デッドニングの革命!アライブの心で感じるカーオーディオサウンド

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』 カーオーディオの音を悪くしているのは純正スピーカーではありません。 カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』で、ドアの響きを改善する事により純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。 このブログでは各車種の施工事例を施行工程の写真付きで包み隠さず公開していますので是非ご覧ください。

「えっ!これほんまに純正スピーカー!?」
※ このフレーズ、お客様がスーパーデッドニング施工後に発する第一声です ※


◆ デッドニング専門店アライブのブログへようこそ! ◆

こんにちは、アライブのオーナー原田です。
このブログは、カーオーディオのデッドニングという施工法をカーオーディオの枠にとらわれず、『スピーカーは楽器を鳴らす楽器』というアライブ独自の発想から、長年培ってきた車とギター演奏の経験と感性を元に考案した、アライブオリジナルのデッドニング施工法…
を基礎とした施工事例を中心にご紹介しています。

カーオーディオで心地良いサウンドを聴くためには、スピーカーユニットを活かす為の基礎(環境)創りが重要です!
アライブでは、まずは純正スピーカーに楽器の響きを作り出す基礎である、【スーパーデッドニング】のみの施工をお勧めしています。

冒頭のフレーズはスーパーデッドニングを実際に体感した方々の、率直な感想の第一声です。
その第一声以外にもたくさんのお客様の声を頂いております。
(是非、スーパーデッドニング後のお客様の声をご覧ください。)

では、デッドニングの常識を覆したアライブの施工の数々を、ごゆっくりご覧くださいませ。

Y33シーマのマルチシステム移植作業。

米さん、マルチ1米さん、マルチ2






米さん、マルチ3米さん、マルチ4






米さん、マルチ5米さん、マルチ6







Y33シーマ、マルチシステムの移設です。

操作性を考えてここに決めたんですが結構大変でした(汗)

元のテープデッキ部分は邪魔なのでカットしその裏の基盤を中にしまいこんでいます。配線はすべて延長してるのですが、こんな移設は何台かやってるけど毎回動くかどうかハラハラもんです(汗)

今回も問題なく作動し、ホッとしました。

でも次は元のマルチ部分に9インチモニターとヘッドユニットの移殖加工です・・・

あぁ、もう知恵熱出そう(汗)

また順次アップいたしますので、しばらくお待ちを。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



アライブデモカー、VW Polo

ポロ、前ポロ、横






ポロ、後ポロ、中






ポロ、ツィーター ポロ、ミッド ポロ、アンプ







デモカーの紹介です。 


まずは、オーディオから。

ヘッドユニット
  • ALPINE CDA7990J 
スピーカー
  • DLS Iridium 6.2 
アンプ
  • TRU C-7.2 
RCAケーブル
  • アコースティックハーモニー CR5000 
スピーカーケーブル
  • アコースティックハーモニー CS5000 
キャパシター
  • BA/labo BE-101 & BE-202
その他パーツ関係
  • フルテック 

システムは以上の様になってます。 


フロントスピーカのみのシンプルなシステムで、付属のパッシブネットワークを使用した純アナログ2チャンネルです。
プロセッサーは使ってないので、調整箇所はアンプのゲインとパッシブのツィーターのアッテネーションくらいです。

あとはドア内部のデッドニングとチューニングで音調整を行なっています。 


音の方は、これぞアナログの音って感じですかねぇ。
まぁ、好みはあると思いますがアナログ独特の生音感は体感できるようになってますよ。

僕は、趣味でギターをやってるので(また近々趣味カテゴリーで公表しますが)どうしても楽器の生音が気になるので、生音重視のチューニングになるんですよ。 

でも基本的に生音が再現できるようにチューニングすると、どんなジャンルを聞いても楽しく聞けますけどね。 

やっぱりカーオーディオは楽しく聞けないとドライブも楽しく出来ないですね。
 


外観は結構色々変えてるのですが、その中でも一番インパクトがあるのがやっぱりホイールかな。

実は今年のオートメッセにこのポロを出展したんですが、アライブのブースの前を通る人のほとんどがホイールをみてびっくりしてましたね(笑)

オーディオのホールに出展してたので内心『オーディオも聞いてよぉ・・・』って思ってたんやけど、自分が選んでつけてるホイールなんで反面うれしかったですねぇ。 

一番聞かれたのがサイズで、ちなみに前後とも7.5J-13です。
車高も極限まで下げてるので『これで走れるの?』って言われるけど余裕で走れますよ。

でも、体重の重い人が横に乗るとちょっときついかなぁ・・・(汗)
 

こんな仕様ですが、よければまた見に来てくださいね。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



店内試聴ボードのご紹介です。

ディスプレイ2333e30ec.jpg







ディスプレイスピーカー












店内の、試聴ボードのご紹介で〜す。

ヘッドユニット
  • Nakamichi CD500
DVDプレーヤー
  • カモス DV3500
アンプ
  • steg K24
  • Phase722tii Mogami model
  • DLS A4
スピーカー
  • MB QUART RCE216
  • DYNAUDIO SYSTEM360
  • DYNAUDIO SYSTEM240 ESOTAR
  • BRAX GRAPHIC 6

以上です。

アンプとスピーカーはそれぞれセレクターで切り替えが出来るので、いろいろな組み合わせで試聴が出来ます。

特にスピーカーボックスは一つ一つ製作しました。
ボックス内部はそれぞれのスピーカーに合わせたチューニングがされています。
このチューニングが結構大変で何回も外しては聞きの連続です(汗)。

この中でも、特に聞いて頂きたいのが『DYNAUDIO SYSTEM240 ESOTAR』です。
今のこの音が出来るまで何回もチューニングをやり替えて約1年くらいかかったかなぁ...
そのかいあってか非常に奥深い立体感のある音になっています。
カーオーディオマニアのお客様にも絶賛していただいてます。


また、この試聴ボードは僕の実験スペースでもあるので、ここで得たボックスチューニングのノウハウを車のドアチューニングにフィードバックさせています。
試聴ボードが常に最高水準の音が出て、またその音を常に体で感じてないと車での音創りの基準が下がってしまいます。
 
ですので常に進化していってますよ。

ケーブルやヘッドユニットなどの周辺機器の音の違いなんかも良く解ります。


まぁ、ごちゃごちゃうんちく並べるより、とにかく一度聞いてみてください(笑)。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



- Copyright(C) alive sound factory All Rights Reserved. -
ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。


alive_logo



〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4−12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00

アライブへの行き方
お申込みフォーム

業界でも超話題のスーパーデッドニングなど、アライブへの作業の申し込みはこちらからお願いします。

alivesoundsをフォローしましょう

大好評! 新メニュー
記事検索
カテゴリー
月別アーカイブ
人気ブログランキングへ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

alive sound factory

音楽プレーヤーからの視点で、独自の感性で試行錯誤の末完成したオリジナルデッドニング施工法…【スーパーデッドニング】

“物”を取付ける目的のカーオーディオではなく、“車の中で音楽を気持ちよく聴くためのカーオーディオ”をコンセプトに、日々研究しています。

カーオーディオというジャンルにとらわれず、音楽の楽しさを感じ取れるよう、店内をスタジオに改装しました。

デビュー当時からの大ファンであり、アライブの音創りの原点でもある日本を代表するハードロックバンド『アースシェイカー』のコピーバンドを結成。
本来の音の響きを身をもって体感し、それを車の中のサウンドにフィードバックしています。