今年の2月頃にデンマークの高級スピーカーメーカー「DYNAUDIO(ディナウディオ)」の新商品をご紹介しました。



あれから早速ご注文頂いてオーダーしていたのですが、当初4月頃に入荷予定だったのがコロナの影響で伸びに伸びて先月末にようやく入荷しました。

DSC01667
DYNAUDIO Esotan 236 - 40th Anniversary -

DSC01451
40周年記念モデルです。

DSC01456DSC01454
記念モデルにのみ同梱されるエンブレム。

DSC01458
各所に40の文字が入っています(笑)

DSC01461
マグネット部にも40(笑)

DSC01462
ツィーター裏にも40(笑)

40周年モデルをめちゃめちゃアピってます(笑)
それだけ別格なのでしょう(笑)


その別格なサウンドを期待して、先日お客様の車に取付完了いたしました!!
取り付けたお車がこちら。

DSC01679
エスティマです。
このブログでもよく登場してる20年来の超常連様です。


DSC01683DSC01684
このセンタ―コンソールを見ればわかりますね(笑)

おっと!!
なんかいつもと違う物が・・・

DSC01680
懐かしのアライブ大文字時代のメタルエンブレム!!
15年以上前に作っていた物なのですが、これを持っているという事は15年以上のお付き合いという証ですね(笑)


今回DYNAUDIO ESOTANを取り付けるという事で・・・

DSC01681
ナビのオープニング画面が40周年モデルに変更されていました(笑)
芸が細かいですね(笑)



DSC01682DSC01687
スピーカーは前回取り付けたDLS GOTHIAです。
これを外してDYNAUDIOを取り付けます。

ただ製作済みのスーパーインナーバッフルやAピラー埋込加工は、DLS GOTHIAに合わせてワンオフ製作しているので、全く違うメーカーのDYNAUDIO ESOTANがそのまま取り付けられることはありません。

加工を施す必要がある事は想定していますが、それがどの程度の加工なのかは現物を合わせてみないとわかりません。


という事で早速仮合わせしてみました。

DSC01691DSC01693
スピーカー内径はDYNAUDIO ESOTANの方が少し小さいのでどこにも干渉することなく入りました。
外形はほぼ同じです。

スピーカー固定穴位置は全く違いましたが留め代は十分なので、新たに鬼目ナット装着の穴を開けるだけで取付できそうです。

DSC01701DSC01703
という事でミッドレンジ交換完了!!



次はツィーター。

DSC01694
ツィーターは内径がDYNAUDIO ESOTANの方が直径で約3ミリ大きいだけで外形はほぼ同じでした。
ですので取付穴径を広げるだけで取り付け可能です。

DSC01697
ツィーター周りのスーパーリングも加工することなくぴったりフィットです。

DSC01698DSC01699
ツィーター交換完了!!

想定以上に簡単な加工で交換できました。


しかしまだ難題が残っております。

DSC01668
パッシブネットワークです。


前回取付のDLS GOTHIAはパッシブネットワークをバイアンプ仕様に加工して鳴らしていました。



もちろん今回のDYNAUDIO ESOTANもバイアンプ仕様で鳴らします。

DSC01669DSC01671
元のパッシブネットワークはバイアンプ接続は出来ません。
なので前回同様バイアンプ仕様に改造します。


回路を追っていき間違いの無いように何回もチェックしながら・・・

DSC01713DSC01717
完成!!
表面の見た目は何も変わっていません(笑)

DSC01718
ただし端子の接続内容が変わっているので要注意です。



937-jpeg
十分チェックはしていますが念には念を入れて、お店のスピーカーに接続して音出しチェックします。

正常な音が出たので車に取り付けます。



DSC01719DSC01720
センタ―コンソールを外すとパッシブネットワークが出てきます。

DSC01722
接続完了!!

センタ―コンソールを元に戻して最後にバイアンプのゲイン調整を行いすべて完成です。


肝心のサウンドですが・・・


エントリークラスとはいえ、やはりディナウディオサウンドです!!
タイトで解像度、芯のある低音域。
ベースラインなんてリアルでめちゃめちゃ気持ちいいです。

中高音域はかなり明瞭だが耳障りではなく、エージングが進めば空気感などよりリアリティーが増しそうな感じです。


40の文字をふんだんにアピールしてあるだけの事はあって別格でした!!


ただし、ただ単に取り付けるだけではその別格なサウンドは出せません!!

性能の良い(ディナウディオを制御できる)パワーアンプで鳴らす事は必須です。
またデッドニングやインナーバッフル等、ディナウディオを活かす確実な施工をする事も重要です。


以上の事が前提となりますが、格別のお勧めスピーカーシステムでございます!!


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング