IMG_8638









TOYOTA Mark X
愛媛県からお越しいただきました。

このオーナー様、つい最近純正スピーカーにスーパーデッドニングのみ、
の施工でお越しいただいたばかりです。


前回の純正スピーカーにスーパーデッドニングのみの施工で、
スーパーデッドニング効果に大変満足されていました。


しかし、人間欲深いもので・・・

「純正スピーカーにスーパーデッドニングだけの施工で、
こんなに気持ちの良いサウンドが出るのなら、
もしこれでスピーカーを交換したら・・・」


そんなことを考えてると欲望を抑えきれなくなり・・・(笑)
スピーカー交換へのステップアップの、お申し込みをいただきました。



しかし・・・

単にスピーカー交換をすればその欲望が満たされるか?

っていうとそうでもありません(汗)




カーオーディオが良い音を奏でるための一番大切なこと・・・



それは・・・


「システムバランス」です。



カーオーディオで音を出すためには最低限、ナビ等のヘッドユニット(内蔵アンプ)とスピーカーが必要です。

この最低限のシステムが組まれて、初めて音楽を奏でる事が出来るのですが、
このシステムのバランスが大切なのです。




純正システムの状態で、「もっと良い音にしたい」という欲望に駆られた時、
まず思い付くのが「スピーカーを交換しよう!」です。


そうです、間違いではありません。


で、予算の許す限り高価な物を選びたくなります(笑)

この気持ちも理解できます(笑)



しかし、スピーカーを手に入れただけでは音が出ません。

当たり前ですが・・・(笑)


スピーカーを車に装着し、ヘッドユニットとシステムを組んで初めて音が出ます。



でも、「音が出た!」で満足ではないですよね?


音が出るだけなら別に純正スピーカーでも音が出るんやから、
わざわざ大金はたいてまでスピーカーを替える必要ないですね?


「音を出すことが目的」で高価なスピーカーに交換するのではなく、
「純正スピーカーの音色が物足らないから、車で心地良いサウンドを感じたいから、スピーカーを交換する」
事が本来の目的のはずです。


そのつもりで予算の許す限り選択したスピーカーを、ワクワクしながら車に装着し、
大きな期待感を持って音楽を鳴らしたとき・・・


「あれ・・・?」

「音は変わったけど・・・?」

「これって良い音?」



大きな期待感の割にはなんか納得いかない・・・

低価格のスピーカーを選択した場合だと、「安いからこんなもんかぁ・・・」
って、ある意味納得できるかもしれませんが、高価なスピーカーを選択した場合だとそうはいきませんね(汗)


「せっかく高いスピーカー買ったのに、なんでや!」

「このメーカーのスピーカー高いだけで最悪や!」



と、挙句の果てには、スピーカー(物)が悪者になってしまいます。





では、いったい何故こんな期待はずれな事になってしまうのか???


それは、システムバランスが崩れてしまったことが第一の原因なんです。


スピーカーはアンプによって駆動されて音が鳴ります。

ナビ等の内臓アンプと、高価なスピーカーとでシステムを組んだ場合音は鳴るのですが、
「それはただ鳴ってるだけで、そのスピーカーが本来持っている音色を奏でていません。」

内臓アンプでは、そのスピーカー本来のクオリティーを100%発揮することが出来ません。

そのスピーカーがもっているクオリティーを、100%活かしきれるシステムを組むことが、
カーオーディオで良い音を感じるための、一番大切なことです。

それが、「システムバランス」です。




さらに、車のスピーカーに関しては、購入した時点では「スピーカーユニット」というひとつの部品に過ぎません。
スピーカーボックスという箱に装着して初めて、本来の「スピーカー」になるのです。

スピーカーボックスにしっかりと固定され、そのスピーカーのクオリティーが発揮出来るように、
スピーカーボックス内部にサウンドチューニングが施されてこそ、スピーカーとして音楽を心地良く奏でることが出来るのです。


ミニコンポなど、ホーム用のスピーカーがそうですね。

ミニコンポはヘッドユニット、アンプ、スピーカーと、初めからバランスの取れた、
システムとして組まれた完成品、として売られています。

ですので、購入してコンセントを挿して電源を入れた時点で、
そのコンポ本来のサウンドを感じることが出来ます。


カーオーディオも最終的には、ミニコンポと同じ状態にならないと意味がありません。

しかしカーオーディオの場合、各ユニットそれぞれバラバラに売っています。

さらにスピーカーに関しては、音の響きを創り出す上で重要な「スピーカーボックス」が無い、ただのユニット(部品)の状態です(汗)


カーオーディオで心地良い音を感じるコンポにするためには、値段が高い、安いではなく、
バランスの取れたシステムの構築から、各ユニットを活かす為の施工法までの、「トータルバランス」が重要となります。




その「トータルバランス」が一番優れているのが、実は「純正システム」なんです。

しかも、メーカーオプションやディーラーオプションのシステムよりも、車を購入すれば標準でついてくる、
「純正システム」が最高のカーオーディオシステムです。

純正の各ユニットは、ほんとに安価なものです(笑)

スピーカーなんて現物を見ると・・・

「これっていったいいくらなの?1000円くらい!?」ってくらいしょぼいです(笑)


でもそんなしょぼいユニットでも、システムのバランスは最高です!
スピーカーに関しても、ドアのインナーパネルにしっかり取り付けてあります。

純正システムのクオリティーを活かすには、十分な環境が整っています。



しかし、純正スピーカーって音が悪い感じがしますよね?


「やっぱり物が安物だから?」

確かにその部分も否定は出来ませんが、それ以前の問題です。



一番の要因は・・・

「純正スピーカーって音が悪い」という固定観念です。


そういうレッテルを貼られている事が大きな要因です。


だから・・・

「純正は音が悪いからスピーカー交換しよう」

と、安易に手を出してしまうのです。



その固定観念は、人間が勝手にそう思ってしまっているだけのことですが、
実は純正スピーカーが音が悪いと思われてる、本当の原因があるのです。



それは・・・

「心地良い音の響きを創り出す“スピーカーボックス”が無い」

って事です。



システムバランスが良い車の純正システムと、システムとして完成されたミニコンポと比較した時・・・

何かが違いますよね?



そうです!

「カーオーディオの純正システムには“スピーカーボックス”が無い」


ですね。



ここ一番重要な部分です。

純正スピーカーの音が悪いとされる、最大の原因です。




音の響きが創り出されるように、チューニングが施されたスピーカーボックスが無い状態の純正スピーカーでは、
本来の純正スピーカーのクオリティーを発揮出来ない環境にあるのです。

純正スピーカーのクオリティーでさえ発揮出来ない環境で、スピーカーユニットだけを交換したところで、
費用対効果が感じられるのでしょうか?

さらに、システムバランスまで崩れ、スピーカーユニットの固定方法も「付けばいい」
と言う感覚で取り付けた場合は、もっと最悪です。



「良い音」を求めるつもりが・・・

「音が変わった」だけになり・・・


酷い時には・・・


「音が悪くなった(涙)」

になる可能性もあります。

お金を出して悪い音を求める人なんていませんよね。




音って人によって聞こえ方が違うので、耳で聞く「良い音」に明確な正解も基準も無いのですが、
気持ちで感じる(聴く)「心地良く感じる音」は、ほとんどの人が同じような感覚を持っていると思います。


その「心地良く感じる音」を重視した施工法が・・・

アライブの「スーパーデッドニング」を基礎とした「スーパーシリーズ」です。


カーオーディオの純正システムに欠けている、「心地良い響きを創り出すスピーカーボックス」

それに値するのが「スーパーデッドニング」です。


純正スピーカーにスーパーデッドニングを施工することにより、システムバランスの取れた「ミニコンポ」と同じ状態になります。

この時点で純正スピーカーが活かされ、本来のサウンドを奏でる状態となります。





アライブでは、純正スピーカーのお客様には、まずスーパーデッドニングのみの施工をお勧めしています。

スピーカー交換と同時施工は一切お勧めしていません。

お客様がスピーカー交換の同時施工をお求めになっても、申し訳ないですがお断りしています。



なぜなら・・・


スピーカー交換と同時にスーパーデッドニングの施工をしてしまうと、
純粋なスーパーデッドニング効果が感じられないからです。

同時施工しても当然その効果も出ますし、音も良くなるのですが、それは施工側が解ってることであって、
初めて体感するお客様にとっては、その感覚が理解できません。


スピーカーユニットは目に見える商品であり価格も決まっていますので、
スピーカー自体の影響で音がよくなったことは理解できるでしょう。


しかし・・・

スーパーデッドニングは明確な商品ではない施工工賃です。
(一般のデッドニングにも言えることです)



もし、スピーカーと同時施工したとしたら・・・


「めっちゃ気持ち良い音になったけど、スーパーデッドニング効果ってどの部分?」

「ほんまはデッドニングしなくても、スピーカー替えたらこの音になったんじゃない?」



こんな現象が起こる可能性大です(汗)



純正スピーカーの状態で、もしくは現状のスピーカーの状態で物や調整機能は一切変えず、
スーパーデッドニングのみの施工をすることにより、純粋なスーパーデッドニング効果をより体感できますし、
なによりも重要なスピーカーボックスの基礎の部分を追加することになりますので、
純正スピーカーのクオリティーを100%活かすことが出来ます。



「えっ!?これってほんまに純正スピーカー!?」

「施工前は聞えんかった音が聞こえるようになってる!?」

「それに、長時間聴いてても聴き疲れせず、めっちゃ気持ちええ!」



皆さん口を揃えてこう言います(笑)



純正スピーカー、もしくは現状のスピーカーの状態で、スーパーデッドニングのみの効果を体感して頂くことで・・・

「カーオーディオはシステムバランスと、物を活かす為の施工法(環境)が重要」

だという事もご理解いただけます。


そして、純正スピーカーにスーパーデッドニングのみでも大満足していただけます。






・・・が、純正スピーカーのクオリティーはここまで(笑)。


純正スピーカーのユニット自体は基本的に安価な物で、
スピーカー特有の「音の表現力=音色」までは期待できません。

そこはやはり値段なりです(汗)


「もっと音の広がりが欲しいし、音の艶みたいなんが物足らないなぁ・・・」

そんな感じで欲が出て「音色」を求めるようになると、やはり次はスピーカーユニットのグレードアップとなります。








めっちゃ前置きが長くなりましたが・・・(笑)

このマークXのオーナー様も、まさしくそのパターンです。




では、本題の施工内容です。


今回チョイスさせて頂いたスピーカーは、これ・・・

MS6A





DLS MS6A


ナビヘッドの内臓アンプでも十分駆動でき、さらに将来的には外部アンプ駆動も想定し、このMS6Aをチョイス。

外部アンプ駆動した場合、スピーカーのクオリティーを向上する為だけでなく、
逆に、スピーカーが外部アンプのクオリティーをも発揮出来なければいけません。


システムのトータルバランスです。




IMG_8679









ヘッドユニットは、今回は純正ナビのままです。


今回チョイスしたMS6Aは、セパレートタイプのスピーカーです。

その為、ツィーターとミッドレンジスピーカーの音を分ける、
「パッシブネットワーク」という物が付属しています。

デッキからのスピーカー信号を、まずこのパッシブネットワークへ入力し、
そこから各スピーカーユニットへ信号を振り分けて行きます。


その為、それらを繋ぐスピーカーケーブルの交換も必要となります。


スピーカーやアンプ等のユニット間の信号を繋ぐのが、スピーカーケーブルの役目です。

とりあえずスピーカーケーブルを繋ぎさえすれば、信号が伝わり音が鳴ります。
純正システムなら、もともと車両についてるケーブルでOKです。


しかし、スピーカーユニットやアンプをグレードアップした場合、実はこのケーブルの質も重要となってきます。

スピーカーケーブルもそれぞれのユニットを活かす為の、立派なユニットの一部です。

スピーカーケーブルは車のカーペットの下に潜り込ましてしまうので、
施工が完成してしまうと姿を見ることが出来ないのですが、縁の下の力持ち的な存在です(笑)





まずはじめに、そのスピーカーケーブルの引廻し作業です。

IMG_8641









純正ナビを外し、シート下にパッシブネットワークを設置するのでシートを外します。
さらにカーペット下にケーブルを這わしていくので、カーペットも一部めくります。



IMG_8643









パッシブネットワークを設置する為のボードを製作。



IMG_8644









スピーカー端子を取付け、完成です。






続いて、「スーパーインナーバッフル」の製作です。


IMG_8639IMG_8640









内張りを外すと、前回施工済みの「スーパーデッドニング」が登場!

スーパーデッドニングは、スピーカーボックスの箱の響きを創り出す基礎の部分ですので、
基本的にはこの状態のままでOKです。
(最終的に音出しをし、必要な場合は若干の調整をします)



スーパーインナーバッフルは、取り付けるスピーカーと取り付ける車のドアにあわせて、
一つ一つその都度製作していきます。

スピーカーを固定するためのスペーサー的なバッフルではなく、
スピーカーユニットのクオリティーを最大限活かす為のバッフルです。




IMG_8647









ドアの内張りを取り付けても干渉しない、ギリギリ限界までの面積を確保したバッフルの形を決めます。




IMG_8648









カットして、ドアのインナーパネルと固定する鬼目ナットを埋める穴をあけ、角を削っていきます。




IMG_8649









バッフル裏側のスピーカーホール部分は、スピーカー裏から出る空気の流れをスムーズにするために、
角を落としアール状に加工します。

IMG_8651IMG_8650









要は、スピーカーユニットが本来の仕事をし易くする、環境(土台)作りです。





IMG_8652IMG_8653









バッフルの成型が完成すると、そのバッフル自体のチューニングです。

IMG_8654IMG_8655









バッフル自体の共鳴を止めるために、制振塗料「ダイポルギー」をしっかりと塗りこみます。




IMG_8658IMG_8657









ドアのインナーパネルに、ドア内部からステンレス製キャップボルトを使用し、インナーバッフルをしっかりと固定します。

バッフル周りの隙間にコーキングを注入。

スピーカーユニットを、コチラもキャップボルトを使用してしっかりと取り付けます。


IMG_8663IMG_8664









この時点で実際に音を出し、スーパーデッドニングを補正していきます。







続いて、「スーパーチューニング」です。

内張り自体に施工するチューニングメニューです。



ドア側にスーパーデッドニング、スーパーインナーバッフルの施工を施した時点で、
スピーカーとして完成したわけですが・・・

その状態で音を出すと、ドア全体が箱の響きとして振動します。

スピーカーとしてはそれで良いのですが、車のドアとしての本来の役目としては・・・

そんな状態では乗れませんよね(笑)


いくらカーオーディオの音がよくなったとしても、
車としての機能を損なうようでは、カーオーディオの在り方としてはどうかと思います。


車あってのカーオーディオですからね。


その車のドアとしての役目を果たすには、内張りを取り付けなければいけません。
内張りが付いてないとドアの開け閉めも困難ですし、窓の開閉も出来ません。



「じゃぁ、早く取り付けたらいいやん」


そうなんですが・・・


この内張りが音の邪魔をするのです。




現在の車の内張りの大半が、プラスチック系の素材で出来ています。

この内張りにドア側からのスピーカーの振動が伝わり、余計な音を発生してしまいます。

その余計な音が、純粋にスピーカーから出てくる音の邪魔をするのです。



それを防ぐ為に、内張り裏全面に・・・

IMG_8642IMG_8646









制振塗料「ダイポルギー」を何回かに分けて、しっかりと塗り込みます。



完璧に乾燥させた後・・・

IMG_8662









吸音材を部分的に種類を変えて、要所要所貼り付けます。

これにより、内張り自体の共鳴を止め、ドア側全面から発生する音を消す事が出来ます。

スピーカーユニットから出てくる本来の音を邪魔する音がなくなり、音飛びがよくなります。

結果、ドアのスピーカーの音が自然に車内全体に広がるようになり、
ドアから音が鳴っているはずなのに、車内の前面から音が鳴っているかのようになります。


また、ドアのスピーカーの存在感がなくなります。
運転席の前方に、スピーカーボックスを設置したような状態です。


ここまでしてやっとミニコンポのスピーカーと同じ状態になりました…ふぅ〜(汗)




でも、これで完成ではありません(笑)

そうです、ツィーターの設置が残っています。


ツィーターは小さいですが、立派なスピーカーです。

役目としては、高音域を再生する事が大きな役目ですが、音の広がりの空間や、
音楽の表現の音色を創り出す為の、なくてはならない重要な役割があります。


ツィーターには、音の信号がパッシブネットワークの回路を通ることによって、
中低音域の信号がいかないようになっています。

なので音を出しても“チキチキ”といった高音域しかなりません。

物によっては「音鳴ってる?」って思うくらい、小さい音しか出てないようにも感じます。

単体では頼りなさそうなツィーターですが、ドアのスピーカーとの音が絶妙に繋がった時・・・


本領発揮です!



しかし、小さいからといって闇雲に取り付けると、逆に邪魔な存在にもなります。

人間の耳は高音域のほうが聞き取りやすく、特にツィーターから出てくるような音の帯域には敏感です。

小さく鳴ってるようでも、ツィーターだけの音を長時間聞いてると疲れてきます。

しかも、高音域になるほど指向性が強くなり、取付ける位置と角度によっては・・・

ドアのスピーカーと分離して音が聞えてしまいます。


セパレートスピーカーの場合、ミッドバス、ツィーターとそれぞれスピーカーが分かれてはいますが、
役割分担されてるだけで最終的には、お互いの相乗効果でひとつの“音”にならなければいけません。


ミニコンポなどのスピーカーも、大半が同じようなセパレートタイプのスピーカーユニットになっています。
でも、音を出したときにはそれぞれ分離して聞えることはないですよね?

車のスピーカーもそれと同じ状態にならないとだめなのですが、ホーム用とは設置環境が全く違います。

なので、車は車なりの取付を考えていかないとだめですね。


アライブのスーパーシリーズの施工法は、そういった観点から考案した施工法です。
それに基づいて、音楽(音)のベースとなる低音域の箱の響きから順番に施工していきます。

音楽の構成も簡単に言えば低音域のベースラインが土台となって、
中高音域のメロディーラインがのることにより、ひとつの音楽が構成されています。

それがずれたりすると「なんか心地悪い」って感じてしまいます。




そんな感じで・・・(どんな感じや(笑))

最終段階、ツィーターの設置です。



まず、ツィーターの位置と角度を決めます。

IMG_8656









ツィーターを固定するリングを製作し、ピラーに穴を開け左右それぞれ角度を決め、固定します。



IMG_8659IMG_8660









リングの周りにパテを盛り、違和感のないように自然なラインを成型していきます。



IMG_8661









ピラーもプラスチック系の素材で出来ているので、共鳴を止めるためにダイポルギーをしっかりと塗り込みます。



IMG_8665









ピラー表面に、車の内装と違和感のないような生地を貼り付けます。
裏側には、車両側から発生する邪魔な音を消すために吸音材を装着。

ツィーター本来の仕事が出来る環境作りです。


最後に、「スーパーリング」です。

IMG_8666IMG_8667









ツィーターの周りに取付けるリングです。

これも一つ一つ手作りです。


装着するとこんな感じ・・・

IMG_8668IMG_8669









ツィーターの音を拡散する効果があります。
リングの外側に向かってテーパーの角度をつけてあり、ラッパの先のような感じです。

これでピラーの完成です。


車に装着するとこんな感じ・・・

IMG_8673









IMG_8670IMG_8671











これでシステムの構築から、そのシステムを活かす施工法(環境作り)が施された、
「カーオーディオシステム」の完成です。

本来のスピーカーの音が出るようになったので、今後のヘッドユニットのグレードアップや、
外部アンプへ変更した場合でも、それぞれの“物”の良さを明確に体感することが出来ます。



************************************************


では、このマークXのDLS MS6A施工後のサウンドを体感してみて下さい。
※ イコライザー等の音の調整機能は一切行わず、CDの素の状態の音源です。
※ フロントスピーカーのみのサウンドです。

※ 試聴する環境によっては解り難い場合もございます。ヘッドフォンで試聴して頂くと解りやすいです。


※ サウンドデモ 01 ※





※ サウンドデモ 02 ※





※ サウンドデモ 03 ※






※ サウンドデモ 04 ※





※ サウンドデモ 05 ※





※ サウンドデモ 06 ※





※ サウンドデモ 07 ※





※ サウンドデモ 08 ※





※ サウンドデモ 09 ※





※ サウンドデモ 10 ※





※ サウンドデモ 11 ※






施工のご予約は下記のフォームからどうぞ。