デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

ハリアー、リニューアル

ハリアー1ハリアー2
 
 
 
 
 
 
 
  ハリアー3ハリアー4
 
 
 
 
 
 
 
  ハリアー5ハリアー6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハリアーのリニューアルです。
 
今回は、ドアの『スーパーデッドニング』と『スーパーチューニング』
それと、インナー、アウターボードのリニューアルです。
 
この車って、純正のオーディオが一体式になってて基本的にはオーディオが替えれない車なんです。
 
でも替わってるでしょ?
 
で、エアコンの操作パネルと純正カセットの挿入口が、ルームミラーの上に行っちゃってます(笑)。
 
気が付いたらこうなってた・・・
・・・んなわけなく、これめちゃめちゃ苦労したん〜っ(汗)。
 
もうやらな〜い。
 
でも以外に違和感なく出来てるでしょ?
 
まぁ、ちょっと自慢したかっただけですが・・・。
 
 
そんな事はさておき、約3年位前に製作したこの車、今回のドアのリニューアルで音がどう変わるか楽しみな一台です。
ある意味、3年でアライブサウンドがどこまで進化してるのか・・・。
 
でも、これってけっこうプレッシャー? かも・・・
 
では、オーナーさんコメントよろしくね〜。
 
 
 


NEW ハイエース スーパーデッドニング

ハイエース、ナビ1

ハイエース、ナビ2

 

 

 

 

ハイエース、ナビ3

ハイエース、ナビ4

 

 

 

 

ハイエース、ナビ5

ハイエース、ナビ6

 

 

 

 

ハイエース、ナビ7

ハイエース、ナビ8

 

 

 

 

ハイエース、ナビ9

新型ハイエース、スーパーデッドニング&ナビの取付を行ないました。

新車の、オーディオレス仕様ですのでスピーカーのみ純正で付いています。

 

スピーカーは、フルレンジタイプのいたってシンプルなもので、デッドニング前に試聴すると、案の定低域はぼわついてドアの内張りが共鳴しています。

音も左右に張り付いた感じで、ステージングもかなり下の方ですねぇ〜。

 

さて、これがスーパーデッドニングでどこまで改善されるでしょうか。

 

内張りをはずしてみてちょっとびっくり、サービスホールがない!?

と、思いきやふたが付いてました。

塞ぐ手間が省けたように思いますが、けっこうこれが厄介かも・・・。

ボルトでとまってはいるものの、やはり密閉度が悪く、ふた自体が共鳴していますので、ふたの補強と、密閉の補強を施しています。

 

次に、スピーカー部分ですが、最近のトヨタに多いリベット止めです。

これじゃぁ背圧部分のデッドニングが出来ないので、一度リベットをはずしちゃいましょう。

スピーカーの裏から鉄板までの距離がかなり短いので、背圧部に秘密の処理を施し、またドアの下の方に音が溜まるのを防ぐように処理をして、ボルトナットでスピーカーを再度固定しなおしています。

 

あとは、内張りの裏に部分的に吸音材を張って完成です。

 

音のほうは・・・

 

聞ければ一番解りやすいのですが、それは無理な話で、

低域は程よく閉まり、中高音のパンチやメリハリが良く出るようになりました。

そのおかげで、ステージングもかなり上に上がり臨場感もばっちりです。

さすがにフルレンジだけあって音のまとまりは良いですね〜。

 

ここでお客様の第一声です。

 

『前のハイエースに付けていた、ダイヤモンドのスピーカーの時より自然に聞こえて、ええわぁ〜』

 

誤解の無い様に言っておきますが、ダイヤモンドのスピーカーが悪いんじゃないですよ、肝心なのはドアの中身の問題です。

これでスピーカーをかえればもっともっと良くなりますが、ヘッドユニットや、アンプ、ケーブルなどのトータルバランスもお忘れなく・・・。

 

あとはナビをつけて終了です。

 

ご苦労様でした・・・。

 

 

 



POLO オーバーフェンダー完成

ポロ、オーバーフェンダー1

ポロ、オーバーフェンダー2

 

 

 

 

ポロ、オーバーフェンダー3

ポロ、オーバーフェンダー4

 

 

 

 

ポロ、オーバーフェンダー5

ポロ、オーバーフェンダー6

 

 

 

 

ポロ、オーバーフェンダー7

 

デモカー、POLOのオーバーフェンダー完成です。

ワゴンR用のオーバーフェンダーを加工したのですが、結構苦労しました。

リム面にしたかったので、元の幅の約半分くらいに縮めました。

かなり継ぎ接ぎ状態で、なんせかゆかった〜。

 

もういや・・・(涙)。

 

完成後のスタイルは、賛否両論ですが、まあこれで止められずに済むと思えばよしとしよう・・・。

 

よければ感想のコメントお待ちしています。

 

よろしくお願いしま〜す。

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール