タイコキャンペーン開催中!

まだまだ予約受付中!



昨年の夏にスーパーデッドニングを施工させて頂いた、フィット。

gaikan






今回は、フィットパックにステップアップ!
そのついでに、タイコバージョンへバージョンアップです。


このフィットを新車購入時からフィットパックにする予定でしたが・・・


やはり

『純正スピーカーの状態でスーパーデッドニング効果を体感してみたい!!』

と言う事で、あえてステップアップする事にしました。


door3door1






内張りを外し、タイコバージョン変更の為サービスホールの制振材を剥します。


ib6ib5






スーパーインナーバッフルの製作です。
バッフル固定用の鬼目ナットを埋める小さな穴が、無数に開いています。

右の写真が裏側です。
スピーカーの後ろ側からドア内部へ抜ける空気がスムーズに流れるよう、アール状にテーパー処理をしています。



ちなみに取り付けるスピーカーは・・・

jbl p662






JBL P662 29,400円(税込)



ib3ib2






スーパーインナーバッフル全面に、制振塗料を満遍なく塗りこみます。


ib7ib4






左の写真のように、純正スピーカーのドア側の穴が小さくなっています。
ホンダ車は特に小さくなっています。

このままインナーバッフルを取り付けても、せっかくテーパー加工でバッフル裏の開口部を広げた意味がありません。
インナーバッフルのテーパー加工で広げた直径以上に、鉄板をカットします。

写真では解りませんが、切りっ放しでは無くバリ取りとペーパー処理をしています。
手で触っても怪我しません。

周りの小さな穴は、バッフルを固定する為のボルトを通す穴です。


ib1door5






スーパーインナーバッフルをボルトで適正なトルクで締め込み、固定します。
バッフル内部の鉄板との境目には特殊なテープを貼り、錆び留めを兼ねて防水処理をしています。
バッフル周りにはコーキング処理をしています。



st1st3






内張り裏面のスーパーチューニングです。
裏全面に制振塗料を何回かに分けて、適度な厚みで塗りこみます。

st2






吸音材を適所に貼り、完成です。



door4






最後にスピーカーをボルトで固定し、タイコバージョンに変更して全て完成!


やはり純正スピーカーの時の音とは全く違いますね。
ただし、ユニットの良さを引き出す施工があってこそ・・・ですけどね。


オーナー様がブログに感想を書いていただいています。

タグ