デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』。 ギター演奏での音楽プレーヤーの視点から、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』を根底に“心で感じる音創り”を提案しています。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

暑い!!

今日は更に暑いです!!
40℃来ました!!(@_@)



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



本日もCX-3のスーパーデッドニング&スーパーチューニングです。

今日から7月。
7月らしいと言えばらしいのですが、めちゃめちゃ暑いです(汗)

DSC03170
アライブのピット内はもう少しで40℃です(@_@)

DSC03153
外は朝から絶好の洗濯日和だったので、昨日ダイポルギーを塗り込んだ内張りを外へ出して乾燥させました。

DSC03154DSC03155
しっかりと塗り込んでいるので完全に乾燥するまでに時間がかかります。
夏場は比較的早いですが冬場は専用の乾燥機を使わないと相当時間がかかります(汗)

DSC03163DSC03164
ドア内部を脱脂処理。

DSC03165DSC03166
マツダ車特有の樹脂パネルです。
この樹脂パネルにウィンドウモーターやレール等のパーツが装着されています。

DSC03171DSC03172
アウターパネルを指先で叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC03173DSC03174
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

とこんな感じで進行中です。
後の詳細は下記リンク先をご参照ください(笑)

※ CX-3にスーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



MAZDA CX-3 純正BOSEシステムに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工とスーパーチューニング・フロント&リア同時施工。大阪より

本日は昨日よりお預りのこちらのお車が入庫です。

DSC03094DSC03095
MAZDA CX-3です。

DSC03109
大阪府よりお越し頂きました。


DSC03108DSC03111
オーディオは純正BOSEシステムです。

施工内容はCX-3定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

そして今回はBOSEシステムのクオリティーをより引き出すためのプラスαの施工メニュー『スーパーチューニング・フロント&リア同時施工』も行います。

純正BOSEシステムはスピーカー交換やシステム交換がまず不可能です。
無理やり交換(変更)しようと思えば出来ないことはないかもしれませんが、システムバランスを崩すことになりそれが良い音になるとは限りません。
ただ単に『BOSEシステムを違うユニットに交換したぞっ!!』という自己満足で終る可能性大です(汗)

これではせっかくの純正BOSEシステムが勿体ないですね。
純正BOSEシステムのクオリティーをより活かすための策を講じた方が費用対効果的もベストです。


今回は約4日間のお預りです。

DSC03112DSC03110
DSC03127DSC03116
フロントドア、内張りを外したところです。

DSC03113DSC03114
DSC03125DSC03121
リアドア、内張りを外したところです。

DSC03133DSC03134
内張りの裏側です。
スーパーチューニングは内張りの裏側に施工するチューニングメニューです。
純正BOSEシステムの内張り裏には吸音材が貼ってありますが、これは剥がして改めて貼り直します。

DSC03136DSC03138
しかしこの吸音材はベッタリと内張りに貼り付けてあり取り除くのに非常に時間がかかります(汗)

DSC03139DSC03140
吸音材を剥がしても糊の部分だけがベットリと残ったままです。
これがなかなか取れないのです(汗)

てな感じで意外と時間がかかりながら着々と進行中です。
施工内容の詳しい詳細は、以前に同じ内容で施工させて頂いた下記のリンク先のCX-3の記事をご覧ください。

※ CX-3にスーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ



livedoor プロフィール