兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • デモカーのご試聴ありがとうございます。
    2019年05月25日ブログねた● マーチ

    デモカーのご試聴ありがとうございました。

    記事を読む

  • ギターと花束
    2019年05月24日ブログねた

    ギターと花束

    記事を読む

  • トヨタ・ルーミー、DLS M6.2スピーカー+スーパーデッドニング施工中
    2019年05月23日コスパ最高スピーカールーミー

    ルーミーにDLS M6.2スピーカー取付とスーパーデッドニング施工中です。

    記事を読む

  • ルーミー DLS M6.2+スーパ―デッドニング
    2019年05月22日コスパ最高スピーカールーミー

    本日もルーミーに、DLS M6.2スピーカー+スーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

  • TOYOTA ルーミー DLS M6.2+スーパーデッドニング施工。大阪市より
    2019年05月21日コスパ最高スピーカールーミー

    トヨタ・ルーミーに、DLS M6.2スピーカー交換とスーパーデッドニング施工のスーパーコスパシリーズです。

    記事を読む

シエンタ、パワーアンプ用バッ直電源引き込み作業

本日はこちらのお車。

DSC00353DSC00354
トヨタ・シエンタ。

施工内容はパワーアンプ用電源のバッ直引込み作業です。

こちらのオーナー様はいつもD.I.Yでカーオーディオを楽しまれている方です。

後々パワーアンプの取付をされる予定なのですが、電源ケーブルをバッテリー直で引き込む作業は素人では万が一何かあった時のリスクが大きすぎるので、ここは信頼できるプロにお任せしたいとの事でご依頼いただきました。

この作業はエンジンルームのバッテリーから室内のパワーアンプ設置場所まで、電源ケーブルを引き込むのですが一筋縄ではいきません。

一つ間違えると作業中に電源がショートして一瞬で車両火災になってしまうという、大きなリスクが伴います。

またエンジンルームから室内へ通す部分には車両の重要なケーブルが無数に通っているところでもあり、そのケーブルを破損してしまう可能性もあります。

重要なケーブル類なので間違って切断なんてしてしまうと、最悪車が動かなくなる可能性も大です。

やはりこのような作業は十分な経験とノウハウが非常に重要となります。

DSC00359DSC00360
ケーブルを室内に引き込む経路を確認するためにバッテリーやエアクリーナー等の邪魔になる物を取り外します。

DSC00362DSC00364
わかりにくいですがエンジンルームの奥の方に、車両ハーネスが室内に引き込まれているところが確認できます。

DSC00365DSC00366
反対の室内側はグローブボックスを外した奥の方に見えます。
このゴムに穴を開けて電源ケーブルを引き込みます。

DSC00367DSC00369
こんな感じで引っ張り込みます。

DSC00370
室内側。

DSC00373
コルゲートチューブでケーブルを保護します。

DSC00376
ヒューズホルダーを設置するためのベースをステーを加工して製作します。
バッテリー交換等の車両メンテナンス時に支障が出ないところに確実に固定できるようにします。

DSC00377DSC00379
色々な事を想定した結果ここに固定します。
ステーを固定場所に合わせて加工していきます。

DSC00380
出来上がったステーを塗装します。

DSC00381DSC00385
室内側もコルゲートチューブで保護。
パワーアンプはご自身で取付されるので、とりあえず助手席シート下に電源ケーブルを収納。

DSC00386DSC00388
ヒューズホルダー固定アングル完成。

DSC00389DSC00390
アングルにヒューズホルダー取付。

DSC00392DSC00398
ヒューズホルダー固定できました。
この場所だとバッテリー交換等、車両メンテナンス時にヒューズホルダーを取り外したりしなくても大丈夫ですね。

これですべて完成!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

デモカーのご試聴ありがとうございます。

本日は朝からスーパーデッドニングデモカー「マーチ」&「モコ」のご試聴のお客様、スーパーデッドニング施工可否のご相談のお客様等々、立て続けにご来店ありがとうございました。

DSC06037
マーチは純正スピーカーにスーパーデッドニングのみの施工。

DSC03021
フロントドア内部です。

そしてもちろんリアドアの「スーパーリアデッドニング」も施工。

DSC06108
リアドア内部です。
前後スピーカーとも同じ純正のフルレンジタイプでツィーターはありません。

もう1台のデモカー「モコ」

DSC05026
こちらはアライブの代車として使っているので常時試聴可能ではありませんが、こちらもスピーカーは純正です。

もちろんフロント&リアどちらもスーパーデッドニングの施工をしています。

DSC05085DSC05122
モコも前後スピーカーは同じ純正です。

が、フロントスピーカーはツィーター付きのセパレートタイプです。

DSC01527DSC01528
もちろんツィーターも純正です。

マーチがメインのデモカーですので余程の事がないかぎりは常時試聴可能です。
モコは代車に出ている場合がありますが、タイミングがよければ試聴可能です。

日頃お聞きになっているCDもしくはiPod等でご自由にご試聴ください。

試聴された皆さん「えっ!?これが純正スピーカー!?」って驚かれます(笑)

また純粋なスーパーデッドニングのみの効果を体感できますので「車のスピーカーは施工法(デッドニングの仕方)が如何に重要か」という事がご理解いただけるかと思います。

ご参考までにマーチのデモ音源をお聴きください。



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ギターと花束

HAMERギターとフジゲンギターと花束(*^^*)



ただそれだけ(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

トヨタ・ルーミー、DLS M6.2スピーカー+スーパーデッドニング施工中

こんばんは(^.^)
今日はかなり暑かったです(汗)
写真撮ってないですがアライブピットは37℃でした(@_@)

そんな中、本日もルーミーさんです。

DSC00326
アウターパネルの脱脂後、指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00327DSC00328
最適な大きさの制振材を選んで探ったポイント部分に貼り付けます。

DSC00329DSC00330
一通り貼り終わったらヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00331DSC00332
押さえもれがないか確認。

DSC00333DSC00334
手が入りにくい所は非常に押さえにくいです(汗)

DSC00336DSC00337
助手席側も同様に施工します。

DSC00341
続いてスピーカーの背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。

DSC00342DSC00343
貼り付ける面に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

お次はサービスホールを塞ぐ工程です。
DSC00344DSC00345
ゴム質の制振材を利用してサービスホールの大きさにカットします。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00350DSC00347
ヒートガンで炙りながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けます。

DSC00349
ただ塞ぐだけならいいのですが、純正のハーネスドア内部から出たり入ったりと入り組んでいて、これらを上手く通す手順が難易度を高くしています(汗)
貼ってしまえばわかりませんが、このハーネスの取り廻しは結構悩まされるのです。

とこんな感じで着々と進行しております。

それと、お花がしおれてきそうで可愛そうなので花瓶に入れてあげました(*^^*)
DSC00351

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

ルーミー DLS M6.2+スーパ―デッドニング

みなさま、こんにちは(^O^)

本日もルーミーです。

DSC00310DSC00311
まずはスーパーデッドニングの第一工程から。

DSC00322DSC00323
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

って感じです(笑)



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

TOYOTA ルーミー DLS M6.2+スーパーデッドニング施工。大阪市より

本日はお初のお車が入庫です。

DSC00299DSC00300
トヨタ・ルーミーです。

DSC00301
大阪市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

車はお初ですがオーナー様は3台目の施工のスーパーリピーター様です(笑)

1台目は2010年、プリウスにスーパーデッドニング施工
2台目は2014年、86にスーパーデッドニング施工

そして今回3台目・・・と言いたいところですが、実は2016年にトヨタ・スペイドでスーパーデッドニングのご依頼がありました。
しかし、スペイドはフロントスピーカーがドアではなくダッシュボード両端に装着されているタイプです。

スーパーデッドニングはドアの響きをコントロールする施工ですので、スピーカーがドアに装着されていることが絶対条件となります。

ですので残念ながらスペイドでの施工は出来ませんでしたが、ご依頼としては4台目の施工となります。

まさしく「スーパーリピーター」様ですね(笑)
ありがとうございます。

さらに今回は納車されたその足でお越し頂きましたので納車ホヤホヤの新車です!!

また今回はスーパーデッドニングのみではなくスピーカー交換も同時にご依頼いただきました。
そのスピーカーがこちら・・・

DSC00303DSC00304
アライブ大人気『スーパーコスパシリーズ』のDLS M6.2です。
車内にディーラーさんから頂いていたお花があったのでスピーカーと一緒に撮ってみました(笑)

DSC00306
純正ナビです。

DSC00307DSC00308
ツィーターは純正位置へ取り付けます。

オーナー様は本日より東京出張ですのでしばらくのお預りです。
その間じっくりと施工させて頂きます。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【お客様の声】デリカD5のオーナー様から、スーパーデッドニング施工後のご感想メール頂きました。

以前にスーパーデッドニングの施工をさせて頂いたデリカD5。

DSC04785DSC04786
オーナー様から施工後のご感想メールを頂いていましたのでご紹介いたします。

DSC04790
大阪府箕面市よりお越し頂いていました。
ありがとうございます。

● 施工内容の詳細はこちらの当日の記事をご覧ください。

以下よりご感想メールです。

********************************************
原田様

先日は、スーパーデットニング施工ありがとうございました。
写真も拝見させていただきました。
ありがとうございました。

施工の日の帰り道は渋滞でしたが、音量を上げても心地よく聴くことができ、逆に素敵な時間になりました。

家族も喜んでおり、映画を大音量にして迫力満点で観ています。
大きな音にしても心地いいのが気に入っています。

ありがとうございました。
********************************************

ご家族でお気に召して頂き大変光栄です。
ありがとうございました。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング

【お客様の声】フォード・エクスプローラー、スーパーデッドニング施工後のご感想メールのご紹介

かれこれ1年ほど前になりますが、スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたエクスプローラーのオーナー様から、施工後のご感想メールを頂いていましたのでご紹介いたします。

DSC00893DSC00894
こちらのお車です。

DSC00900
京都市よりお越し頂いておりました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC00895
オーディオは純正。

DSC00898DSC00901
フロントドアのみのスーパーデッドニング施工です。

DSC00902DSC00903
スピーカーも純正です。
トヨタ車に使っているような6×9インチサイズです。

と、ここで先にご感想メールのご紹介。
********************************************
alive sound factory 原田様

先日は、施工ありがとうございました。

帰り道に聞いた感想ですが、正直予想以上で音の変化にすごくびっくりしています。

デットニング前、この車はまだそれなりに音はいい方かと思っていたのですが・・・
全く違いました!! 

デットニング後は今まで聞こえなかった音・声が聴けたのと、音量をあげても聞き疲れる事もなく以前では出したことのない大音量で聴けるようになりました。

又、機会がありましたら是非施工を宜しくお願い致します。
********************************************

こちらこそありがとうございました。


では施工詳細の続き。

DSC00910DSC00911
純正スピーカー。

DSC00914DSC00916
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00919DSC00920
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な大きさの物を選び、ポイント部分に貼り付けます。

DSC00923DSC00924
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00925DSC00926
こんな感じでアウターパネル裏は完成。
制振材を利用して鉄板特有の余計な響きを消し、ベース音の余韻が奏でるようにアウターパネルの響きをコントロールしています。

DSC00934DSC00935
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
貼り付ける面には耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化して剥がれにくいように施します。

DSC00938
貼り付けました。
スピーカー裏から出る音が鉄板に当たって反射するのを防ぐ事が出来ます。

DSC00937DSC00936
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁にも耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00940
ヒートガンで炙りながら太鼓の皮をピンッと張る様な感じで貼り付けます。

DSC00939DSC00942
ここからエンジンをかけ実際に音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手で触れながら響きを感じ取り、制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00943DSC00944
最適な大きさの制振材を選んで貼り付けます。
ヘラで押さえ付けます。

DSC00945DSC00946
この動作を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールしていき完成です。

DSC00949
最後に前後スピーカーのバランスを調整してすべて完成です。

ありがとうございました。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m


自動車ランキング


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
カテゴリ
Instagram(@alivesound)
insta logo2
YOUTUBE alive-ch
yt_logo_rgb_light
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます