今日の作業は引き続きX-TRAILです。

DSC07675
アンプ用の電源&アースケーブルをバッテリーから直で室内へ引込みます。

DSC07676DSC07677
エンジンルームから車室内へ引き込む場所が奥の方にあって、バッテリーやらエアインテークやら何やらかんやら外してやっとお目見えできます(汗)

DSC07680DSC07678
電源用、アース用共引込みました。
引き込んで終わりではなくここからかなり重要作業です。

バッテリーのプラスから直で繋ぐケーブルなのでよく考えて取り回しをしないと大変な事になります。
エンジンルーム内は高熱になる部分も沢山あります。
万が一そんな所にケーブルが触れて被覆が溶け配線がボディーに接地でもすれば瞬く間に炎上です!!

そんな事にならないようにバッテリーのプラス端子直後にヒューズを必ず設置します。
ヒューズを設置してるから配線の取り回しは適当で・・・なんて事はありえません。

DSC07686DSC07687
ケーブルにはコルゲートチューブを巻いて余計な所に干渉しないようにしっかりと固定していきます。

DSC07688DSC07689
ヒューズホルダーは整備性を考慮した場所へ設置します。

DSC07690DSC07691
DSC07692DSC07693
全て元通りにしてエンジンルーム内は完成です。

ヒューズホルダーやケーブルは勝手に外れないようにしっかりと固定します。
この部分は音の良し悪しではなく安全面に関わることですので特に慎重に作業するべきですね。

アンプ取付なんて簡単簡単って、確かに取り付けること自体はそんなに難しくないけどそんな感覚で取付けた車輌に限って、エンジンルーム内の配線の取り回しやヒューズホルダーの設置がめっちゃ適当!!

そんな車輌を今までに何台も見てきました。
昔、某ディーラーで取付けたアンプなんて助手席下へ置いてあるだけで電源線も固定されて無く、シートを前後するといつシートレールに挟んでもおかしくないような状況・・・

まさかと思い電源線を辿って行くと、ヒューズが付いていませんでした(汗)
もちろんご本人はそんな状況になっていることも知らず、『ディーラーで付けてもらったから大丈夫だと思ってた』そうです。
大炎上になる前に発覚してよかったです。

餅は餅屋ですね。

おっと、もうこんな時間!!
続き頑張ってきます!!
カテゴリ
タグ