デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

デリカD5、スーパーデッドニング施工完了。施工後のデモ音源収録!!

DSC01703DSC01700
デリカD5のスーパーデッドニング施工完了です!!

施工工程最終段階の動画と施工後の音源を撮影してみましたのでご覧ください。

DSC01689DSC01694
サービスホールを塞いだ後、スピーカーを取り付けて音楽を鳴らします。
スピーカーからインナーパネルに伝わる響きを感じ取りながら制振材を貼り付けしっかりと押さえ付けます。
これを繰り返してインナーパネルの響きを整えていきます。



響きを整えることによって埋もれていた音を蘇らせ、逆に出過ぎていた音を引っ込めることが出来ます。

試しに左右のドアで施工前後の音源を収録してみました。
右ドアが響きを整えた後の音です。
左ドアが響きを整える前の音です。



違いわかりますか?
この動画を聞く環境にもよりますが、施工後の右ドアの音は施工前の左ドアに比べて全ての音がまとまっていて聞きやすくなっています。

スーパーデッドニングはドアの鉄板の響きをコントロールして、アライブサウンドという心地よいサウンドを作り出すのです。

何の根拠もなく制振材を貼りまくるようなデッドニングでは狙った音にはなりません。
出来上がる音が制振材を貼った結果の音で、ただ単に音が変わったというだけにすぎません。

カーオーディオのデッドニングや音のチューニングの施工方法は色々ですが、的確な狙ったサウンドに出来なければ本物とは言えません。

「デッドニングやってみたけど、良いのか悪いのかわからないけどこんな音になりました(^O^)」じゃ駄目ですよね(汗)

そしてすべて完成後の音源です(^^♪



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

デリカD5の純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。滋賀県より

今日はめちゃめちゃ暑いです(汗)



アライブの作業場はすでに真夏日です!!

そんな夏真っ盛りのアライブのピットにはこのお車が入庫しております(笑)

DSC01635DSC01636
デリカD5です。

DSC01640
滋賀県よりお越し頂いております。
遠路遥々ありがとうございます。

オーナー様は車に積んできた折り畳み自転車で人気スポットの『スーパー銭湯・龍の湯』へ。
露天風呂からや2階の休憩ルームからは明石海峡大橋と淡路島がバッチリ望める絶景スポットです。



DSC01637
カロッツェリアのナビです。

DSC01642DSC01641
DSC01649DSC01643
スピーカーは純正です。

DSC01651DSC01652
気温が高いのでビニールを貼り付けてあるブチルがめちゃめちゃ伸びまくりで非常に取りにくいです(汗)

DSC01658DSC01659
予想以上に時間がかかりましたが綺麗に除去できました!!
ドア内部も丁寧に脱脂処理をします。


DSC01664DSC01665
指先でアウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。
コンコンと叩く鉄板の音を聞いているのではなく、指先に伝わるドアの鉄板の響きの感覚でポイントを決めています。

DSC01666DSC01669
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC01670DSC01671
片側完成です!!


という感じで進行中です!!

では後半戦行ってまいります!!



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

エブリィワゴンにスーパーデッドニング施工

DSC01574DSC01575
本日は納車ホヤホヤのエブリイワゴンが入庫しております。

定番メニューのスーパーデッドニングの施工です。


DSC01579
パナソニックのナビです。

DSC01581DSC01580
DSC01591DSC01582
以前施工したエブリイワゴンと同型式なのですがドア内部の形状が変わっていました。

DSC01583
スピーカーはカロッツェリアに交換済みです。

DSC01584DSC01586
最近の軽自動車は内貼りの肘が当たる部分がドア内部側に入り込んでいます。

DSC01588DSC01587
窓ガラスとのクリアランスギリギリのところまで入り込んでいます。
この部分のサービスホールを通常通りに塞いでしまうと内張りが取付できません。
かと言って入り込む分を凹ましてサービスホールを塞いでしまうと窓ガラスまでのクリアランスがほとんどありませんので、サービスホールを塞ぐ制振材が窓ガラスに干渉してしまいます。

DSC01585
ですのでこの部分は純正のビニールを使用してサービスホールを塞ぎます。

DSC01593DSC01589

と、こんな感じで着々と進行しております!!

では後半戦行ってきます(^O^)




ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



◆◆◆ ご覧頂き誠にありがとうございます ◆◆◆
今回の記事は如何でしたか?
もしよろしければアライブの愛犬『たいぞう』の写真をクリックして、
ブログランキングへのご協力をお願い致します。

- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール