DSC04668DSC04669
昨年の5月に、フロントドアのスーパーデッドニングを施工させて頂いたゴルフ7のオーナー様からのご感想メールのご紹介です。

その前に施工内容の詳細です。

DSC04670
大阪よりお越し頂きました。

DSC04671
オーディオは全て純正です。

DSC04674DSC04675
DSC04676
スピーカーも純正です。

DSC04677DSC04678
ゴルフ7の純正スピーカーはリベットで留めてあるので、まずはこのリベットをドリルでもんで外します。
その際に削りかすが室内等に飛び散らないように養生しておきます。

DSC04679DSC04682
DSC04680DSC04683
ドア内部を丁寧に脱脂処理した後、アウターパネル裏のポイント部分に制振材を貼付け、ヘラでしっかりと押さえていきます。

スーパーデッドニングではアウターパネルの響きを制振材を利用してコントロールし、音楽を聴く上で心地よく感じるために重要な『ベース音の心地よい響き』を奏でるように調整しています。
その響きを作り出すポイントに制振材を貼っていきます。

スーパーデッドニングは、『取り敢えず制振材を貼ってその結果変化した音』を提供しているのではありません。

『いつまでも聴いていたくなる心地よく感じる音=アライブサウンド』という明確な目指す音があり、その音を奏でるようにドアの響きをコントロールしてアライブサウンドを作り出しています。
一見何も考えずに適当に貼っているような制振材の貼り位置ですが、アライブサウンドを作り出した結果の貼り位置なのです。

「制振材を貼ったらこんな音ができました!どうぞ!!」という感じで変化した結果の音を提供しているのではなく、アライブサウンドを提供しているのです。
アライブサウンドを目指して施工していきますので、どんな車種でもどんなシステムでも本質の『いつまでも聴いていたくなる音』がブレること無く出来上がります。



DSC04684DSC04685
DSC04686
スピーカー裏の背圧があたる部分にアクワイエ吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。

DSC04689
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らし、スピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を手の甲で触れて探り、音楽全体のバランスを整えるような感じで制振材を利用して響きをコントロールしていきます。
これにより余計な響きで埋もれていた音が聞き取れるようになり、逆に無駄に突出していた音が本来の音になり全体的に聴きやすいサウンドになります。

DSC04691DSC04690
以上で完成です。

ここでの制振材の貼り位置もアライブサウンドの響きを作り出した結果の貼り位置です。
ですので左右で貼ってる位置が違います。
また他のゴルフ7の記事をご覧になって比べて頂ければわかりますが、同じゴルフ7でも貼っている位置が違います。

制振材を貼ってる位置は違いますが出てくる音は全て同じ『アライブサウンド』です!!


ではオーナー様からのご感想を御覧下さい。

**************************************************************
原田様

5月6日にゴルフ7でお世話になった〇〇です。
長時間の作業、ありがとうございました。

作業完了後の試聴の時は「あまり大きな音で聞いても迷惑かなぁ…」と思い、ちょっと試聴しただけで「ベースラインが綺麗に聞こえるなぁ〜」ぐらいの感想でしたが、帰りに音量を上げたところびっくりでした!!

もやもやとしていた音の輪郭がくっきりしました!!
調整はフラットなのに、低音が十分出ています!!

帰りの車の中では色々な曲を試したくて、とっかえひっかえ聞いていましたが、ゲイリームーアのギターが最高でした!
ゲイリームーアのバラードやキャッチーなロックが好きで、いつもはブルース系の曲は退屈で飛ばしていたのですが、ギターの音が最高で飛ばせません(笑)

毎日、車に乗るのが楽しみです!!

これで十分満足なのですが、頭の中は既にリアドアのデッドニングがよぎっています(笑)

たぶんまたお世話になると思います(笑)
その時は、宜しくお願い致します!!
**************************************************************

ありがとうございました。


で、それからちょうど1年後・・・

公約通りスーパーリアデッドニングの施工でお越し頂きました(笑)

ついでにスーパーリアデッドニングの施工詳細です。

DSC09448DSC09449
1年後の変化、アルミホイールが変わっていました(笑)

DSC09453DSC09454
DSC09455
施工工程はフロントドアと全く同じです。

DSC09460DSC09461
DSC09462DSC09463

DSC09464DSC09465
アウターパネル裏への施工もフロントドアと同じ要領です。

DSC09469DSC09471
アクワイエ吸音材。

DSC09473DSC09472
ここから音出しです。

DSC09474DSC09475
はいっ!!完成!!

DSC09476
最後に、どの座席に座っても前後スピーカーの音の繋がりが良く違和感のない音になる位置に、前後バランスを調整して完成です。
タグ