こんばんは(^.^)
今日はこちらのお車のご紹介。


DSC02055
ヴェルファイアです。

ご新規のお客様。
ありがとうございます。


DSC02057
オーディオは純正JBLシステムです。

ご依頼いただいた施工内容は、アル・ヴェルのJBLシステムでは定番メニューとなりつつある『スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工』です。




DSC02064DSC02065
内張り外します。

DSC02066
純正JBLスピーカー。

DSC02067
スピーカーはリベット留めなのでドリルでリベットを飛ばして外します。

DSC02072
再度スピーカーを取り付けるときにボルトで固定できるように純正取付穴にナットリベットを埋め込みます。

DSC02074DSC02075
ナットリベットが入るように穴を広げます。
錆止め塗装を施します。

DSC02076DSC02077
専用工具でカシメて固定します。


DSC02078
内張り裏。

DSC02086
内張り裏全面に制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。


DSC02081DSC02082
余計な物を取り除きダイポルギーを塗り込むための下地処理。

DSC02083DSC02084
地味な作業ですがこれを怠るとダイポルギーが密着せずに剥がれてしまいます。
何事も下地作業が重要なのです。

DSC02087DSC02088
水で薄めながら1回目を塗り込みます。

DSC02089
1回目塗り終わり、しっかりと乾燥させます。


乾燥させている間にスーパーデッドニング工程へ。

DSC02090
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC02091
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC02092DSC02093
敢えて適当にカットしてある制振材の中から最適な大きさの物を選んでポイント部分に貼り付けます。

DSC02094DSC02095
全て貼り付けた後はヘラで全てしっかりと押さえ付けていきます。

DSC02096DSC02097
結構貼ってます。

DSC02100DSC02099
奥の方は押さえ付けるのが大変で指先がつりそうになります(汗)

DSC02101
助手席側も同様に。


DSC02132
サービスホールを塞いでスピーカー取り付けます。

DSC02131
ボルトでがっちり固定。


DSC02112
前日の夜のうちに2回目を濃ゆい目に塗り込んで一晩乾燥。
翌日は晴れたのでしばらく天日干し。


その間にダッシュボード奥のスコーカーとセンタースピーカー部のチューニング。

DSC02117DSC02116
これを外します。

DSC02118DSC02119
3兄弟(笑)


DSC02124
3兄弟の中(下)はがらんどう。
なので音がぼやけてしまいます。

DSC02121
この中にシンサレート吸音材をスピーカーを包み込むように装着します。

DSC02127DSC02126
こんな感じ。
この効果により中音域のサウンドに芯が出てドアスピーカーとの音の繋がりが自然になります。


次はスーパーデッドニング最終工程。

DSC02132DSC02134
エンジンをかけて音楽を鳴らします。
スピーカーの振動がドアのインナーパネルに伝わります。

手で触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC02135DSC02136
制振材を貼り付けてヘラでしっかりと押さえます。

DSC02137DSC02138
これを繰り返していき・・・

DSC02139
スーパーデッドニングの完成です。


DSC02148
ダイポルギーが乾いたら要所要所に吸音材を貼り付けてスーパーチューニングの完成です。


DSC02152DSC02153
サウンドセッティングはスーパーデッドニング&スーパーチューニング効果により全てフラットでOK!!
余計な調整は必要ありません。


以上ですべて完成です。
ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング