兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店 アライブ

兵庫県明石市|カーオーディオとデッドニングの専門店『アライブ』です。『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』等の施工工程を包み隠さずご紹介しています。

『スピーカーを交換しなくても純正スピーカーのままで音が良くなる!?』

突然ですが、現在あなたのカーオーディオの音は下記のような状況ではありませんか?
 ● 音量を上げると耳障りでただうるさい音になり長時間聞いていられない。
 ● 逆に音量が小さいとロードノイズなどに音が埋もれて音楽が聞きとりにくい。

この音を聞いたとき、普通は『スピーカーが純正だからねぇ・・・』と決めつけがちですが・・・
何の根拠もなく、イメージだけで『純正スピーカーが悪い!!』と決めつけるのはいかがなものでしょうか。

実は純正スピーカーの音を悪くしている最大の原因は、純正スピーカーが装着されている『ドアの響き方』なのです。
裏を返せば『ドアの響き方を改善しなければスピーカー交換をしても耳障りな音は改善できない』という事が言えます。

スピーカー交換の検討をする前に、まずはスピーカーの音を悪くしている原因を改善しなくては本末転倒ですね。

カーオーディオの常識を覆したアライブ独自の施工法『スーパーデッドニング』でドアの響き方を改善する事により、純正スピーカーの音が驚きのサウンドに激変します。

当ブログではアライブ独自の施工法を、施工工程の写真付きで包み隠さず公開しています。
『カーオーディオの音を良くするためにはまず何をすべきか』という事の検討材料にして頂けると幸いです。

ところで『スーパ―デッドニング』は一般的なデッドニングと何がどう違うの?
詳しくは『スーパ―デッドニングって何?』をご参照くださいませ。 

記事一覧

  • マーチ、オーディオ
    2005年08月07日マーチ

    マーチにオーディオシステム施工です。

    記事を読む

  • 良いものは、感じる何かが違う・・・。
    2005年08月04日ブログねた

    アライブの音創りは楽器の構造からヒントを得ています。

    記事を読む

  • マーチ、途中経過報告
    2005年08月02日マーチオーディオ以外の作業

    マーチにオーバーフェンダー製作途中経過です。

    記事を読む

  • マーチ、POLO化計画
    2005年07月23日マーチオーディオ以外の作業

    マーチにオーバーフェンダーワンオフ製作、その他外装カスタムです。

    記事を読む

  • エスティマにフルシステムインストール
    2005年07月22日エスティマカスタムオーディオ

    新車のエスティマにオーディオフルシステムインストール

    記事を読む

  • クモ退治
    2005年07月12日ブログねた

    クモ退治しました。

    記事を読む

  • アウディー、リニューアル完成
    2005年07月07日A4アウターバッフル

    アウディA4のアウターバッフルリニューアル完成です。

    記事を読む

  • アウディーA4、途中経過。
    2005年07月01日A4アウターバッフル

    アウディーA4のアウターバッフルのリニューアルです。

    記事を読む

  • ぎょえ〜っ!
    2005年06月30日ブログねた

    お店の駐車場にヘビの子供が!!

    記事を読む

  • セレナ、フリップダウンモニター取り付け。
    2005年06月28日セレナ

    セレナにフリップダウンモニター取付のご紹介です。

    記事を読む

  • ハリアー、ドアリニューアル完成。
    2005年06月26日ハリアーカスタムオーディオ

    ハリアーのデッドニングとバッフルボードのリニューアル完成です。

    記事を読む

  • 出た〜!スーパーデッドニング暴露本!
    2005年06月18日● スーパーデッドニングブログねた

    本日、『CarAudio Craft 2005』が発売されました。 4ページに渡り、『スーパーデッドニング』の密着取材記事が載っています。 以前、取材を受けたときに『暴露本みたいになる』と冗談半分で言ってたのですが、ほんとに暴露本みたいです(笑) かなり事細かく掲載されていま

    記事を読む

  • ハリアー、リニューアル
    2005年06月17日ハリアーカスタムオーディオ

    ハリアーのドアをリニューアル

    記事を読む

  • 新型ハイエースに、スーパーデッドニング施工
    2005年06月15日● スーパーデッドニングハイエース

    ハイエースの純正スピーカーに、スーパーデッドニング施工です。

    記事を読む

マーチ、オーディオ

マーチ、オーディオ製作過程です。

成田、マーチスピーカー1成田、マーチスピーカー2 成田、マーチインナーバッフル
外観はポロとほぼ変わらずですが、オーディオの方はさすがに予算的な部分もあり低価格なシンプルシステムです。

アライブ人気ナンバー1デモカー『Today』のシステムと同じです。
ただ、スピーカーは『AODEA ASS-2716C』をチョイスしました。

オーナーさんの希望で『DVDをメインに低価格で良い音』とゆうことでしたので、『Today』のシステムを試聴して頂いたところ即決めでした。

5.1chじゃないけど、これでも十分映画も楽しめますよ。

もちろん、ドアはアライブオリジナル施工法『スーパーデッドニング+スーパーチューニング+スーパーインナーバッフル』は必須です。

ここ怠るとTodayのような良い音にはなりません!!

ユニット、工賃込み25万円でこの音は驚きですよ。
(音が聞けないのが残念ですが・・・)

映像も楽しめます。
あと、外部アンプもウーハーも無いので車の実用性もばっちりです。

もちろん基礎は出来てるので、更にここからステップアップすればもっともっと良くなります。


今回は普通車に装着ですので『Today』とはまた違った音になると思います。
音出しが楽しみな一台です。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

» 記事の続きを読む

カテゴリ
タグ

良いものは、感じる何かが違う・・・。

先日、お客さんが『エエもん手に入れたから持って行くわ』
って持ってきたのが、これ。

GIBSON2GIBSON1

ギブソンのアコギ。

GIBSON3
値段聞いてびっくり!
なっ、なんと70万円!!!


GIBSON4
早速、恐る恐る試奏させてもらった。

『ジャラ〜ン』

店にもアコギが2本あるのですが・・・(貰い物のそんなに高くもないやつです)

もう、音が出た瞬間から違う!!
弦の一本一本の粒立ちや、箱の中の響きがまったく違う。

形はそれほど違わないのに、この違いは何?


やはり木の材質や箱の造り、各パーツ一つ一つにこだわってある。

アコギはエレキと違ってもろにボックスになってるから反響音なんかはものすごく違いが出ますね。
エレキも40万くらいのを持ってた時がありましたが、アンプを通さなくても生の響きが違いましたから『音が出る物は、造りで音が変わる』のを改めて実感しましたね。


車のスピーカーも音が出るものです。
ある種楽器の一つですね。


ギターに置き換えると、弦がスピーカユニットで、ギター本体がスピーカーボックスです。
ギターの弦にもいろいろな種類がありそれぞれ音色は違うのですが、同じ弦を安いギターと高いギターで使用した場合もまったく音が違います。

いくら良い弦を使用しても、ギター本体が通販で売ってる様な安物のギターにつけたところでいい音は出ません。
逆に、一般的な弦を良いギターにつけるとまったく世界が変わります。


この事は車のスピーカーの場合ではもっと違いが出ます。

1万円のスピーカーをデッドニング、チューニングを施したドアに、しっかりとしたバッフルボードに付けるのと、30万円のスピーカーを純正スピーカーからただ付け替えただけのドアに付けた場合とではどちらが良い音に感じるでしょうか?


答えは、言わなくてももうお解かりですね。


今回また一つワンランク上の生音の体感をさせていただきました。
なかなかこんな高価なギターを誌奏出来る機会ってないですから。

しかもタダで(笑)


このような貴重な体感が『スーパーデッドニング』の音創りの基準になっています。
スピーカーをただ付けてるのではなく、楽器を造ってる気持ちでやっています。

その影響か、うちのお客さんの中には何かしら楽器に携ってる方や、40歳前後のアナログ世代のホームオーディオ好きの方が多いですね。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

カテゴリ
タグ

マーチ、途中経過報告

最近めっきり更新頻度が落ちてる、アライブブログ。
この暑さでかなりめろめろ、とろけそう。

と、そんな事も言ってられないので、気合入れてマーチネタ。

成田マーチ、外観4
ホイールの納期がかなり先になるので、サイズのマッチングを見るためポロのマーク靴鬚呂瓩討澆拭
予想通りフロントのキャリパーにディスクがあたってはまらない・・・

成田マーチ、外観3成田、マーチタイヤツラ1
25ミリスペーサーで改善したものの、このサイズじゃこれだけはみ出るのも当たり前。
かといってこのホイールのサイズは変えれない。
リムもなくなるし、そうなるとマーク靴鯀んだ意味が無い。

じゃぁ、ホイールに合わせて車を作れば良い。
アライブ流カスタム。


とゆうことで、フロントはキャンバーをつけるしかない。
ショックの下の穴を加工!!

 
成田、マーチタイヤツラ2
ほら、収まった!!
なんか、ほんまにポロと一緒やね〜。


後は、オーバーフェンダーの取付位置の調整をし、かっこいいスタイルを創ればOK!

しかし、かっこよくするのはすんなりいかないものですね〜。
それがこだわりなんですが・・・


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

マーチ、POLO化計画

K11マーチです。

このオーナーさんは、アライブデモカーの『VW POLO』のオーバーフェンダースタイルに一目惚れしたようで、『これと同じようにしたい!あえてベースはマーチで!!』って事から始まったこのプロジェクト。

アライブデモカーも、もともとはマーチでこのスタイルを考えてた事もあって意気投合。

早速車探しから。

最終型、3ドア、ブルメタ、この条件でだとなかなか車が無いかと思っていた矢先、いきなり出てきました(笑)

成田マーチ、外観
しかも走行も少なく、程度も良いものが。

平行してパーツの選択。
改めてパーツを見てみると、結構色々出てるもんですね。
久々にオーディオ以外のパーツ選びなんで、自分の車のパーツを探しているようで、わくわくします。

今でこそオーディオ一筋って感じに思われますが、実はもともと86乗りの走り屋だったんです。

18の頃から暇があれば六甲に走りに行ってました。
20歳頃からはサーキットを走るようになり、その面白さと安全面から六甲山では軽く流す程度か、100万ドルの夜景を楽しむ程度になりました(笑)

そのホームコースは『中山サーキット』

まあこの時代は近場のサーキットはここしかなかったんですけどね(笑)
ここではコース幅は狭いしエスケープゾーンなんてものも無いから結構ドラテクは鍛えられました。

車の挙動や限界を知るにはサーキットはもってこいの場所で、結構これを身体で覚えると街中でいざ何かあったときでも冷静に対処できるから役に立ってます。


話はそれましたが、足回りは当然車高調。

成田マーチ、足
で、この車、リアはリジットタイプの足回りなんで車高を下げると足回り全体が右にずれてしまいます。
そこで、調整式のラテラルロッドは必ず必要です。
予算も限られてますので、上を見れば良いものは結構あったのですが、価格と性能から『CUSCO』をチョイスしました。


オーバーフェンダーは、ポロ風に仕上げるのでリベットの穴があるタイプで探したところ、ありました『からくりはうす』これしかない!

成田マーチ、外観2成田マーチ、フロント成田マーチ、リア
で、今こんな感じになってます。

いや〜、完成が楽しみです。

また途中経過アップしますので、楽しみにしていてくださいね。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

» 記事の続きを読む

エスティマにフルシステムインストール

今回は、エスティマ。

柴田エスティマ、外観
納車ホヤホヤの新車です!!

このオーナーさんは何年も長いお付き合いしている常連様。
前の車のオーディオ類はずっとご自身でハンドメイドでやられていたのですが、ケーブルやアンプなど幾度となく色々なものを購入して頂き、その都度その商品についていろいろコメントを頂いたりしてました。

必ず商品は買っていただいていましたし、また同い年でハードロック好きとゆうこともあって(なぜか、ハードロック好きのお客様が多い。特に30代後半以上)音の好みなどの部分で気が合うとこもあり、こちらも惜しみなくノウハウを提供させていただいて持ちつ持たれつの良いお付き合いをさせていただいてます。

で、今回新車購入にあたり、前の車に付いてた物を外してまた自分でつけるのだろうと思っていたのですが・・・

なんと、驚きの発言が!!


『今回は全部任すわ』

『エッ!何で?○○ちゃんやったら自分で出来るやん、そんな人の車任されたら変にプレッシャーやん(汗)』

『最初は自分でやった方が工賃かからへんから安くできるやろうと思って今まで色々やってきたけど、計算してみたら結局なんぼつことるねん!!ゆうくらい金使ってるやん』

『それやったら最初からお任せでやってもらったほうが安いし、なんと言っても楽やん!!』

『色々教えてもらいながらやってきたけど、やっぱり大変やゆうことがようわかったし、ここ何年か社長の作る車の音いろいろ聞かせてもらってきたけど、年々良い音になってきてるし、作り方の技術も格段に向上してるから、やっぱりプロにはかなわんと痛感した。』

『だから今回は新車やゆうこともあるし、頼むわ』

『と言っても車の方にお金かかったからあんまし予算ないねん』
『そやから物は安いので組むわ、その代わり工賃はちゃんと出すからその物以上の音作ってや!!』

『今まで色々やってきて、カーオーディオは物より取付が大事やゆうのもようわかったし』
『ほんなら頼むで!!』



『うわぁっ!めっちゃプレッシャーかけよる(汗)』



そんなやり取りがあり、かなりのプレッシャーの中決行しました。

柴田エスティマ、中1柴田エスティマ、中2
なんといってもこの手の車はケーブルのワイヤリングが大変(汗)

シート多すぎっ!
カーペット外すまで一苦労です(汗)

柴田エスティマ、インナーバッフル柴田エスティマ、スピーカー
スピーカーとドアに合わせてインナーバッフルを製作。


柴田エスティマ、ツィーター
ツィーターはミラー裏へ埋込加工。


柴田エスティマ、リア柴田エスティマ、完成

苦労しながらも完成!!


数日後・・・

『社長!エエわっ!さすがやなぁ、この低価格のシステムでこんな生っぽい音出たら満足や。ありがとう、あとはプロセッサーで調整しながらまた遊んどくわ』

お気に召して頂き何よりです!!


ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

クモ退治

最近ピット内のクモの巣が一段と増えてきて、普通に歩いててもクモの糸が顔にまとわり付いたりして作業どころじゃなくなってきた(汗)


という事で・・・

虫ころり 
『虫コロリノンスモーク 霧タイプ 9〜12畳用』

 これしかないっ!!
しかもこの数13個!!(笑)

これだけやれば完璧だろう。



さっそく、2階に3個、ピットに8個、店内に2個設置。
2階から噴射さしたけど、けっこうな勢いで出るからかなり焦った(汗)

当然その間ここにはいられないのでしばらく外出。

そして、3時間後・・・


恐る恐る店内に入ると特に変わった様子もなく、そのままピットへ。


一見何も無いような気配だが、よ〜く見ると・・・


いるいる、下でクモが苦しんでもがいてる!!
なかなかすごい効き目だ!!



で、2階に上がってみた・・・






ギャァーーーーーッ!!


体長2メートルはあろうかとゆうボスグモが・・・

って、そんなんおる訳ないやん(笑)


以上クモ退治でした(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

カテゴリ

イプサムの純正スピーカーに、スーパーデッドニング

またまた、スーパーデッドニングです。

イプサム、外装 
今回は、イプサム。

イプサム、ドア1イプサム、リベットイプサム、完成

この車は某カーショップの店長さんの車で、この間遊びに行ったときにスーパーデッドニングの話をしたら・・・

『ほんまにこれで変わるんかぁ?』
『リアはせんでもええの?』


って信用しないんで、

『文句は体感してからゆうたらええから・・・、何か車ない?、できたら純正スピーカーのほうがええねんけど』

『あっ、ちょうど俺の車まだスピーカー変えてへんからやってや』
『そやっ、アルパインのスピーカーもっとるからついでに変えとって』


『・・・だから、スピーカー変えてもたらスーパーデッドニングの効果かどうかわからんようになるから変えたらあかんっちゅうねん!』
『変えたかったら後から変えたらええから、とりあえずそのままでしとき!』


『ほんならリアは・・・?』

『ええからとりあえずやってから好きにしたらええやん!』



そんなやりとりから沸いて出た話・・・(笑)

そして、その結果は・・・


納車後、携帯に電話がかかってきた。

『ど〜もぉ〜○○です。お疲れさんです』
『ところで何これ?めっちゃええやん!!』
『ぜんぜん変わってるし、めちゃめちゃ気持ちええ音やわ!!』


『そやろ〜、わかってくれたぁ〜、これがスーパーデッドニングやねん』

『うんうん、納得や!またみんなにゆうとくわ、ありがとう』


この物語は、ノンフィクションです(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


アウディー、リニューアル完成

更新が大変遅くなり申し訳ございません(>_<)
ちょっと前に出来てたのですが、なかなか腰が重くて・・・

アウディー、インナーバッフル4アウディー、デッドニング
やはりこの車は非常に難易度が高かったですね(汗)
試行錯誤の上何とか完成しましたが、想定以上に時間がかかっちゃいました。

アウディー、完成1アウディー、完成2
ちょっと割に合わない作業内容でしたが、妥協は許せないので採算度外視でがんばりました!!
その結果、音にも正直に現れて頑張った甲斐がありました。

アウディー、ナビ1アウディー、ナビ2

次はユニットのリニューアルもすればもっと良くなりますね。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

アウディーA4、途中経過。

アウディーA4、ドアアウターバッフルのリニューアル途中経過報告です。

アウディー、インナー1アウディー、インナー2
この車のスピーカーはもともと内張り側についてるのでインナーバッフルの固定には苦労しました。

アウディー、インナー3アウディー、アウター1
やはり土台がきっちりと固定されていないと切れのいい音が出なくなるので、ここは手を抜けないとこです。
いつものようにすべてオニメナット&ボルトで固定をしています。

アウディー、アウター2
あと内張りの固定方法が上からスライドするタイプなので、インナーバッフルをこれ以上立ち上げる事が出来ません。
そこで内張りをつけてからアウターバッフルをインナーバッフルの裏からボルトで固定するように製作しています。

アウディー、アウター3 アウディー、アウター4 
ここもがっちりとまるようにオニメナット&ボルトの7点止めです。

あとアウターバッフルの周りに付いてるのはパテではありません。
FRPに使う樹脂です。

樹脂に、ある粉を大量に混ぜるとパテのようになり、粉の量によってはやらかくしたり硬くしたり出来ます。
しかも強度はパテの非じゃありません!!
おまけにパテより安く上がります(笑)

本当はこんな使い方するんじゃないんですが、これもアライブオリジナルな使用方法です。
なんでもちょっと違う視点で考えると意外といろんなことが発見できます。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

ぎょえ〜っ!

へび1へび2
朝来たら、駐車場にこんなものがいました。
これって何へび?

へび3へび4
体長は20センチくらいですでにお亡くなりになってたのですが、まだ柔らかかったのでつい先程お亡くなりになったと思います(涙)

まだ子供だと思うのですが、御冥福をお祈りいたします。

でも最近5センチくらいのクモが出てきたり、小さなクモもやたらと多くて一晩ほっとくとクモの巣だらけになってしまいます(汗)

壊しても壊してもきりがないです(汗)
何とかならないものか・・・

このままだとスパイダーマンになってしまうよ(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

カテゴリ
タグ

セレナ、フリップダウンモニター取り付け。

このセレナは頭を悩ましたねぇ(汗)

セレナ外装1セレナ外装3セレナ外装2

通常フリップダウンモニターの取付は天井のルームライトの所を利用して取り付けるのですが、この車は取付位置の所にリアエアコンがあって通常の取付方法では取付できません(汗)
しかし不可能を可能にするのがプロの仕事です(笑)

まずは固定方法を考えるのに一度リアエアコンのパネルをはずしてみました。
パネルの裏を見たり、エアコン本体を見たりと、ここからは空想の世界です。

フリップダウン1フリップダウン2
実際に何を使ってどのように固定してとか、ある程度先の先まで空想してそのときに起こりうる不具合なんかも想定したりと頭の中で完成させていくのです。

頭の中である程度完成し、後の細かい事はやりながら考えようってとこまで行けば確実に取付が出来ると確信できます。

そして後は取り掛かればなんとかなるだろう・・・

フリップダウン3フリップダウン4
てな感じで出来上がりました!!

フリップダウン5フリップダウン6フリップダウン7
お客さん曰く『座布団に座ってるみたいで結構いい感じやん』って喜んでました・・・(笑)
僕的には中の固定方法を見てほしいのですが、なんせ写真撮るの忘れてました(汗)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

ハリアー、ドアリニューアル完成。

お待たせしました!!

ハリアー、外観

ハリアーのドアリニューアル完成です!!

ハリアー、ドア1ハリアー、ドア2ハリアー、インナーバッフルハリアー、アウターバッフル
今回はデッドニングの方法から、バッフルボードの構造まですべて変更しました。

ハリアー、完成1ハリアー、完成2
見た目的には、かなりシンプルに、そして渋く出来たと思います。


肝心の音の方ですが、実際音が出るまで内心プレッシャーだったのですが音が出た瞬間・・・
思わずウーファーのアンプの電源を切っちゃいました(笑)

『ウーファーいらんやんっ!』ってかんじで(笑)

おまけに、ツイーターのアッテネーションも+2から−2に落としました。

それだけ今回のリニューアルでミッドレンジが下から上までストレス無く鳴りきってる、ってことではないでしょうか!!

正直、デモカーのポロよりも良い音になっちゃいました(汗)

う〜ん・・・、くやし〜ぃ、けどうれし〜ぃ(笑)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

出た〜!スーパーデッドニング暴露本!

本日、『CarAudio Craft 2005』が発売されました。

car audio craft

4ページに渡り、『スーパーデッドニング』の密着取材記事が載っています。

以前、取材を受けたときに『暴露本みたいになる』と冗談半分で言ってたのですが、ほんとに暴露本みたいです(笑)
かなり事細かく掲載されていますので、いろいろ参考になるんじゃないでしょうか?

でもこの記事の中の写真に載っていない事が一つあります。


これは、スーパーデッドニングをする上で一番大切なことです。


それは・・・



内緒(笑)



でもちょっとだけ・・・



それは・・・、気持ちの問題です。

『いい音になぁれ〜、いい音になぁれ〜』って暗示をかける・・・

なんかちょっとやばい感じです(笑)


兎にも角にも買ってください!!

カーオーディオクラフト1カーオーディオクラフト2カーオーディオクラフト3カーオーディオクラフト4

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

ハリアー、リニューアル

ハリアーのリニューアルです。
今回はドアの『スーパーデッドニング』『スーパーチューニング』 、それとインナー、アウターボードのリニューアルです。

ハリアー1ハリアー3ハリアー2
この車って純正のオーディオが一体式になっていて基本的にはオーディオが交換出来ない車なんです。
でも替わってるでしょ?

そしてエアコンの操作パネルと純正カセットの挿入口がルームミラーの上についてます!!
気が付いたらこうなってたんではなくワンオフで移植加工を施したのです。

これめちゃめちゃ苦労したんです(汗)
良い感じで違和感なく出来てるでしょ?
まぁ、ちょっと自慢したかっただけですが(笑)

と、そんな事はさておき、約3年位前に製作したこの車、今回のドアのリニューアルで音がどう変わるか楽しみな一台です。

ハリアー4 ハリアー5ハリアー6 
その反面、3年でアライブサウンドがどこまで進化するのか!?

プレッシャーです(汗)

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 

新型ハイエースに、スーパーデッドニング施工

新型ハイエースに、スーパーデッドニング&ナビの取付を行ないました。

ハイエース、ナビ1ハイエース、ナビ2ハイエース、ナビ3
新車の、オーディオレス仕様ですのでスピーカーのみ純正で付いています。

スピーカーはフルレンジタイプのいたってシンプルなもので、デッドニング前に試聴すると案の定低域はぼわついてドアの内張りが共鳴しています。
音も左右に張り付いた感じでステージングもかなり下の方です。

さて、これがスーパーデッドニングでどこまで改善されるでしょうか。


ハイエース、ナビ4ハイエース、ナビ5ハイエース、ナビ6
内張りをはずしてみてちょっとびっくり!!
サービスホールがない!!・・・と思いきや、ふたが付いてました(笑)

塞ぐ手間が省けたように思いますが、けっこうこれが厄介かも・・・。

ハイエース、ナビ7
ボルトでとまってはいるもののやはり密閉度が悪くふた自体が共鳴していますので、ふたの補強と密閉の補強を施しています。

 ハイエース、ナビ8
次にスピーカー部分ですが、最近のトヨタに多いリベット留めです。
これではスピーカー背面部分のデッドニングが出来ないので一度リベットをはずしちゃいましょう。

スピーカーの裏から鉄板までの距離がかなり短いので、背圧があたる部分に秘密の処理を施します。
またドアの下の方に音が溜まるのを防ぐように処理をし、ボルトナットでスピーカーを再度固定しなおしています。

あとは内張りの裏に部分的に吸音材を貼って完成です。


ハイエース、ナビ9
肝心の音のほうは・・・

聞ければ一番解りやすいのですがそれは無理な話で・・・(笑)

低域は程よく締まり、中高音のパンチやメリハリが良く出るようになりました。
そのおかげでステージングもかなり上に上がり臨場感もばっちりです。

さすがにフルレンジだけあって音のまとまりは良いですね。


ここでお客様の第一声です。

『前のハイエースに付けていたダイヤモンドのスピーカーより、自然に聞こえてええわぁ〜』

誤解の無い様に言っておきますが、ダイヤモンドのスピーカーが悪いのではないですよ。
肝心なのはドアの中身の問題です。

これでスピーカーを交換すればもっともっと良くなりますが、ヘッドユニットやアンプ、ケーブルなどのトータルバランスもお忘れなく!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

 


alive_logo


〒673-0005
兵庫県明石市小久保
6丁目4-12

TEL 078-891-9335
FAX 078-891-9336
メールでのお問い合わせ
定休日:毎週水曜日
営業時間:10:00-19:00
アライブへの行き方

ご訪問有難うございます
当ブログはアライブ独自の施工法によって創り出されるカーオーディオサウンドについて記事を書いています。

多種多様の車種への施工事例を、出来る限り解りやすい内容で包み隠さずご紹介しています。

各記事をご覧になって、もし何かのお役に立てるようでしたら下の『明石海峡大橋』の夜景の画像をクリックして頂き、ブログランキングへのご協力をお願い出来れば幸いです。

よろしくお願い致します。



お申込みフォーム



スーパーデッドニングその他
施行の申し込みは
こちらからお願いいたします。
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます
Copyright © カーオーディオとデッドニングの専門店 alive sound factory All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます