デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

タントカスタム(L375S)にスーパーデッドニング施工。高知県より

DSC02353DSC02354
本日はタントカスタムが入庫しております。

DSC02356
なんと!!
高知県よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございますm(__)m

DSC02357
ヘッドユニットはアルパインのCD&USB。

DSC02359DSC02362
スピーカーもアルパインに交換済みです。

DSC02360DSC02358
DSC02375DSC02370
このタントカスタムは左右のドアの形状が違います。
サービスホールの穴の形状も違うので左右対称のドアと比べるとちょっと手間がかかります(汗)

それとスピーカーを交換済みでお越し頂いた場合、かなりの確率で取付方法の修正を行わなければいけない場合があります。

DSC02365DSC02367

今回もその確率にバッチリ当たっているようです。

DSC02369

スピーカーはこんな状態でも音が鳴ってしまうので、施行する人によればこの状態でもOKとみなされてしまいます。

しかし『何のためにスピーカーを交換するのか?』という本質が解っていればこんな状態でOKなわけがないですよね(汗)


というわけで少々時間がかかりそうなので続き行ってまいります!!



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



GLADENスピーカー交換のゴルフ7、最終日

GLADEN ゴルフ7専用スピーカー交換でお預りのゴルフ7。
本日最終日です。

DSC02305DSC02306
DSC02307DSC02308
スピーカーの取り付け完了。
ここから音出しをしてスーパーデッドニングの最終工程に入るのですが、その前にしばらくエージングを行います。



エージングをしている間にツィーターの取り付けを行います。

DSC02311DSC02312
Aピラーの純正ツィーターを外して同じ場所に装着します。

DSC02313
さすがゴルフ7専用だけあってスムーズに取付できます。

DSC02314DSC02315
リアドアのツィーターは内貼り側に付いています。

DSC02316DSC02319
シンサレート吸音材で包み込んで交換完了です。

では最終工程へ、レッツゴー!!(^O^)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



ゴルフ7にGLADENスピーカー交換&スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。二日目

ゴルフ7、二日目です。

DSC02233DSC02236
純正スピーカーはリベットで固定されています。
リベットをドリルで揉んで取り除き純正スピーカーを外します。

DSC02255DSC02256
前後とも同じスピーカーです。

DSC02257DSC02258
リベットが装着されていた穴にナットリベットを取り付けます。

DSC02259DSC02260
これで次にスピーカーを取り付けるときにはボルトでの脱着が可能になります。

まずはスピーカーにとって重要なドアの響きの基礎作りである『スーパーデッドニング』からスタート!!

DSC02271DSC02275

とこんな感じで進行中です!!

続きの詳しい施工詳細はこちらの記事をご参照ください。



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール