デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

インプレッサSTiにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工でしたが…

本日は昨日の夕方よりお預かりさせていただいてるこちらのお車です。

DSC06207DSC06208
インプレッサSTiです。
かっちょいいです!!

DSC06264
漢の6MTです!!

DSC06245
たつの市よりお越しいただきました。
遠路遥々ありがとうございます。

施工内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の予定だったのですが・・・

つい先日中古でご購入されたらしく、スピーカーが純正なのか、デッドニングが施工済みなのか等、オーディオの状況が解らないのでチェックしてほしいとのことで、その事も踏まえつついつもやっている施工前の現状のサウンドチェックをしてみた・・・

DSC06224
ちなみにナビはカロッツェリア。

イコライザー等を全てフラット&OFF、前後バランスをセンターの状態で聞いてみると・・・

『ん?前後バランスがセンターなのに良い感じにフロント定位している。普通はフロントとリアがそれぞれ別々に鳴っている違和感がある音のはずなのに何故???』

何か特別な補正でも入っているのかとサウンド調整機能をもう一度チェックしてみたが何も補正されていない。

試しに前後バランスをリア側に振ってみた・・・

『あれ?リアの音が消えた、と言うより鳴ってないやん!?』

もしかして、と思いリアドアの内張りを外してみた。

DSC06225DSC06226
あちゃー(汗)

DSC06228
スピーカー付いてません(汗)

DSC06229DSC06231
内張りのスピーカー開口部は吸音材で塞がれています。

日産やスズキの車では結構このようなパターンがあるのですが、スバルにもあるとは知りませんでした(汗)

さらに日産、スズキの場合は基本的に純正スピーカーは前後同じものがついているので店に転がっている純正スピーカーがあれば進呈させていただけるのですが、スバルは前後スピーカーの形状が違います。

流石にリアの純正スピーカーは店には転がっていないのでオーナー様に現状をお伝えし、誠に申し訳ないですが今回は急遽フロントドアのみのスーパーデッドニング施工に変更させていただくことになりました。


DSC06232DSC06233
ということでフロントドアのスーパーデッドニング施工開始です。

DSC06234DSC06235
フロントはちゃんとスピーカー付いてます(笑)
純正スピーカーです。

DSC06240DSC06241
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06246
アウターパネルをドア内部から指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探ります。

DSC06247DSC06248
あえて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な大きさのものを選んで貼り付けます。

DSC06249
またコンコンと叩きながら次のポイントを探ります。

DSC06250DSC06251
はじめは大きなサイズの制振材を大まかに貼っていき、続いて制振材を小さくカットしながらアウターパネルの響きを微調整していきます。

DSC06253
貼り終えたあとにヘラを使ってしっかりと押さえつけていきます。

DSC06254DSC06255
こんな感じでアウターパネルへの施工は終了です。

DSC06257DSC06258
スピーカー裏の背圧が当たる部分に貼る吸音材です。
貼り付ける面に粘着を強化するために耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC06259
サービスホールを塞ぐためのカバーを、ゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC06260DSC06261
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

とこんな感じで着々と進行中です。


今日も台風の影響で雨風が吹き込んでくるのでシャッターを閉めて閉店ガラガラ状態での作業です(笑)

DSC06263

では続き行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



新型エスティマの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工。

DSC06168DSC06169
本日は納車ホヤホヤのエスティマが入庫しております。

こちらのオーナー様はかれこれ十数年来の常連様です。
アライブがスーパーデッドニングという施工法を生み出す前からの常連様なので、アライブの音創りの進化もよく知っています(笑)


DSC06170
純正ナビです。

DSC06171DSC06173
スピーカーも純正です。

DSC06174DSC06175
現行のエスティマはツィーターがドア側に付いています。

DSC06180DSC06181
スピーカー外しました。
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで留まっています。

DSC06184DSC06183
純正スピーカーに戻すときにはリベットではなくナットリベットをカシメておき、ボルトで固定できるように細工します。

DSC06185DSC06186
ナットリベットが入る大きさに穴をあけます。
錆止めを塗ってからナットリベットをカシメます。


という感じで着々と進行中です。
では後半戦行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



CX-5 純正オーディオに戻しました。

DSC06121DSC06122
本日はCX-5が入庫でした。

こちらのオーナー様はもうかれこれ10年ほどのおつきあいの常連様です。

オデッセイに始まり、フィット、CX-5と乗り換えるたびにいろいろなパターンでオーディオシステムを組んできました。

このCX-5に乗り換えたのが2012年6月。
その時の施工内容の記事がこちらです。

それから幾度かのシステム変更を経てこの度このCX-5を手放す事となりました。

DSC06124DSC06125
フロントドアはアライブメニューの中でも究極の施工法である『スーパーアウターバッフル』で組んでいます。

DSC06123
ツィーターはAピラーに埋込加工。

DSC06126DSC06128
アンプとデジタルプロセッサー類はラゲッジルーム下へ設置。


この度車を手放す為、これらを全て取り外し純正スピーカーで音が鳴るように元に戻します。

まずはドアを純正に戻します。

DSC06132DSC06133
かなりの時間を費やして施工した作品なので外してしまうのが寂しいですね。

DSC06134DSC06135
スピーカー周りのカバーを外します。

DSC06136DSC06137
スピーカーグリルを外します。
スピーカー、アウターバッフルは全てボルトで固定しています。

DSC06138
この内張り面とのフィッティングを見てください!!
我ながらええ仕事してます(笑)

DSC06139
スピーカー外しました。

DSC06140
アウターバッフルとカバーです。

DSC06141DSC06142
抜群の仕上がりです!!
ええ仕事してます(笑)

DSC06143
アウターバッフルを外すとインナーベースバッフルが見えてきます。
このインナーベースバッフルに鬼目ナットを埋め込んであり、アウターバッフルを十数本のボルトでがっちりと固定するような構造になっています。

DSC06145DSC06146
内張り外しました。
抜群の出来栄えです!!
ええ仕事してます(笑)

DSC06147
コーキングでドアと一体化させてドア内部もコーキングを塗って完全防水です。
このインナーベースバッフルもドア内部から十数本のボルトでがっちりと固定されています。
ボルトを外すのも大変ですがコーキングでがっちりと密着しているのでボルトを外しただけでは外れません(汗)

DSC06148DSC06149
コーキングをカッターで削ぎ落しながら外します。

DSC06150DSC06152
外れたインナーベースバッフルです。
約5年の歳月が経っていますが全く劣化していません!!
こんな事当たり前です。
ええ仕事してます(笑)

DSC06153DSC06154
純正スピーカーに戻りました!!
毎度のことですがスピーカー交換時にスピーカーケーブルを交換しても純正のスピーカー線は元に戻せるように残しています。


最後にオーナー様が準備していた中古のドア内張りとAピラーを取り付けて純正戻し完了です。
純正に戻った写真は撮り忘れました(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール