兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • R57 MINI - DLS M6.2 & アライブMINI仕様スーパー施工完成
    2018年04月06日R57インナーバッフル

    MINIコンバーチブル・ハイゲートにDLSスピーカーの取付のご紹介です。

    記事を読む

  • アライブはもう真夏です(笑)、暑い暑い!!
    2018年04月03日ブログねた

    今日のアライブピット内は31℃!!すでに真夏です!!

    記事を読む

  • R57MINI スーパーインナーバッフル完成
    2018年04月02日● スーパーインナーバッフルR57

    R57miniのスーパーインナーバッフル完成です。

    記事を読む

  • MINI コンバーチブル・ハイゲート(R57)に、DLS M6.2スピーカー取付。
    2018年04月02日R57スピーカー交換

    R57ミニ コンバーチブルハイゲートに、DLS M6.2スピーカーセットをアライブ独自のミニ仕様施工法にて取り付けます。

    記事を読む

  • エフェクターボード製作
    2018年03月31日ブログねたアライブバンド

    ギターエフェクターボード作りました。

    記事を読む

  • サウンドセッティング
    2018年03月30日ブログねたアライブバンド

    アライブサウンドの源です。

    記事を読む

  • 新型N-BOXカスタムにスーパーデッドニング施工。大阪市より
    2018年03月29日● スーパーデッドニングN-BOX

    大阪市よりお越しの新型N-BOXカスタムにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • VWゴルフトゥーラン、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工つづき
    2018年03月25日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工Touran

    ゴルフトゥーランに『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の続きです。

    記事を読む

  • 新型ヴェルファイアの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工。
    2018年03月24日● スーパーデッドニングヴェルファイア 30

    新型ヴェルファイアの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • NEW ゴミ箱
    2018年03月23日ブログねたInstagram

    お店のゴミ箱を新しくしました。

    記事を読む

  • アースシェイカーの『I FEEL ALL SADNESS』を弾いてみた(^^♪
    2018年03月19日ギター演奏動画アライブバンド

    アースシェイカーのバラードの名曲『I FEEL ALL SADNESS』を弾いてみた動画のご紹介です。

    記事を読む

  • BMW 135iクーペ(E82) JBLトレードインスピーカー取付完成
    2018年03月17日● BMW専用 JBLトレードインスピーカーシステムE82

    BMW 135iクーペにBMW専用JBLトレードインスピーカーシステム取付とBMW専用アライブサウンドチューニングのご紹介です。

    記事を読む

50エスティマ、ツィーターグレードアップ & Aピラー埋込加工

つい一ヶ月ほど前にセンタ―コンソール製作とDLSアンプの設置を行ったエスティマ。

DSC02167DSC02176
DSC02177DSC02178

この度またまたシステムアップです!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



昨年の10月ごろに新車に乗り換えと同時に純正スピーカーにスーパーデッドニング施工。

DSC06220

その数週間後に内張りへの「スーパーチューニング」施工。

DSC07004DSC07012

さらに今年の1月にはDLS RCS6.2のスピーカーに「スーパーインナーバッフル」施工にて交換。

DSC00160DSC00161

そして約1か月前にセンタ―コンソール製作とDLSパワーアンプ設置に至り、今回で3度目のシステムアップです!!

ほぼ1か月ごとにシステムアップですね(笑)


今回のシステムアップはツィーターのグレードアップとAピラー埋込加工です。

DSC02174DSC02173
DLS RCS6.2のスピーカーに交換した時、ツィーターは敢えてAピラーに埋め込まずにダッシュボード両サイドに設置。

「将来的にツィーターのグレードアップをするかもしれない」というオーナーさんの意向だったのですが、かなり近い将来となりました(笑)

今回グレードアップするツィーターがこちら。

DSC02181
同じDLSでワンランク上のアルティメイトシリーズ「UPi6」用のツィーターです。
このツィーターをAピラーの最適な位置角度に埋込加工を施して取り付けます。


DSC02185
まずは取り付けのベースとなるリングを作ります。

DSC02188DSC02189
Aピラーの最適な位置へ穴を開けベースリングを最適な角度に合わせて仮固定します。

最適な位置角度
とは、ドアスピーカーとの自然な音の繋がり、ダッシュボード上フロントガラス前面から降り注ぐような臨場感が出る位置です。

アライブサウンドの音つくりのポリシーは、タイムアライメントや、イコライザー等の補正機能に頼り切った数値で追い込む音つくりではなく、音楽として心地良く感じる「響き」に重点を置いた音つくりです。

解りやすく言うと、カーオーディオの音を作るというより『スピーカーという楽器を作っている』ような感覚です・・・って解りにくいですね(笑)


ちなみにイコライザー等の補正機能を否定しているのではありません。

ドアの響かせ方(スーパ―デッドニング)やバッフルボードの構造(スーパーインナーバッフル)、内貼り自体の改善(スーパーチューニング)、ツィーターの位置角度等、車の中で良い音を聞く為にまずすべき事を完璧にする事、即ち適切な施工法が先決かつ重要だという事です。

逆に言えば適切な施工法が出来ていないとイコライザー等の補正機能も本来の効果を発揮できないという事です。

でもココだけの話、的を得た適切な施工を施していれば、タイムアライメントやイコライザーで補正する必要はありませんけどね(^▽^;)


DSC02190
左右で角度を変えています。


DSC02191DSC02192
ピラーを外します。
当然ですがこのままだとあまりにも見た目が悪いですね(笑)

DSC02194DSC02195
パテで成形していきます。

DSC02196DSC02197
一発で成形できませんので盛っては削りを繰り返します。
最初は板金屋さんで使用する道具を使って粗削りします。

DSC02199DSC02201
ある程度の成形まではダブルアクションサンダー等の道具を使用しますが、最終仕上げの滑らかなアールは手作業で成形していきます。

DSC02202DSC02203
続いて表面にダイポルギーを塗り込みます。
車体から伝わる振動によってピラー自体が余計な共振をしてしまい、その共振がツィーターの音へ悪影響を及ぼさないようにするための対策です。

DSC02204DSC02205
何回かに分けて塗り込み、しっかりと乾燥させます。

DSC02216DSC02215
乾燥後そのままでは表面が凸凹しているのでペーパーで表面を滑らかに整えます。

DSC02217DSC02218
ダイポルギーの削りカスを水で洗い流します。

DSC02219
水滴がなくなるまでしっかりと乾かします。

DSC02226DSC02227
生地を貼り付ける為に耐熱ボンドを全面に吹き付けて乾燥させます。

DSC02229
いきなりですが生地を貼り終えたところです(笑)
ちなみに一枚貼りです!!

DSC02231DSC02232
この二股タイプの複雑な形状のピラーに、生地を一枚貼りで貼り付けるのはなかなかの難易度です(汗)
1本貼り終えるのに約1時間弱かかります。

DSC02233
ピラー裏にはシンサレート吸音材を貼り付け余計な共振を防ぎます。

DSC02220DSC02221
ツィーター周りに取り付けるスーパーリングの製作です。

DSC02222DSC02223
こちらも最終形状は手作業で成形していきます。
ツィーターの後ろ側に廻り込む音を満遍なく拡散し自然な臨場感を作り出す効果があります。

DSC02224DSC02225
ダイポルギーを塗ります。

DSC02236DSC02238
ツィーター周りにスーパーリングを取り付けて完成です。

DSC02239DSC02241
DSC02243DSC02244
ピラーを車に取り付けてすべて完成です!!


今回でこのエスティマのオーディオの構想は一段落といったところでしょうか?
次の構想があるのか無いのか・・・
それはオーナーさんにしかわかりません(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

R57 MINI - DLS M6.2 & アライブMINI仕様スーパー施工完成

先日からお預りのMINI Convertible HIGH GATE



無事完成いたしました!!

DSC02095DSC02096
切り出したインナーバッフル。

DSC02105
内張りとのクリアランスをチェックし、干渉しそうな部分を削りながら微調整。

DSC02119DSC02132
制振塗料『ダイポルギー』を塗り込み、バッフル自体の余計な共鳴音が出ないようにします。
また防水効果にもなります。

DSC02133DSC02134
バッフルボードの密着部分にコーキングを塗ります。

DSC02136DSC02137
ビスでがっちりと固定します。
スピーカー取り付け開口面にもコーキングを塗り込んで更に防水効果を高めます。

DSC02123DSC02129
写真が前後しますがスピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け、余計な反射音を防ぎます。

DSC02153DSC02146
スピーカーを取り付けて完成です。

DSC02110DSC02107
内張り裏全面に足付けをします。

DSC02111DSC02112
ダイポルギーを何回かに分けてしっかりと塗り込んでいきます。

DSC02117DSC02118
しっかりと乾燥させます。

DSC02148
要所要所に吸音材を貼り付けてミニ仕様スーパーチューニングの完成です。

※ 『スーパーチューニング』についてはこちらをご参照ください。

DSC02162DSC02165
ツィーターはダッシュボード両サイドに最適な位置角度に設置。

以上で全て完成です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

アライブはもう真夏です(笑)、暑い暑い!!



毎年の事ですが、暑いです(^▽^;)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

カテゴリ
タグ

R57MINI スーパーインナーバッフル完成



取り敢えず形が出来ただけ。
これに制振、防水加工を施しドアにガッチリと固定します。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

MINI コンバーチブル・ハイゲート(R57)に、DLS M6.2スピーカー取付。

DSC02065DSC02066
本日はお洒落なMINIが入庫です。
三木市よりお越し頂きました。

DSC02072
コンバーチブル・ハイゲートはお初ですね。


施工内容はスピーカー交換と、アライブオリジナルMINI仕様スーパーデッドニング&インナーバッフル制作です。

MINIと言えばJBLのMINI専用スピーカーセットが定番なのですが、このR型MINIの専用スピーカーセットは残念ながらすでに廃盤となっています。

そこで、お客様のご予算とご要望をお聞きして今回はこのスピーカーをチョイスさせて頂きました。

DSC02086
DLS M6.2

DSC02087DSC02088
トータルの費用とその費用対効果、システムバランスを考慮してあえて2ウェイシステムです。

もちろんただ単にスピーカーを交換するだけではなく、アライブオリジナルMINI仕様のスーパーデッドニングを施します。


DSC02068DSC02069
標準オーディオなので純正スピーカーはスコーカーとミッドバススピーカーのみの構成です。

DSC02070
本来は3ウェイ構成になるべきシステムなのですが、標準オーディオでは何故かツィーターがありません(汗)

このミニに限らずBMWのほとんどがこのような構成です。
高音域を再生するツィーターが欠落している状態なのですから籠った音に聞こえるのは当然ですね。


DSC02076DSC02080
内張りを外します。
内張りの形状、構造もかなり特殊です。

このような構造ですので通常のスーパーデッドニング施工内容は通用しません。

DSC02074DSC02077
純正スピーカーです。

DSC02081
ミニ仕様(R型)のスーパーデッドニングはこの内張り自体に対策を施していきます。
● 詳細はこちらの記事をご参照ください。


また、アライブ定番のMINI専用JBLスピーカーセットと違ってスピーカーを固定するためのインナーバッフルを別途製作する必要があります。

DSC02089
内張りまでのクリアランスが少ないので、交換するスピーカーを現車に合わせながらバッフルボードの厚みをチェック。
その後、交換するスピーカーのクオリティーを最大限活かす事が出来る最適な形状を決めていきます。


今回の施工内容では3日間のお預りです。
では続き行ってまいります。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

エフェクターボード製作



即席で作ってみました(^O^)
持ち運びも楽やし現場でのセッティング時間も短縮出来て一石二鳥です(^^♪

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

サウンドセッティング



カーオーディオではなく、ギターエフェクターのサウンドセッティングです(笑)

しかしアライブサウンドの源は全てココからなのです!!

カーオーディオという枠に囚われた音つくりでは絶対に体験できない、「本当の音つくり」の勉強になる素材が盛りだくさんです。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

新型N-BOXカスタムにスーパーデッドニング施工。大阪市より

DSC01970DSC01971
本日はN-BOXカスタムが入庫しております。

DSC01977
大阪市よりお越し頂きました。
遠路はるばるありがとうございます。

施工内容は定番メニューの『スーパーデッドニング』です。
※ スーパーデッドニングについて ※

DSC01973
純正ナビです。

DSC01974DSC01978
内張り外します。

DSC01982DSC02003
スピーカーは純正オプションに交換済みです。

DSC02006DSC02008
流石純正の専用インナーバッフル。
誰が取り付けても確実な固定が出来るような構造になっています。

『確実な固定が出来る』
スピーカーの本来の音を出す為には、コレ重要です!!

せっかく良いスピーカーに交換しても基本的な固定方法が適当だと本末転倒、宝の持ち腐れになってしまいます。

純正スピーカー(オプション品含め)は安価な物ですがスピーカーにとって重要な『確実な固定』がなされています。
『純正スピーカーなんてあかん!あかん!』と決めつける前に、『純正スピーカーはなぜ音が悪いか』という根本的な原因を見極めてから判断しないと無意味な所にお金を使うばかりとなってしまいます。

カーオーディオあるあるです(笑)

DSC02015

とゆっくりしてる暇はありませんので後半戦行ってまいります!!



スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

VWゴルフトゥーラン、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工つづき

今日は先日よりお預りのゴルフトゥーランにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工の続きです。

DSC01739
純正スピーカー。
左がリアスピーカーで右がフロントスピーカーです。

DSC01749DSC01750
純正スピーカーはゴルフ7同様リベットで固定されています。
ナットリベットを打ち込んでボルトで固定できるように細工します。

DSC01751
確実な固定と脱着が容易になり一石二鳥です。

DSC01752DSC01757
アウターパネル裏に制振材を貼り付けアウターパネルの響きをコントロールします。

DSC01766DSC01769
リアドアも同様に。

DSC01778DSC01779
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。

DSC01780DSC01782
純正スピーカーをボルトで固定します。
緩み止めのロックタイトを塗っておきます。

DSC01783
ガッチリと確実に固定できました。

DSC01871DSC01876
ここから実際に音楽を鳴らしスピーカーからドアのインナーパネルへ伝わる響きを制振材を利用してコントロールしていきます。

では最終工程、行ってまいります!!



スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
同時施工について詳しくはこちらをご覧ください。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

新型ヴェルファイアの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工。

DSC01785DSC01786
本日は新型ヴェルファイアが入庫です。

アライブから車で数分の超ご近所様。
こちらのオーナー様も今お預りのトゥーランのオーナー様同様、約7年前に20ヴェルファイアにスーパーデッドニング施工をさせて頂いたリピーター様です。

新車購入と同時にご予約いただきました。
一度スーパーデッドニング効果を体感された方は、お車乗り換え時にはスーパーデッドニングは標準装備な感じですね(笑)

ありがとうございます。

DSC01787
アルパインナビです。

DSC01794DSC01796
内張り外します。

DSC01797DSC01801
スピーカーは純正です。

DSC01810DSC01811
ドア内部を丁寧に脱脂処理。



とこんな感じで着々と進行中です。
では続き行ってまいります。

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

VWトゥーランの純正スピーカーに、スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工。加西市より

本日はピッカピカの新車が入庫。

DSC01697DSC01698
VW TOURAN

DSC01706
加西市よりお越し頂きました。

こちらのオーナー様は約5年前にゴルフ7にスーパーデッドニングの施工をさせて頂いたリピーター様です。

この度新車に乗り換えられ納車前からご予約いただいておりました。
一度スーパーデッドニング効果を体感してしまうと施工無しの音は聞けなくなってしまうようで、お車乗り換え時のリピート率は非常に高いです。

ありがとうございます。

DSC01699
オーディオは純正です。

DSC01700DSC01707
フロントドアです。

DSC01708
フロントの純正スピーカーです。

DSC01702DSC01714
リアドアです。

DSC01715
リアスピーカーも純正です。
ちょっと変わったところに付いていますね。


DSC01705
スーパーデッドニング・フロント&リア同時施は2日間のお預りですが、明日は別のお客様のご予約が入っていますので今回は3日間のお預りです。

ではこの辺で。



スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

NEW ゴミ箱



10年以上使ってきたお店のゴミ箱の中がめっちゃ汚くなってて気になっていたので新調しました(^o^)/

小さい方は手洗い場のペーパータオル用のゴミ箱。
バケツをゴミ箱代わりにしてたんやけど、たいぞうが捨てたペーペータオルをくわえていたずらをするので蓋付きにしました(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

センタ―コンソール製作のエスティマ、アンプゲイン調整と追加メニュー

DSC01660DSC01661
先日センタ―コンソールの製作をさせて頂いたエスティマ。

DSC01630DSC01635
DSC01642DSC01643

先日は夜遅くなってしまったので、一番重要な最終工程のアンプゲイン調整を取り急ぎの調整で終わらせていました。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


今回改めてゲイン調整をさせて頂くのと、オーナー様の奥様からの新たなご要望が・・・

そのご要望は・・・

「アクリルの所にいつもの癖でついつい物を置いてしまいそうで、せっかく綺麗に作ってもらったのに傷がついてしまいそうなのでカバーを作ってほしい」


承知いたしました!!(笑)

一口にカバーと言ってもこのセンタ―コンソールのデザインにマッチし、尚且つ取り外しができるような機能性も重視した物じゃないと全て台無しです。
ここはセンスが問われるところです(笑)

DSC01638DSC01640
まずはカバー本体をカット。
アクリルの凹み部分に入り込むように縁の部分をざぐります。

DSC01647
取り敢えずハメてみて落とし込み部分を削りながら微調整。
この状態で生地を巻けば完成ですが、ただのカバーというだけで芸がないのでもう一工夫します。

DSC01648DSC01649
小さな穴を4つあけました。

DSC01651DSC01653
小さいほうの二つはこの取っ手を固定するためのネジ穴です。
カバーなので外すこともあります。
取っ手を付けてると外しやすいですね。

さてもう二つの穴は何のための穴でしょうか?

DSC01634
アクリルの中はLEDでアンプを照らすようになっているのですが、当然ですがカバーを付けると照らされているのが解らなくなります。

完全に隠してしまうのはちょっと勿体ないですね。

DSC01654DSC01655
いきなり完成画像ですがこの二つの穴にアクリルの丸棒を埋めています。

という事は・・・

DSC01675DSC01676
そうです、中の光が伝って光るのです!!
なんか顔みたいでちょっと可愛らしくなりました(笑)

DSC01672

これで完成ですが思い付きのもう一工夫のおかげで想定以上に時間かかってしまいました(汗)
・・・が、オーナー様も奥様も大喜びでしたのでやった甲斐がありました!!

最後にゲイン調整をバッチリ合わせてすべて完成です!!

さて次はツィーターかな?(笑)


スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

アースシェイカーの『I FEEL ALL SADNESS』を弾いてみた(^^♪

アースシェイカー最高のバラード曲『I FEEL ALL SADNESS』を弾いてみた動画です。

この曲のポイントはやはりシャラ節炸裂の泣きのギターソロです!!
めちゃめちゃカッコいいですが、相当聞き込んで感情移入しないと弾きこなせません。
今まで数えきれないくらい聞き込み、弾き込みました!!



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

BMW 135iクーペ(E82) JBLトレードインスピーカー取付完成

先日よりお預りのBMW 135iクーペ完成です。



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 



では昨日の続きから。

DSC01558
専用ウーファーBOXが装着されているフロアー部分のデッドニング&チューニング。

DSC01565DSC01566
サイドシル内に吸音材を装着してサイドシルBOXをサウンドチューニング。

DSC01567
専用ウーファーBOX装着部分にシンサレート吸音材を敷き詰めてサウンドチューニング。

DSC01568DSC01569
JBLトレードインスピーカーセットに付属しているミッドバス固定用バッフルボードの塗装を剥がして、ダイポルギー制振塗料を塗り込みます。

DSC01570
専用ウーファーBOX内にシンサレート吸音材を敷き詰めてサウンドチューニング。

DSC01573DSC01572
バッフルボード接地面にコーキングを塗ります。

DSC01575DSC01576
バッフルボードを固定して専用ウーファーBOXと一体化。

DSC01577DSC01580
専用ウーファーBOXを取付。

DSC01584DSC01585
JBLミッドバスを取付。

DSC01590DSC01593
カーペットを戻して純正カバーを取り付けてミッドバス部分の完成です。

DSC01594DSC01595
ドア内張りを外します。
スコーカー裏は塞がっています。

DSC01596DSC01597
内張り裏に純正スコーカーが装着されています。

DSC01599DSC01601
ミラー裏カバーを外すと裏側にスポンジが付いています。

DSC01602
ツィーターの穴は開いていませんが裏側にはツィーター装着用の枠があります(笑)

DSC01607DSC01608
JBLトレードインスピーカーセットに付属のネットワーク付きスピーカーケーブルを、内張りが脱着しやすいように細工を施します。

DSC01609DSC01610
HIFIシステム用の純正カバーにツィーターを装着。

DSC01611DSC01613
もともと付いていたスポンジを装着して完成。

DSC01614DSC01615
JBLスコーカーを内張り裏純正位置に取付。

DSC01617
スコーカーをシンサレート吸音材で包み込んでサウンドチューニング。

DSC01622DSC01621
内張りを取り付けて完成。

DSC01620
最後に前後バランスを最適な位置へ調整してすべて完成です。


ただ単にJBLトレードインスピーカーを交換するだけでも「音は変わります」
しかしせっかく良いスピーカーに交換するのに「音が変わった」ではちょっと勿体ないような気がしませんか?

カーオーディオのスピーカーは『適材適所に意味のあるチューニングと施工を施してこそ、スピーカーを交換した効果が発揮される』のです。

裏を返せば、ただ単に交換するだけでは物のクオリティーが活かしきれず本来のスピーカーを交換する目的(良い音にするため)を果たすことが出来ないという事です。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。



お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます