先日スーパーデッドニングの施行をさせて頂いたルノー・カングーのオーナー様より、早速施工後のご感想メールを頂きましたのでご紹介いたします。

DSC07722DSC07723
それと実はこちらのオーナー様は凄腕ベーシストさんです。
インディーズバンドで活躍されていてYOUTUBEのライブ映像を見たのですが、めっちゃ格好良いです♪
そのYOUTUBEもご紹介いたします。

日頃から、音楽を聴く上で心地よく感じる為には『ベース音』が重要だという事を根底に音創りをしています。
アライブサウンドの基礎作りでもあるスーパーデッドニングは、その重要なベース音の余韻を作り出すようにドアの響きをコントロールして施工します。

今回は音楽にとって重要なベース音を実際にベースで演奏されている方にアライブサウンドの音創りの拘りを共感して頂けて、今まで信念を持ってブレること無く独自の音創りを追求しスーパーデッドニングを施工し続けてきて本当に良かったと感無量でございます。


ではまず施行内容のご紹介。

DSC07726
ヘッドはパナソニックのナビです。

DSC07727DSC07728
DSC07729DSC07730
スピーカーは純正。

DSC07734
スピーカーと白いカバーを外し、ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC07735DSC07736
アウターパネルの響きがベース音の余韻を奏でるように、制振材を利用して響きをコントロールします。

DSC07739
スピーカーの背圧が当たる部分に吸音材を貼り付け反射音を防ぎます。

DSC07742DSC07743
スピーカーの背圧の音が抜ける穴が半分塞がっている状態です(汗)
しかもウィンドウレールが真後ろにあって余計に穴が小さくなってます。

この部分を改善したいところですが純正スピーカーの状態ではどうしようもないので、今後スピーカーを交換する機会があればその時に対策を考えましょう。

DSC07745
スピーカー側から見るとこんな状態です。

DSC07746DSC07747
応急的に別の吸音材を貼り付けて対処します。
これだけでもかなり効果的です。

DSC07744DSC07748
ゴム質の制振材をサービスホールの穴に合わせてカットし、サービスホールに貼り付けて穴を塞ぎます。
スピーカーを取付け音楽を鳴らします。

DSC07749
スピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を手の甲で触れながら感じとり、音楽全体のバランスを整えるポイントを探り制振材を利用してインナーパネルの響きをコントロールしていき完成です。


ではオーナー様からの施工後のご感想メールをご覧下さい。

------------------------------------------------------------------------
アライブ 原田様。
こんばんは、〇〇です。
 
本日は遅くまでありがとうございました。
 
途中ですが堺までAC/DCを快調に聴きながら帰ってまいりました。
ベースも響きすぎず音程感がありつつ良く響きますし、シンバルや歪みギターも耳に刺さらず綺麗に聴こえます。
ボーカルも近くに聴こえるような錯覚があります。
 
純正のあのスピーカーのフロントだけで鳴ってるようには到底聴こえません!
試しにイコライザーをいじってみたらいじったぶんだけきっちり変化します。
 
すいません、遠からずスピーカーにも手を出してしまいそうです(汗)
その際はまたよろしくお願いします!
 
改めて本日はお世話になりどうもありがとうございました!
------------------------------------------------------------------------

こちらこそありがとうございました。


そして、オーナー様のライブ映像です!!
念のためですが、ベースを弾いているのがオーナー様です。
3曲ありますが3曲目だけ違うバンドだそうです。