デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

新型ヴェルファイアにスーパーデッドニング施工。

DSC00403-1DSC00404-1
本日は納車ホヤホヤの新型ヴェルファイアが入庫しております。

DSC00405-1
加古川市よりお越し頂きました。

施行内容はスーパーデッドニングです。
『スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン』でご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

大好評中のお年玉キャンペーンですが、2月も半ばでいつまでも『お年玉』とは言ってられませんので(笑)、もうそろそろキャンペーンを締め切らせて頂こうかと思います。

締め切り期日はまた改めて発表いたしますのでご検討中の方はお早めにご予約お願いいたします。



DSC00407DSC00406
ドア形状は変更ありません。

DSC00408
純正ナビです。

DSC00418DSC00420
スピーカーはアルパインのヴェルファイア専用スピーカーに交換済みです。

DSC00421
さすが専用設計!!
専用バッフルで誰が取り付けても確実に固定できる素晴らしいクオリティーです。



では続き行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



マツダ プレマシーにスーパーデッドニング施工。西宮市より

DSC00319-1DSC00320-1
本日はプレマシーが入庫しております。

施行内容は只今お年玉キャンペーン開催中の『スーパーデッドニング』です。
もちろんお年玉キャンペーンでご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC00321
ダイヤトーンナビです。

DSC00322DSC00324
スピーカーはアルパインに交換済みです。

DSC00323DSC00342
樹脂パネルを外します。

DSC00345
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00349DSC00348
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
敢えて適当にカットした制振材の中から丁度いい大きさの物を選んで貼り付けます。

DSC00350DSC00351
はじめは大まかに貼っていき、更に制振材を細かくカットしてアウターパネルの響きを調整していきます。
音楽を聴くうえで心地よく感じるベース音の余韻を奏でるように響きを調整します。


アライブが提供する『良い音』とは運転しながら聞いていてとにかく『気持ちええ音やぁ』と感じる音です。
気持ちええと感じる音はドアというペラペラの鉄板の響かせ方で決まります。

良い音がする楽器はその楽器のボディー(本体)が『良い音になる響き』になるように、緻密な設計がされています。
スーパーデッドニングはドア自体を楽器のボディーと見立てて『気持ちいい音が鳴る響き』に調整しているのです。

アライブの各施工法は、ギター歴約35年の経験から考案した独自の音創りの考え方なのです。


DSC00352DSC00353
貼り付けた制振材をヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00354

とこんな感じで着々と進行中です。

では後半戦行ってまいります!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



新型ゴルフ7にスーパーデッドニング施工です。香川県より

DSC00238-1DSC00239-1
本日は新型ゴルフ7GT-Iが入庫しております。
新型はGolf 7.5と言うらしいです。

ヘッドライトが変更となって引き締まった顔つきで渋いですね。
しかし一番の変更点と言えばメーター周りです。

DSC00241DSC00243
メーター全体がモニターディスプレイになっていていろんな情報が表示されます。

DSC00242DSC00240
エンジンOFFにするとこんな感じ、斬新ですね。
ナビ画面も大きくなっています。

DSC00245DSC00250
ドア形状はゴルフ7と同じです。

今回の施行内容はフロントドアのスーパーデッドニングです。
只今大好評中の『スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン』でご予約頂きました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC00248-1
香川県高松市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC00251
オーディオ、スピーカーは純正です。
スピーカーは交換せずに純正スピーカーの状態で施工します。

DSC00253DSC00256
ゴルフ7の純正スピーカーはリベット留めなのでまずはこのリベットをドリルでもんで外します。
削りカスが飛び散らないように養生をしておきます。

DSC00257DSC00259
外れました。

DSC00260
純正スピーカーです。
最終工程ではこの純正スピーカーを取り付けるのですがリベットではなくボルトで肯定できるように細工します。

DSC00263
ナットリベットというパーツをドア側に埋め込みます。

DSC00265DSC00264
ナットリベットが入る大きさに穴を広げます。
ドア内部に鉄粉が飛び散らないようにここでも養生をしっかりと行います。

DSC00266DSC00267
錆防止の塗装を施します。

とこんな感じで着々と進行中です。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール