デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

遠方からのお客様、レガシーB4

おはようございます。

 

恐怖の画像は見ていただけましたか?(笑)

近いうちにこのオーナー様から何かしらコメントが入ることでしょう(あぁ〜恐ろしい・・・)。

 

 

で、今日は・・・

久々に『スーパーデッドニング』ネタです。

 

今回は“京都”からお越しいただきました。

 

レガシーB4です。

 

なぜか新旧交えてレガシーのスーパーデッドニングの施工が多いんです。

元々純正でも結構な低域が鳴る車で、はっきり言ってうるさいくらい鳴ります(笑)。

でも歯切れが悪く、ボインボインって感じです(巨乳のことじゃないよ・・・、ちなみに個人的にはあまり巨乳は好みじゃないです。。。普通でいいです(爆))

 

スイマセン(汗)、話が違う方向へ行ってしまいました...

 

 

とゆうことで、はるばる夜勤明けにもかかわらず京都からお越しいただいたHさんB4です。

no-b4gaikan-b4

 

 

 

 

head-b4

door-1-b4

 

 

 

 

door-2-b4

sp-b4

 

 

 

 

door-3-b4

door-4-b4

 

 

 

 

door-5-b4

 

 

 

 

でっきあっがりぃ〜!!

ボインボインの低域は締りがでて、引っ込んでたボーカル域が前に出てタイト感も出ました!

ただミッドのバランスが良くなるとどうしても純正のツィーターの位置が気になるところですが・・・(汗)。

 

 

この状態で純正の最大限のクオリティーを堪能して下さい。

 

Hさんの熱いコメントをお待ちいたしております。

 



怖ぁ〜・・・

こんにちはぁ〜

 

この前こんなお客様がいらっしゃいました。

あまりにもマッチ?してるのでお写真を撮らせていただきました。

何のお仕事をされているのかはご想像にお任せいたします。

 

お見せするのが怖いのですが・・・

 

皆さん心の準備はいいでしょうか?

 

見たくない方はスクロールせずに、こちらを楽しんでください。

 

本当に見たいですか?

しらないよ〜

おしっこちびらないようにトイレに行ってからのほうがいいかも・・・

 

ではどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

ギャァ--------!!!

 

uk-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



あぁ〜疲れたぁ〜

こんばんはー

いつもご覧になっていただきありがとうございます。

 

 

今日の話題は・・・

 

今週は連続日替わりデッドニングウィークでした。

毎日入れ替わり一日一台ずつ『スーパーデッドニング』しました。

おかげで、AさんのMPVが少し遅れてしまってスイマセン(汗)。

Aさん、この場をお借りしてお詫びいたします。

このAさんのMPVは、PHASS(ファス)のスピーカーを『スーパー3点セット』で施工中です。

詳細はまた後日アップしますが(がんばります...)特に『スーパーインナーバッフル』がかなり苦心の作となっております。

当然バッフル効果も期待できる仕上りじゃないでしょうか。

またまた楽しみな一台になりそうです。

乞うご期待!

 

 

『スーパーデッドニング』とゆうネーミングではじめてから2年以上経つのですが、初めの頃に比べると改良改良で、日々進化しています。

施工台数も100台は余裕で超えてると思うのですが、今度暇な時にでも数えてみようと思うのですが、ここまで多種多様に渡ると当然色々なパターンの車が出てきます。

サービスホールが元々無い車や、純正でスピーカーボックスになってる車などなど・・・

 

穴を塞ぐ目的のデッドニング法だと、

『これじゃぁデッドニングできないや』って車も出てくるのですが、

『スーパーデッドニング』はそんなの関係ありません。

 

聞く音楽が如何に気持ちよく聴ける(感じれる)かを目的にやっています。

 

ただ、それが一番難しいところなんですが初めの頃は『これどうしよう?』って車もあったけど、今ではこれだけ台数をこなすと自分でも驚きですが、感覚でわかるようになってきています。

そのつど臨機応変に施工法が浮かんできます。

それにだんだんと感じる音のクオリティーも上がって来てる気もします。

 

その証拠に、ここ最近施工したお客様が口をそろえて、

『これで50,000円やったら安いんとちゃう?』

『純正スピーカーでこんなにええ音になるんやったら、次のステップもやってみたくなるわ!』

『なんかめっちゃ得した感じやわ』

と言ってくれます。

 

なんかお金払ってやって貰ってるのに、逆に感謝されてるようで申し訳無い様な嬉しいような・・・。

本当にありがとうございます。

 

せっかくそう言って貰ってるので、お言葉に甘えて明日から値上げしよっと!

 

「・・・・・・・・・・・・・・!!!」

 

 うそやで!

 

  冗談冗談(笑)。

 

 

では、この辺で失礼します(笑)。

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。