・・・

写真撮り忘れました(汗)


そして天井内張り裏。

DSC01643
遮音材を貼り付けます。
内張りと天井のクリアランスをよく吟味しながら貼る場所を決めます。

DSC01644DSC01646
空間が広い部分に吸音材を貼り付けます。

天井内張りを元に戻して天井部分の完成です。

天井の施工前、施工後の動画です。


お次はリアシート下からラゲッジルーム部分。

DSC01647
鉄板を叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探り貼り付けます。

DSC01648
こちらもヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC01655DSC01654
リアシート座面下に遮音材を敷き詰めます。

DSC01656
更に吸音材を敷き詰めます。


DSC01652
ラゲッジルーム内にも遮音材を敷き詰めます。


DSC01650DSC01651
ちょっと見にくいですがリアフェンダー内の空間に吸音材を詰め込みます。

DSC01649
このタイプの吸音材です。


以上で静音対策の施工は終了です。


今回はオーナー様のご希望でこちらの作業も行いました。

DSC01657DSC01658
シートカバーの取付です。
シートを全て外しているのでそのついでという事でしたが・・・

DSC01659

これがかなり大変でした(汗)

DSC01665DSC01663
ただ慣れるとそうでもないかもしれませんが、シートは外した方がやりやすいのは確かでした。


DSC01662DSC01666
これですべて完成です。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング