DSC01216DSC01217







昨年に施工したプリウスですが、ご感想メールを頂いてましたのでご紹介いたします。


DSC01218







和歌山県よりお越しいただきました。

DSC01220DSC01221







ナビの音響補正機能やイコライザーは全てOFF、もしくはフラットの状態にして施工します。

DSC01219







今回はフロントドアのみのスーパーデッドニングですので、フェダー(前後)調整でフロントのみ音が鳴る状態にします。

DSC01222







スピーカーは純正です。


※ ここからの施工手順の写真が保存していたハードディスク破損の為ありません(汗)
ですので他のプリウスの施工画像を流用いたします(笑)


DSC00511DSC00512







内張り外します。

DSC00513DSC00514







純正スピーカーです。

DSC00516DSC00518







ドア内部を丁寧に脱脂処理後、アウターパネル裏のポイント部分に制振材を貼付けしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00520DSC00522







スピーカー裏の背圧が当たる部分に吸音材を貼り付けます。

DSC00523DSC00524







ゴム質の制振材を利用してサービスホールを塞ぎます。
スピーカーを取り付け、実際に音楽を鳴らしながらインナーパネルに伝わってくるスピーカーの振動を、制振材を利用してコントロールして行き完成です。


下記よりご感想メールの内容です。

----------------------------------------------------------------------

アライブ
原田様

先日は大変お世話になりました。

プリウスに『スーパーデッドニング』を施工していただきました〇〇です。

お聞きしていた通り『えっ、この音が純正スピーカーから?』と思うくらいの音質の違いに、ただただびっくりです。

帰り道、色々なジャンルの音楽を聴きましたが、今まで聞こえてなかった楽器の音や、ヴォーカルの唄っている声質などがクリアに聞こえ、ボリュームを上げても耳障りな音が全くなく心地よく聞こえることに感動しました。

本当に施工して良かったです。

スーパーデッドニング、最高!!』

今日は、嫁にもこの素晴らしい音を聞かせたくてドライブに行ってきました。
嫁も、『いつもとなんか音が違う』と言っていました。

これから通勤が楽しみです。

明日、会社の人にプチ自慢しようと思います。

本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

こちらこそありがとうございました。



たまに「スーパーデッドニングを施工すると、どんなサウンドになるのか?」と言うご質問を頂きます。

サウンド自体を言葉で表すのは難しいのですが、施工後全てのお客様が感じることは「ずっと聴いていたくなる心地良いサウンド」です。
車種やシステムにかぎらず、共通して感じられる感想です。

施工後のパッと聞きでも違いはわかりますが、より長く聴けば聴くほど本当の意味のスーパーデッドニング効果をじわじわと体感して頂くことができます。

遠方からお越しの方は、帰りの道中でその効果を十分堪能出来ますが、近隣からお越しの方はすぐ家についてしまいますので、皆さん自然と遠回りして帰られるとお聞きしています(笑)

「良い音」とは人それぞれ感じ方や好みがありますので特に正解というものはありませんが、アライブとして提供する「良い音」「聴き疲れせず、何時までも心地良く聴いていたくなる音」です。

純正スピーカーでも、高価なスピーカーでもその“本質”は全て同じです。
その本質を基本に各ユニットの特性を活かしたサウンド創りをしています。

そのサウンドを創りだすために独自の思想から開発した施工法が、スーパーデッドニングを基礎とした各スーパーシリーズの施工法です。