兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • たいぞう、コロコロと戯れる(^.^)
    2018年03月15日ブログねたたいぞう

    アライブの愛犬たいぞうのかわいらしい動画です。

    記事を読む

  • BMW 135iクーペ(E82) BMW専用JBLスピーカーセット取付
    2018年03月15日● BMW専用 JBLトレードインスピーカーシステムE82

    BMW135iにBMW専用JBLスピーカーシステムをアライブ独自の専用施工法にて取り付けます。

    記事を読む

  • アースシェイカーの『ラジオマジック』を弾いてみた(^^♪
    2018年03月13日ブログねたアライブバンド

    アースシェイカーの代表曲『RADIO MAGIC』をカラオケで弾いてみた動画です。

    記事を読む

  • AQUAにケンウッドのチューンナップウーファーの取付
    2018年03月12日AQUAウーファー取付

    アクアにケンウッドのチューンナップウーファー取り付けのご紹介です。

    記事を読む

  • アースシェイカーの『MORE』を弾いてみた(^^♪
    2018年03月11日ブログねたアライブバンド

    カラオケでアースシェイカーの『MORE』を弾いてみました。

    記事を読む

  • レヴォーグにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工中!!
    2018年03月11日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工LEVORG

    レヴォーグの純正スピーカーに『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』の最終工程です。

    記事を読む

  • レヴォーグにスーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工。吹田市より
    2018年03月10日● スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工LEVORG

    大阪府吹田市よりお越しのレヴォーグに『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』のご紹介です。

    記事を読む

  • 50エスティマのセンタ―コンソール完成
    2018年03月10日パワーアンプ取付エスティマ

    50エスティマにアンプボード兼用センタ―コンソール製作のご紹介です。

    記事を読む

  • F56miniの純正スピーカーに『ミニ仕様・スーパーデッドニング』施工です。
    2018年03月08日● スーパーデッドニングF56

    F56ミニの純正スピーカーにミニ仕様・スーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • 新型アルファード、純正JBLシステムにスーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工。大阪市より
    2018年03月05日● スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工30 アルファード

    新型アルファードの純正JBLシステムに、『スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工』のご紹介です。

    記事を読む

  • 小野市よりお越しのマツダ デミオの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。
    2018年03月04日● スーパーデッドニングNew DEMIO

    マツダデミオの純正スピーカーにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

  • 50エスティマ、センタ―コンソール製作中!!
    2018年03月02日エスティマパワーアンプ取付

    50エスティマにアンプボード兼用のセンタ―コンソール製作のご紹介です。

    記事を読む

  • エスティマに、アルパイン juba 7909JとDLS CC-44 取付中
    2018年02月28日エスティマパワーアンプ取付

    50エスティマにアルパインの名機「juba 7909J」とDLSのアンプ「CC-44」を、センターコンソールをワンオフ製作して取り付けます。

    記事を読む

  • フォードエクスプローラーにスーパーデッドニング施工。京都市より
    2018年02月25日● スーパーデッドニングエクスプローラー

    京都からお越し頂いているフォードエクスプローラーにスーパーデッドニング施工のご紹介です。

    記事を読む

たいぞう、コロコロと戯れる(^.^)

たいぞうはコロコロが大好きです(^O^)



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

BMW 135iクーペ(E82) BMW専用JBLスピーカーセット取付

本日からかっちょ良いお車が入庫。

DSC01507DSC01508
BMW 135iクーペです。
神戸市東灘区よりお越し頂きました。

DSC01550
BMW定番メニューのBMW専用JBLトレードインスピーカーシステムに交換です。
もちろんただ単に交換するのではなく、アライブ独自の『BMW専用スーパー施工』にて取り付けます。

DSC01510DSC01511
純正スピーカーはドアにスコーカー。

DSC01513
シート下のフロアー内にミッドバススピーカーが専用BOXに装着されて埋め込まれています。

DSC01512
そしてツィーターがありません(汗)

BMW専用JBLトレードインスピーカーシステムは3ウェイ構成です。
このままではJBLのツィーターが取付できません。

DSC01551DSC01553
純正部品のHiFiオーディオ用のツィーターカバーを別途取り寄せして取り付けます。


DSC01521DSC01522
まずは左右のシートを外します。
ミッドバススピーカーのグリルカバーが出てきました。

DSC01523
カバーを外すと純正ミッドバススピーカーのお尻が見えます。

DSC01524DSC01526
さらにカーペットをめくると専用BOXに装着されたミッドバススピーカーが登場!!

DSC01527DSC01530
専用BOXは穴が開いていてボディーサイドシル側へ音が抜けるような構造となっています。

DSC01533
サイドシルもスピーカーBOXの役割をしています。
ここにもアライブ独自のチューニングを施します。

DSC01534DSC01536
スピーカーは専用BOXにボンドで溶着されているので取り外しが困難です(汗)
が、ちょっとしたコツがわかっていれば難無く外せます(笑)

DSC01546
専用BOX全面に制振塗料『ダイポルギー』を塗っていきます。

DSC01542DSC01543
ダイポルギーが密着するように特殊なペーパーで足付けをします。

DSC01544DSC01545
この地味な下地処理を怠るとダイポルギーがペロペロと剥がれてしまい、塗り込んだ意味がなくなってしまいます。

見た目の上っ面だけ良くてもいずれ化けの皮が剥がれてしまうって事です!!

DSC01547
一度には塗れませんので何回かに分けて塗り込んでいきます。

DSC01548DSC01549
1回目を塗って乾燥させます。


という感じで着々と進行中です。
3日間のお預りですのでじっくりと煮詰めていきます。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

アースシェイカーの『ラジオマジック』を弾いてみた(^^♪

アースシェイカーの代表曲『ラジオマジック』をカラオケで弾いてみた動画(^^♪



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

AQUAにケンウッドのチューンナップウーファーの取付

DSC01451DSC01452
本日はアクアが入庫しております。

こちらのお車には約1年前にDLS RCS6.2スピーカーとモスコニONE80.4パワーアンプを取り付けさせていただきました。

DSC01454DSC01465

その時の施工詳細がこちら↓↓↓
  1. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  2. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  3. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  4. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  5. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  6. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  7. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  8. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  9. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細
  10. アクア DLS RCS6.2 & mosconi ONE80.4 施工詳細

そして今回はチューンナップウーファーの取付で入庫です。

DSC01457
ケンウッドのこちらをチョイス。
チューンナップウーファーの場合は、物の選択以前に車室内のどこに設置するかという事を決める必要があります。

ラゲッジルームは邪魔になるのでほとんどの方がシート下へ設置を希望されます。
ただしシート下はサイズの制約がありますので必ず事前に現車確認で採寸をする必要があります。

さらにウーファー効果を引き出すためには専用のボードを製作した上での固定が必須となりますので、その専用ボードも想定したクリアランスの確保が必要となります。


DSC01465
運転席下には前回設置したアンプがありますので必然的に助手席下となります。

DSC01459DSC01460
しかし助手席下にはジャッキが収納されているのでこのままでは設置が出来ません。
しかもジャッキを固定するアングルがフロアー下から角のように生えています。

お客様と相談してジャッキを外してアングルのでっぱり部分を加工する事にしました。

DSC01462
施工予約前に予め採寸しているので設置できることは確実ですが、専用ボード製作のためにシート下のクリアランスを今一度確認しながら設計製作していきます。

DSC01463DSC01467
シート下のクリアランスをチェックした後はシートを取っ払ってベースのボードを製作していきます。

DSC01469
まずはこの角をどうするか思案します!!


『たかがウーファー取付にこんな手間暇かけるの?』
と思われるかもしれませんが、そもそもの『何のためにウーファーを取り付けるのか?』という事をちゃんと理解していれば必然なのではないでしょうか?

「ただ物を取り付けて音が鳴ればいい」のであればこんな手間暇かけなくてもいいかもしれませんが、少なくとも『音つくりのプロ』であればそれが必然だという事は理解できるはずです。

今回は2日間のお預りです。
おっと、もうこんな時間!!
早くしないと間に合わないので続き行ってまいります!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

タグ

アースシェイカーの『MORE』を弾いてみた(^^♪

アースシェイカーの代表曲『MORE』をカラオケで弾いてみた動画です(^.^)




ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

タグ

レヴォーグにスーパーデッドニング・フロント&リア同時施工中!!

レヴォーグさん最終工程です!!

DSC01417DSC01422
スピーカーの背圧があたる部分に反射音を防ぐための吸音材を貼り付けます。
貼り付ける前に剥がれ防止のために耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC01419DSC01420
サービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC01416DSC01418
サービスホールの縁にも剥がれ防止の耐熱ボンドを吹き付けます。

DSC01425DSC01427
ヒートガンで温めながら太鼓の皮をピンッと張る様な感じでしっかりと貼り付けます。

DSC01429DSC01430
スピーカーを取り付けます。
ここからエンジンをかけて実際に音楽を鳴らします。
スピーカーからインナーパネルに伝わる響きを制振材を利用してコントロールしていきます。

では最終工程行ってまいります!!

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

レヴォーグにスーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工。吹田市より

DSC01352DSC01353
本日はレヴォーグが入庫です。

DSC01358
大阪府吹田市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

施工内容はレヴォーグ定番メニューの『スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工』です。
2日間のお預かりです。

※ 『スーパ―デッドニング・フロント&リア同時施工』についてはこちらをご覧ください。

DSC01355
純正サウンドナビ。

DSC01359DSC01363
フロントドアです。

DSC01364
純正スピーカーです。

DSC01362DSC01387
リアドアです。

DSC01388
こちらも純正スピーカーです。

DSC01367DSC01392
ドア内部を丁寧に脱脂処理します。
指先でアウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC01393DSC01394
適当な大きさの制振材を選び貼り付けます。

DSC01395DSC01396
ヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC01397DSC01398

こんな感じで着々と進行中です。
では続き行ってまいります!!

スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工
の価格は
100,000円(税込)です。
施工時間は2日間のお預かりとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

50エスティマのセンタ―コンソール完成

DSC01325
一時中断させて頂いていたセンタ―コンソール製作のエスティマが昨日ようやく完成!!

DSC01342DSC01343
なんだか怪しげな感じです(笑)
周りが暗いとよくわかりません。

DSC01345DSC01346
明るくするとこんな感じ。
左右シートとのクリアランスは絶妙な設計施工で約1mm!!
もちろんシートをスライドさせても干渉しません!!

DSC01335DSC01333
車両側のコンソールとの接地部分はパテ整形で抜群のフィッティングです!!

DSC01348
アルパイン juba 7090Jも復活です。
7090Jの外部入力に切り替えると純正ナビの音をそのまま聞く事が出来ます。

DSC01349
以前取付済みのスピーカーDLS RCS6.2をパワーアンプCC-44の4chを使用してバイアンプ接続で鳴らします。
アンプのゲイン調整でツィーター、ミッドそれぞれの絶妙なバランスセッティングを行います。

DSC01351

昨日は夜遅くなったのでゲイン調整はまた後日じっくりと行います。
jubaサウンド、楽しみです(^^♪

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

F56miniの純正スピーカーに『ミニ仕様・スーパーデッドニング』施工です。

本日はかっちょ良いお車が入庫しています。

DSC01266DSC01267
F56miniです!!

DSC01269
高砂市よりお越し頂いております。

施行内容はスーパーデッドニングなのですが、ミニやBMWのオーディオ(スピーカー構成)はかなり特殊です。

DSC01273
国産車のような一般的な車両はドア自体にフルレンジタイプのスピーカーが装着されているのでドア自体の響きをコントロールするスーパーデッドニングが適応できるのですが、ミニやBMWのドアには中音域を再生するスコーカーしかついていません。

DSC01276DSC01277
そして中低音域を再生するスピーカーが運転席、助手席下のフロアー内に埋め込まれています。

このような特殊な構成ですので通常のスーパーデッドニング施工内容は通用しません。

ですのでミニ仕様としてのスーパーデッドニングの施工法で対応します。


DSC01286DSC01289
主にシート下のミッドバスのチューニングを重点的に行う施工内容となります。

DSC01291DSC01293
シート下フロアー内に専用BOXに収められたミッドバスユニットが装着されています。

DSC01294DSC01296
BOXサイドには音抜けの穴が開いていて車体のサイドシル内に抜けるような構造です。

DSC01301DSC01300
ミッドバスをBOXから外します。

DSC01302
まずはこの専用BOXにチューニングを施していきます。

てな感じであまりゆっくりしてる暇はないので続き行ってまいります。

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

またまた新型アルファードにスーパーデッドニング施工です。

本日も新型アルファードが入庫です!!

DSC01192DSC01193
昨日は大阪からでしたが本日は車で数分の超ご近所様です。
施行内容はスーパーデッドニングのみの施工です。

DSC01196
アルパインのアルファード専用ナビです。

DSC01200DSC01203
スピーカーもアルパイン。
アルファード専用3ウェイスピーカーに交換済みです。

DSC01201DSC01216
内張り外します。

DSC01222DSC01223
ドア内部を丁寧に脱脂処理をしてアウターパネルに制振材を貼り付けていきます。
指先でアウターパネルをコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC01224DSC01226
敢えて適当にカットした制振材の中から最適な大きさの物を選んで貼り付けていきます。

DSC01227DSC01228
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC01229DSC01230
DSC01231DSC01234
ドアが大きいので貼り付ける制振材の枚数も多くなります。
手が届きにくい奥の方にも貼ってあるので押さえ付けるのが非常に困難です(汗)

DSC01238DSC01239
スピーカーの背圧があたる面にアクワイエ吸音材を貼り付けて余計な反射音を防ぎます。


という感じで着々と進行中です。
では後半戦スタート!!

スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

新型アルファード、純正JBLシステムにスーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工。大阪市より

DSC01109DSC01110
本日は新型アルファードが入庫しております。

DSC01153
大阪市よりお越し頂いております。

施行内容は『スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工』です。

スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工の詳しい内容は下記リンク先のCX-3の記事をご覧ください。
● CX-3 純正BOSEサウンドシステムに『スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工』


DSC01111DSC01112
オーディオは純正JBLシステムです。

DSC01113DSC01117
でっかいドアです!!

スーパーチューニングは内張り自体に施工するメニューです。

DSC01116DSC01137
内張り裏全面に制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。

DSC01134DSC01135
ダイポルギーが密着するように専用の特殊ペーパーで足付けをしていきます。

DSC01138DSC01149
刷毛でまんべんなく塗り込んでいきます。

DSC01148
一回塗って乾燥させてます。
この時期はすぐに乾燥しないので一晩おいて翌日にもう一回塗り込みます。

ですので『スーパーデッドニング&スーパーチューニング同時施工』は必然的に2日間のお預かりとなります。

スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工の詳しい内容は下記リンク先のCX-3の記事をご覧ください。
● CX-3 純正BOSEサウンドシステムに『スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工』



施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

小野市よりお越しのマツダ デミオの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工。

DSC01072DSC01073
本日はデミオが入庫しております。

兵庫県小野市よりお越し頂いております。
オーナー様は今は小野市にお住まいですが生まれ育ちは神戸の舞子だそうで、僕の実家の直ぐ近くだったので朝から地元ならではの懐かしい話で盛り上がりました(笑)

施行内容は定番メニューの『スーパーデッドニング』です。

DSC01075
オーディオはマツダ純正、マツコネです。

DSC01076DSC01079
スピーカーも純正です。

DSC01082DSC01080


てな感じで後半戦行ってまいります!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

50エスティマ、センタ―コンソール製作中!!

只今せこせこ施行中の50エスティマ。



先の先の先まで完成形を頭の中で想像し、シート等に干渉しないか、アンプ等の組み込み順序、ゲイン調整等のメンテナンスのしやすさ、等々もチェックしながらミリ単位で採寸して頭の中の想像を現実にしていきます。

と言うのは簡単ですが、脳みそから煙が出そうです(汗)

DSC01025DSC01028
カットしたボードを室内に何回も入れたり出したりして形にしていくのです。

DSC01026DSC01027
その際に内張りや内装パネル類、ボディー等に接触して傷がついてしまう可能性もあるのでガッツリと養生しておきます。

DSC01030DSC01033
アンプボード。

DSC01036DSC01037
このボードの取付位置をベースにセンタ―コンソールを組上げていきます。
家の基礎みたいな部分です。

DSC01039DSC01041
頭の中で想像した設計図をもとに製作した枠のパーツです(笑)

DSC01043
取り敢えず枠の出来上がり!!
ここから内側のパネル製作。
住宅で言うところの内装の施工です(笑)

という事で頑張ってきます!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

エスティマに、アルパイン juba 7909JとDLS CC-44 取付中

今週いっぱいはこの車に付きっきり!!

DSC00950DSC00951
50エスティマです。

先月にDLSスピーカー「RCS6.2」をスーパーインナーバッフル製作で取り付けたばかりですが・・・
今回早くもパワーアンプ追加にステップアップです!!

外部アンプを選ぶ際は性能ももちろんですが設置場所をどこにするかという事も重要となります。
設置後に的確なアンプのゲイン調整が可能であるか、という事も設置場所を選択する条件の一つでもあります。

オーナー様とあーでもないこーでもないと吟味した結果(笑)、ここへ設置する事に。

DSC00952DSC00953
運転席と助手席の間のセンターコンソール部分です。

DSC00955DSC00954
このセンターコンソールはレールに装着されていて後ろ側にも移動できる優れものです!!
ただオーナー様曰くそんなに必要性がないので取り外すことに。
そしてアンプを運転席と助手席の間に設置します。

チョイスしたアンプがこちら。

DSC00967DSC00968
DLS CC-44
このタイプを取り付けるのはお初ですが何よりもサイズ的にバッチリなのです(笑)

当初はオーソドックスに純正ナビとこのアンプを接続する予定だったのですが、オーナー様がこんなものをもって来ました!!

DSC00975DSC00973
アルパインの名機 juba(ジュバ)シリーズのCDデッキ「7909J」です!!
約30年ほど前の物なので今となっては知らない人も多いかと思いますが、50歳前後のバブリー世代のおっさん達にとってはたまらない逸品です!!(笑)

もちろんオーナー様も僕と同い年のバブリー世代のおっさんです(笑)

これを何年か前に動かない中古品を格安で購入し、アルパインに「いくらかかってもいいから完全オーバーホールしてほしい」と相談したところ、その時にまだアルパインに在籍していた当時のjubaシリーズを開発していた方の耳に入りその方が直々にオーバーホールして下さったそうです。

それから大切に保管していたのですが、急に「この音が聴いてみたい!!」と思い立ったそうです(笑)

と言っても純正ナビは活かしたままで使いたいとの事で、オーナー様自らシステム構成を考えてきて「このシステム構成で取付場所はセンターコンソールワンオフで作ってもらってあとはおまかせ、よろしく!!」と・・・(汗)


DSC01009DSC01010
という流れで久々にプチカスタムオーディオです(汗)

DSC01014DSC01015
形の無い物を想像しながら形にしていきます。
しかも操作性やメンテナンス性、組み込み順序も緻密に考慮しながら想像していきます。


でも十年以上前まではこんな施工は日常茶飯事でしたけどね(笑)

1475416b648bf2b1
33シーマのトランク内カスタムインストール。

404dc409fd833dce
今から13年ほど前です(笑)

8ea2cb5698ccdabd
シーマとかセルシオとか、純正マルチシステムでオーディオやエアコンコントロールが一体化。
しかもモニターは液晶ではなくブラウン管!!
フェイスパネルをばらばらに分解してセンタ―コンソール内へ移植!!

0d4f6872917e439e
フェイスパネルを純正コンソールの枠の部分に一体加工。
そしてボタンとか基盤とか元通り組み込み。

6164560f
組み込みは出来たけど果たして動くのか心配・・・
動かなかったらエアコンのコントロールとかが出来ず大損害です(汗)

6ddbe620
ちゃんと動きました!!(笑)
赤外線タイプのタッチセンサー問題なく動いてホッとした事を今でも覚えています(笑)

08058040
そしてマルチがあったところには9インチモニターを埋め込み、その下へアルパインのF1デッキ、灰皿があったところにマッキントッシュのアナログレベルメーターを埋め込み!!


今思えばよくこんな事してたよなぁって思います(笑)
この事は何事にも挑戦って勢いでした。

一応言っておきますが今はこんな大それた施行はやりませんので悪しからず(笑)



このようなカスタムにしてもデッドニング等の音創りにしても、挑戦して失敗したこともありました(汗)
しかし、失敗しないと解らないこともあり、その事も全てノウハウとして蓄積されてきました。

今年でアライブは21年目です!!
この経験があったからこそ、スーパーデッドニングを基準としたアライブの一貫した音創りがあるのです。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

フォードエクスプローラーにスーパーデッドニング施工。京都市より

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
※ 2月28日で終了いたします ※
是非、この機会をお見逃しなく!!


本日はお初のお車が入庫です。



京都市よりお越し頂きました。
遠路はるばるありがとうございます。

フロントドアのスーパーデッドニング施工です。

しかしデカいです!!
作業スペースが狭く感じます(笑)

お初の車両なのでまずはドア内張りの外し方から悩みます!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。



お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます