デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

プレマシーの純正スピーカーにスーパーデッドニング施行。

本日はお久しぶりなお車が入庫です。

DSC06679DSC06680
マツダ プレマシーです。
地元西明石からお越しの超ご近所様です。

施工内容はもちろん純正スピーカーにスーパーデッドニングです。

DSC06681
アルパインナビです。

DSC06682DSC06683
サウンド調整機能は全てOFFもしくはフラットの状態で施工します。
施工後はスーパーデッドニング効果で煩わしい調整をしなくても心地よいサウンドが得られるようになります。

DSC06685DSC06687
内張り外します。

DSC06688DSC06689
純正スピーカーです。

DSC06692DSC06697
ガラスを外して樹脂パネルを外します。

DSC06695DSC06701
まずはアウターパネル裏、ドア内部を丁寧に脱脂処理。
この工程を怠ると制振材がひっつかず施行効果を出すことができません。

DSC06702DSC06703
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。
適当な大きさの制振材を選びポイント部分に貼り付けます。

DSC06704DSC06705
つづいて次のポイントを探り制振材を貼り付けます。
この作業を繰り返していきアウターパネルの響きを調整します。

DSC06707DSC06708
はじめは大きな制振材を大まかに貼っていき、制振材をさらにカットして響きを微調整します。

DSC06709DSC06710
その後ヘラでしっかりと制振材を押さえ付けていきます。

DSC06711DSC06712
これでアウターパネル部分は完成です。
余計な鉄板のビンビンという響きが消え、ベース音の心地良い余韻が奏でるようになりました。

DSC06716DSC06718
アクワイエ吸音材をスピーカー裏の背圧があたる部分に貼り付けます。

とこんな感じで着々と進行中です。
ではクライマックス工程へ行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ランドクルーザープラドにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。三田市より

本日はお初のお車が入庫しております。

DSC06566DSC06567
ランドクルーザープラドです。
三田市よりお越し頂きました。

施工内容はアライブ定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
同時施工の場合、お初のお車は日帰りでの施行は時間的に厳しいですので昨日からの一泊二日のお預りでさせて頂いております。


DSC06583
純正ナビです。

DSC06584DSC06588
フロントドア。

DSC06589
フロント純正スピーカーです。

DSC06587DSC06593
リアドア。

DSC06594
リアも純正スピーカーです。

DSC06604DSC06606
純正スピーカーとビニールを外してドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06611DSC06612
アウターパネル裏を指先でこんこんと叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。

DSC06613DSC06614
適当な大きさの制振材を選びポイント部分に貼り付け次のポイントを探ります。

DSC06615DSC06616
制振材をさらに細かくカットしてアウターパネルの響きを微調整していきます。

DSC06619DSC06620
続いて貼り付けた制振材をヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC06622DSC06623
これでアウターパネルの施工は完了です。
鉄板特有のビンビンという余計な響きを消しつつ、ベース音の心地良い余韻を奏でるように響きをコントロールしています。

DSC06632
リアドアも同様に施工していきます。

DSC06639DSC06640
続いてアクワイエ吸音材をスピーカー裏の背圧があたる鉄板部分に貼り付けます。
貼り付ける面には剥がれにくくするために耐熱ボンドを予め吹き付けておきます。

DSC06646DSC06647
スピーカー裏から出る余計な反射音(スピーカー本来の出音に悪影響を及ぼす)を防ぐ効果があります。

DSC06642DSC06643
続いてサービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC06644DSC06645
サービスホールの縁には粘着を強化するための耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC06650DSC06652
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。

DSC06653DSC06654
リアドアも同様に施工します。

DSC06656DSC06655
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きを整えていきます。

音の良し悪しを決める重要な最終工程です。

では行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



本日もハリアー、スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工です。

先日からお預かりのハリアーにスーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工ですが、着々と進行中です。

DSC06469DSC06470
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで止めてあるのでドリルでリベットを飛ばして外します。

DSC06473DSC06474
フロントドアの純正JBLスピーカーです。
最終的にまたこれを取り付けるのですが、リベットで取り付けるのではなくボルトで取り付けられるようにドア側に細工を施します。

DSC06475DSC06476
ナットリベットを使用します。

DSC06477DSC06478
ナットリベットが入る大きさに穴を広げて錆止めを塗っております。

DSC06479DSC06480
専用工具を使って取り付けます。

DSC06481DSC06482
これでボルトが使えるようになりました。
スピーカーを確実な取り付け(固定)ができますし、車体側のメンテの際に外すことも容易になり一石二鳥です。

DSC06435DSC06484
ドア側に貼り付けてあるビニールを取るのですが、最近のトヨタ車はビニールを貼り付けてあるブチルゴムが非常に取りにくくなっています(汗)
冷えていると固く、温めると伸びるばかりで簡単に剥がれません。
根気よく少しずつ除去していくしかなく結構時間がかかってしまいます(汗)


とこんな感じで進行中ですが、あまりゆっくりしてられませんので続き行ってまいります!!




スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工の詳しい内容は下記リンク先のCX-3の記事をご覧ください。

● CX-3 純正BOSEサウンドシステムに『スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工』

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール