『今年はマメに更新せにゃ』と言ってたんやけど・・・

あれよあれよとゆうまに、もう1月も終わろうとしてるやん!!(汗)

 

更新する暇が無いほど作業が詰まってると思われがちですが...

 

施工ばかりしてるわけにもいかず・・・

何かと雑用もいろいろありまして、

 

 

  あんなことや、こんなこと・・・

 

   ほんでもって、そんなことやったり・・・

 

 

 時には・・・

 

 

    こんな※※※ことまで・・・  キャ――――ッ!!!!

 

 

 

まぁ、早い話がさぼっとるっちゅう事ですわ(笑)

 

 

 

そんなこんなで、

アライブ一番人気のデモカー『Today』が大リニューアルいたしました!

 

 

以前は、AODEA君のコアキシャルスピーカーでインナーバッフル仕様でした・・・

today.gaikan

todey.door1

door1

 

 

 

 

 

で、今回は外観もリニューアル。

 

 

ジャーン!!

gaikan1

 

 

 

 

車高も落として、ホイールは懐かしの『BOYDS』をチョイス!

ボンネットをブラックにぬりぬりしちゃいました。

そのうち天井も塗っちゃおうと思ってます。

 

スタイル的には『ワタナベ』か『ハヤシレーシング』あたりの深リムでプリップリにしたいところですが、なかなかそんなサイズの良い出物はありません。

これはこれで良い味でてるんやないかな。。。

 

 

・・・で、肝心のオーディオですが、今回はかな〜りグレードアップしました!

ヘッドユニット以外フルリニューアルです!

 

 

今回チョイスしたブランドは・・・

dls1

 

DLS

 

 

 

まずは、スピーカー。

 

これです!!

door3door2tw4

 

 

 

 

◆DLS Reference RS6A◆

rs6

 

 

 

価格は、50,400円(税込)

 

スピーカーの詳細はこちらをご覧いただくとして、

 

このスピーカーの性能を生かすも殺すもドアの施工次第!

当然アライブのスーパーシリーズで施工されております。

 

実はこのToday、スーパーデッドニングが開発された当時に施工したものでして、

かれこれ3年くらい経っています。

 

このスーパーデッドニングも、当時からはひそかに進化してます。

 

今回はさらに『スーパーアウターバッフル』仕様になっていますので、

一番の基礎である『スーパーデッドニング』も一からやり変えました。

door1

 

これが・・・

 

 

   ↓↓↓↓↓↓

inner3

 

こんな感じに。

 

 

 

 

『スーパーインナーバッフル』から『スーパーアウターバッフル』に変更にあたり、

これまたインナーベースから造り替えです。

inner2inner1

inner3

 

 

 

 

これがインナーベースバッフルです。

これをドアとボルトでガッチリ固定し、一体化します。

 

ドアのボードが当たる面がフラットではなくかなりボコボコしてたので、ボードとの接地面が合うようにボードの厚みを変えて調整しました。

 

このインナーベースに、アウターバッフルをオニメナット&ボルトでガッチリと固定します。

 

・・・って言うのは簡単やけど、ボルト穴とスピーカーの穴とが寸分の狂いも無く合わすのは至難の業です。

ですので、インナーベースとアウターバッフルは一貫して製作していきます。

 

そのアウターバッフルがこれ。

out1out4out3

 

 

 

 

out2out6out5

 

 

 

 

パテをモリモリし、成形してレザーを巻いて完成です。

 

さらにいつもはグリルネットカバーを製作するのですが、今回はちょっと遊び心を出してこんな感じに仕上げました。

gril2gril1door2

 

 

 

 

いつものサランネットの代わりに、ブルーのアルカンターラ風に仕上げてみました。

 

 

ここまでリニューアルするとなると、『スーパーチューニング』もリニューアル!

stune1

 

 

 

 

 

 

さらに、前回のコアキシャルからセパレートに変更してるので、ツィーターが登場です!

tw1tw4tw3

 

 

 

 

ピラーにウメウメです。

ツィーターの周りのリングは、アライブオリジナルリングです。

アライブの証の一つ、『スーパーリング』です!?

ってこんな名前は今考えたんですが・・・(笑)

 

『なんでもスーパー付けたらええっちゅうもんやないで!』

 

って突っ込まれそうですが・・・(汗)

 

 

さらに!今回は外部アンプっちゅうもんもチョイス!

かなり奮発したった!

 

 

それがこれ!

amp5

 

 

 

 

◆DLS Classic CA41◆

ca41

 

 

 

価格は、89,250円(税込)

アンプの詳細もこちらを見てください。

 

 

こいつもちょっと遊んでみました。

リアシートの背もたれを取っ払い、アンプボードを製作。

 

 

さらに、これが夜になると・・・

 

amp3

 

 

 

 

こんなにいやらしいムードになります(笑)。

 

 

あと、アンプの性能を左右するのがケーブル類。

 

特に電源は、アンプにとって血管に値するほど重要です。

 

スピーカーケーブル、RCAケーブルも大切!

デッキからアンプへ、アンプからスピーカーへと信号を伝達する重要な役割です。

人体で例えると、神経もしくは筋肉に値するものです。

 

 

そのケーブル類を生かすのも施工次第。

 

それが『ワイヤリング作業』です。

 

これ↓

wire2wire1

 

 

 

 

バラバラです・・・(笑)

 

 

車はノイズの宝庫。

 

ええ加減にケーブルをひくと・・・

 

『ヒュィ〜ン』とか『ジィ〜』とか、

 

  『ポヨォ〜ン』とか

 

   『ピロロォ〜ン』とか

 

    『バヒュヒュゥ〜ン』とか

 

     『ドォ〜ルゲェ〜』とか

 

      『ブロロロロォ〜』とか・・・

 

それ、バロムワンやん!!

 

こんな感じでええですかいなぁ(笑)

 

 

 

まぁ、とにかくカーオーディオは

『システムの構築からシステムバランス、施工まで一貫性を持ってやらないと“良い音”にはならない』

ってことです。

目先の”物”ありきのシステムでは無駄金を使うだけになってしまいます。

低価格のシステムでも、システムバランスとするべき所をきっちりと施工すれば、価格以上のサウンドを体感できます。

 

 

すでにこのTodeyは何人かのお客様に体感していただいてます。

 

『とても軽とは思えない!』

『ほんまにライブ来てるみたいや!』

『ロックからクラッシックまで、オールジャンル聴ける!』

 

などなど、かなり評判いいようです。

ありがとうございます。

 

でも、皆さん口をそれえて言う言葉が・・・

 

『この価格でこのサウンド・・・、費用対効果抜群や!』

 

 

是非、皆さんも費用対効果抜群のサウンドを体感しに来て下さいね。

DVDも観れるので、日頃よく聴いてるソフト持参で来て下さい。

 

カテゴリ
タグ