デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

御無沙汰してすいません。

金曜日はスーパーデッドニングの密着取材、土曜日はサウンドアップの撮影と、立続けに雑誌関連でばたばたしていて更新できませんでした。

特にスーパーデッドニングのここまで密着した取材は初めてで、まだどういった形で掲載されるか解りませんが、作業工程順に写真を撮っていきましたので、かなり詳しい内容になるんじゃないかなと思います。

ある意味、スーパーデッドニング暴露本みたいかな?

ちょっと複雑・・・(笑) 

でもこれで、アライブの音創りのこだわりが伝わってもらえれば幸いです。


で、今日はこの前告知してた『BAG IN MIKI』のイベントです。

ばたばたしててろくに準備が出来てないので、こんな時間に出勤です(汗)。
まあよくある事なんで、苦にはなりませんが・・・。

とゆうことで、今日はお店は閉まってるので気をつけてくださいね。

是非、『道の駅みき』のイベント会場のほうへお越しください。
よろしくお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



33シーマ、完成です!!

長期間お預かりしていた33シーマがようやく完成いたしました!!

Y33トランク完成1Y33トランク完成2






Y33トランク完成3Y33トランク完成4






Y33、ヘッドレストY33、メインモニター







システム内容はこんな感じです。
  • ヘッド ・・・ ALPINE DVI-9990J
  • プロセッサー ・・・ ALPINE PXI-H990
  • フロントSPアンプ ・・・ BRAX X2400.2 BB
  • リアSPアンプ ・・・ HELIX A4 Competition
  • センター&ウーハーアンプ ・・・ HELIX A4 Competition
  • フロントSP ・・・ BRAX Graphic Pro
  • リアSP ・・・ HELIX S6 Competition
  • センターSP ・・・ HELIX S5 Competition
  • リアセンターSP ・・・ HELIX S5 Competition
  • サブウーファー ・・・ ALIANTE 12" Si
  • パワーチャージャー ・・・ ドライブエナジー PW-20AS
  • キャパシター ・・・ BA/labo BE-101 & BE-202
  • RCAケーブル ・・・ アコースティックハーモニー CS5000
  • SPケーブル ・・・ アコースティックハーモニー CR5000
  • ヒューズ、端子類 ・・・ フルテック
  • メインモニター ・・・ パナソニック TR-M90W S3
  • ヘッドレストモニター ・・・ ネックボックス FD-6569
  • ミラーモニター ・・・ MOBILTRON M-403AL
以上のような豪華システムです!!


さすがにここまでのシステムになると、映画の迫力は凄まじいものがありますね。
また、メインモニターが9インチですので、結構音に負けない迫力をかもし出してます。

ドライブエナジーのパワーチャージャーシステムで、電圧を14.5Vまで上げて安定させています。
オーディオ機器の電源はすべてここから取っていますので、車両側の電気回路とは完全に分離していますのでヘッドライトやワイパー、エアコンなどを使用しても、オーディオの電圧は14.5Vからは一切変動しません。

アンプの電圧変化が無いので音に歪が出る事もなくよりクリアーなサウンドになり、音に立体感が出てなんともいえない空間に包まれます。

価格は高価ですが、ここまでのシステムなら必要でしょう。
ここまでのシステムに限らず、アンプは電源が命ですのでどんなアンプでも必ず必要かなとは思いますが・・・ 


まだまだセッティングを煮詰めていかないといけませんが、これからが楽しみな一台です。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



試聴会のお礼

おかげさまで、大試聴会無事終了いたしました。
多数の方の御来店ありがとうございました。
 
やはりスーパーデッドニングは大好評で、たくさんの御予約いただきました。
 
皆さんスーパーデッドニングの効果を体感していただき、驚きの声もたくさん頂きました。
 
 
『これってほんまに純正スピーカー?』
 
『それぞれの楽器の音がはっきり聞こえる。自分の車じゃ聞こえへん音が聞こえてくる。』
 
『上にツィーターが無いのに、前から音が聞こえてくる。何で・・・?』
 
『ボーカルの声がはっきり聞こえる。バックコーラスとの位置関係がわかるようや』
 
『ベースの余韻の音が気持ち良いし、ドラムのスネアの弾け方もメリハリがあって聴いてて楽しい』
 
 
・・・・・と、まあこんな感想を頂きました。
 
 
すべての方が、驚きの声を出してました。
 
 
やはり、物より取付ですね。
 
如何に物のクオリティーを生かす施工が出来るかが、カーオーディオの難しいところですね。
 
 
まだ『スーパーデッドニング』を体感してない方、だまされたと思って一度御来店ください。
 


- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール