今週一週間はこの車に付きっきりでした。

DSC06512DSC06513
TOYOTA CROWN

もともとはスーパーデッドニングのみの施行でお申込み頂いていたのですが、お申込みの時点でスピーカー交換とデッドニングを既に施行済みということでしたので、現状の状況を確認するために一度ご来店頂きました。

他店等で既にデッドニングを施行済みの場合は、施行済みのデッドニングを全て剥がしてからスーパーデッドニングの施工を行います。
その場合剥がし代金が別途必要となってしまうのですが、ベッタリと制振剤を貼るようなデッドニングを施していると剥がす作業にかなり時間を要しますので、施行済みのデッドニングの程度によって金額が変わってきます。

今回はスピーカーを交換済みでしたので内張りを外す前に現状の音の確認をしました。

すると右のスピーカーから音楽とは別になにやら『バリバリ、ガサガサ』という異音が聞こえてきます(汗)
嫌な予感を抱きつつ内張りを外してみると・・・

予感的中!!
スピーカーが壊れていました(汗)

この状態でスーパーデッドニングを施したところで施工する意味がありませんので、オーナー様と相談した結果スピーカーも交換することとなりました。


交換するスピーカーはアライブ定番の・・・

DSC06514DSC06515
DLS RS6.2

内蔵アンプ駆動でのシステムバランスを考慮したチョイスです。

もちろん「スーパーインナーバッフル」を制作し、スピーカーユニットのクオリティーを100%活かす取り付けを行います。

DSC06517DSC06518
クラウンの純正アンプはトランク内右下に装着されています。

DSC06524DSC06525
DSC06526
純正アンプの側にRS6.2のパッシブネットワークを設置し、パッシブネットワークからフロントドアスピーカー、ツィーターへスピーカーケーブルを新たに引き込んで接続します。
サウンドシャキットはもともと装着済みでしたので敢えてこのシステムでの設置です。

DSC06527DSC06528
施行済みのデッドニングを全て剥がし、ドア内部を丁寧に脱脂処理。
アウターパネル裏にベース音の余韻を奏でるようなポイントに制振材を貼付けしっかりと押さえていきます。

DSC06532DSC06533
スピーカー裏から出る音の反射を防ぐためにアクワイエ吸音材を貼り付けます。

スーパーデッドニング作業は一旦ここで中断し、スーパーインナーバッフルの制作にとりかかります。
この赤いインナーバッフルはもともと装着されていたアルパインのインナーバッフルです。
もちろんこのインナーバッフルは使用しません。
スーパーインナーバッフルは取り付けるスピーカーとドアに合わせて一から制作していきます。

DSC06534DSC06535
内張り内に収まる範囲内でバッフル面を出来るだけ大きく取れる形状で制作します。

DSC06536DSC06538
純正スピーカー位置を基準に固定位置を決めます。
スーパーインナーバッフルをしっかりと固定するためにボルトで固定するのですが、新たに開けるボルト穴の位置を決めます。

DSC06547DSC06548
DSC06549
スーパーインナーバッフルの角を丸く加工し、スピーカー穴裏面はスピーカー裏の背圧がスムーズに抜けるようにラッパ状に加工します。
スピーカーをボルトで固定する為の鬼目ナットを埋め込む穴を開けます。

DSC06550DSC06551
DSC06552DSC06553
制振塗料『ダイポルギー』を何回かに分けて塗りこみます。
バッフル自体の余計な共鳴音を消す目的で防水効果もあります。

DSC06554
DSC06555DSC06556
各穴に鬼目ナットを埋込みスーパーインナーバッフルの完成です。


DSC06539DSC06540
スーパーインナーバッフルのスピーカー穴裏をラッパ状に広げたので、その直径に合わせてドア側のスピーカー穴の直径を広げます。
赤斜線部分をカットします。

DSC06541
カットする際に鉄粉がドア内部や車両側に飛び散らないようにしっかりと養生しておきます。

DSC06544DSC06542DSC06543
カット面のバリを取り、更に手で触っても切れない程度までペーパーで削ります。

DSC06545DSC06546
錆止めの為の塗装もしっかりと行います。

DSC06557DSC06558
DSC06559DSC06560
スーパーインナーバッフルをステンレスキャップボルトを使用してしっかりとドアに固定します。

DSC06561DSC06563
スーパーインナーバッフル内部にはコーキング処理を施し防水効果を高めます。
これでスーパーインナーバッフルがドアに一体化されました。
この接合部分が曖昧な固定だと取り付けるスピーカーユニットのコーン紙の動きが半減し、結果出る音のクオリティーも半減してしまいます。

DSC06565DSC06566
スピーカーユニットも同じくステンレスキャップボルトでしっかりと固定します。

この時点で音出しが可能ですので、ある程度の音量で数時間鳴らしっぱなしにしてエージングを行います。

その間に次の工程へ。

DSC06567
ツィーターピラー埋込加工です。

DSC06568DSC06569
ピラーへ埋め込む土台のリングを制作します。

DSC06572DSC06571
DSC06574DSC06573
最適な位置と角度に合わせてリングを固定します。
左右の角度は車室内の環境に応じて個々に決めています。

DSC06575DSC06577
DSC06579DSC06580
パテを盛って整形していきます。

DSC06581DSC06582
制振塗料『ダイポルギー』を塗りこみツィーターの音に悪影響を及ぼす余計な共鳴音を防ぎます。

DSC06585DSC06586
今回はもともと純正で貼り付けられていた生地を再利用しました。
ピラー裏には吸音材を貼り付けます。

DSC06589DSC06590
ツィーターを装着。

DSC06583DSC06584
DSC06591DSC06592
ツィーター周りに装着する『スーパーリング』を制作。

DSC06593DSC06594
スーパーリングを装着して完成です。


ここからスーパーデッドニングの続きです。

DSC06595DSC06596
サービスホールをゴム質の制振剤を利用して塞ぎます。
実際に音楽を鳴らしスピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を、音楽全体のバランスを整えるような感じで制振剤を利用しドアの振動をコントロールしていき完成です。

DSC06602DSC06600
DSC06603DSC06601
DSC06604

以上で全て完成です。