デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

オープン情報、其の2

いやいや、日が経つのは早いもので

前回の更新からもう四日も過ぎてる(汗)。

 

それはさておき、オープン二日目の日曜日予想どうり

マーチの試聴待ちで、前の国道2号線は大渋滞!

 

    ・・・って事はなく(笑)、

 

そこまでは流石にありませんでしたが、やはりこのマーチは大好評でした。

みなさん、一見純正風にしか見えないオーディオから

 

『なんでっ!?』

『スピーカー下にしかないのに、何でダッシュ上からなるの?』

 

試聴された方みぃ〜んな、同じコメントでした(笑)。

 

それと、

 

『スーパーデッドニング』オープン記念特価40,000円(税込)

 

これもかなり効いてますねぇ〜。

 

絶対にお得ですよ。

この機会を逃すともうないからねぇ〜(笑)。

 

 

この大好評のマーチを、オーナー様の御好意で

11日(土)、12日(日)の二日間

もお借りする事が出来ました。

march2

 

 

 

 

なかなか聞けるチャンスはないので、オートメッセもいいけど

その帰りにでも是非聞きにきてください。

まず、オートメッセにはこんな車出展されてないですから。

こっちの方が、現実味があると思うんですがねぇ〜。

 

 



オープンしました!

本日、無事オープンを迎える事が出来ました。

ありがとうございます。

 

最後の最後まで、ばたばたの状態で『大丈夫かな?』

と、若干不安に陥ったりもしたけど、まあ何とか格好は付いたんじゃないかな?

後は、お客さんが来てくれるかどうかでしたが、開店早々

来て頂き、内心『ホッ』としました(汗)。

tennai

 

 

 

 

また、各お取引業者様、ならびにお客様にたくさんのお花も頂き

新店オープンらしくなり、本当にありがとうございました。

tengai

 

 

 

 

で、やはりみなさん『スーパーデッドニング』には興味心身ですねぇ〜。

このブログを前々から見ていただいてたファンの方も、何人かはじめて来られたんですが、

頭では、『スーパーデッドニング』の効果はこのブログでよく理解して頂いてたようですが、

身をもって体感するのは当然初めてで、

まずは、『スパーデッドニング』のみのデモカー”ミラ”を聞いて頂いただけで

 

  「うわっ!」

  「なにこれ?」

  「すごっ!」

 

まぁ、みなさん口をそろえてこんな感じ。

続いて、『スーパー3点セット』を施してある”マーチ”を聴くと・・・。

 

  「うわっ!」

  「なにこれ?」

  「すごっ!」

 

まぁ、これまた皆さんこんな感じ。

 

         

        ・・・って、いっしょやん!

 

と、思うでしょうが発する言葉はいっしょでも、思う気持ちは”ミラ“の時とは違うんです。

 

何が違うかとゆうと・・・

 

これだけは、体感した人じゃないとわからないんですよ。

この気持ちの違いを、文章で伝えるのはかなり至難の業。

だから、興味ある方は身を持って感じてください。

march2

 

 

 

 

結局、いつもの”トゥデイ”は誰一人として聞かなかった・・・(汗)。

エンジンすらかけてない。

 

この”マーチ”があればその必要性も無いですが(笑)。

でも、残念ながら明日までしか聞けないので、この機会を逃さないでくださいね。

 

もう一度言いますよ〜。

 

この”マーチ”を聞けるのは、明日までです。

 

これで、明日はこのマーチの試聴待ちで500メートルは、行列が出来るだろう。

 

まちがいない!

ぜったいに!

 

たぶん

 

きっと・・・

 

   そうであろう・・・

 

 

       そうあってほしい・・・

 

 

 

            そうなったらいいのになぁ・・・

 

 

                   

                     じゃぁ、またあした〜。

 



オープン追加情報!

いよいよオープンまであと1日。

店内のディスプレイもようやく完成し(今頃か!!)

店らしくなってきました。

店らしくってゆうより、プライベートルームのようになってますが・・・(汗)。

demobord

 

 

 

 

旧店舗の時とは、試聴用スピーカーは変ってません。

が、部屋が違うせいか、それとも久々に音を聞いたせいか、

前よりも良い音に感じます。

スピーカーを置いてるベースの台を、新たに作り直してバッフル効果が出るように

考えて創った影響かな?

 

試聴ボードに関しては、常にハイレベルな音を目指してるので、

結構高額な物を使用してます。

スーパーデッドニングデモカーとは、対照的です(笑)。

試聴ボードは、ある意味音創りの実験場でもあります。

それぞれのスピーカーごとに専用のボックスを創り、ボックス内は

すべてチューニングをしています。

試聴ボードで良い音が創れないと、あの奇怪な形をしたドアの

チューニングは出来ません。

これをやった結果が、スーパーデッドニングです。

 

さて、話は変わって・・・

オープンの、4日と5日のみですがもう一台デモカーが増えました。

march

 

 

 

 

マーチです。

外観は、ポロの影響を受け、オーディオはトゥデイ仕様で

スピーカーが、オーディアのコアキシャルに変更されています。

このマーチがあれば、トゥデイは別に聞かなくてもいいんですけど・・・

なぜなら、こっちの方が良い音するからです(汗)。

外観もなかなかイカしてるんで、一見の価値はありますよ。

たまにポロと間違えられるらしいけど・・・(笑)。

 

オープンまであと少し、この機会に是非アライブサウンドを体感しに来て下さいね。

よろしくお願いいたします。

 

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。