DSC04152DSC04153
昨日は一昨日から1泊2日でゴルフ7が入庫していました。

DSC04154
和歌山県よりお越し頂いておりました。

こちらのオーナー様は、今年の7月にゴルフ7定番メニューの『GLADENスピーカー&スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』をさせて頂いたばかりなのですが、今回早くも次のステップアップのお申込みを頂きました。

DSC04156DSC04157
アライブの定番パワーアンプ『モスコニ』の取付けです。
MADE IN ITALYです!!

モスコニアンプのラインナップの中で一番リーズナブルな『ONE 60.4』をチョイス。

DSC04160DSC04162
助手席下へ設置するのでサイズに制限があるのですが、予想以上にジャストサイズでした!!


DSC04155
オーディオ本体は純正のままなので外部アンプ出力端子がありません。
しかし最近のパワーアンプは純正デッキとの接続を前提として設計されています。
もちろんこの『ONE 60.4』も純正デッキ対応となっています。


接続方法は純正内蔵アンプのスピーカー出力からモスコニアンプへ接続します。

DSC04161DSC04174
ゴルフ7の内蔵アンプはグローブBOX内のCDデッキに内蔵されていますのでCDデッキを外します。


パワーアンプを設置するためには電源ケーブル、スピーカーケーブル等の各ケーブル類を引き廻す必要があります。

DSC04171DSC04172
その作業をするためにまずは助手席や内装パネル類を外します。


パワーアンプは大きな電源が必要ですので必ずバッテリーから直接電源を入力します。
またアースもバッテリーまで戻します。

DSC04163DSC04164
バッテリーを外します。

DSC04165DSC04166
バッテリーを外すとその奥にエンジンルームから室内へと通じるゴムパッキンがあります。
そこに穴を開けて電源ケーブルを通します。

DSC04179DSC04180
電源用、アース用の2本通します。

DSC04181DSC04182
電源ケーブルをコルゲートチューブで覆います。

DSC04187DSC04189
バッテリーのプラス端子直後にヒューズホルダーを取付けます。
ヒューズホルダーを固定するための土台をステーで作ります。

DSC04209DSC04210
エンジンルーム内のバッテリー交換等のメンテナンス時に支障が出ない場所に確実に固定します。
車の振動で外れたりすると重大事故や車両火災につながるので、設置場所と固定方法は要注意です。


続いて内蔵アンプのスピーカー出力とモスコニアンプを接続するためのスピーカーケーブルの加工です。

DSC04175DSC04176
CDデッキから出ているフロント左右、リア左右の4組のスピーカーケーブルをそれぞれ途中でカットします。

DSC04186DSC04183
CDデッキからモスコニアンプへのスピーカーケーブルと、モスコニアンプからカットした先の純正スピーカーケーブルへのスピーカーケーブルをそれぞれ引き廻します。
カーペット下から通していきます。

DSC04185
電源ケーブルもカーペット下から通していきます。

DSC04190DSC04191
CDデッキからモスコニアンプへのスピーカーケーブルを半田付けで確実に接続します。

DSC04192DSC04193
モスコニアンプから純正スピーカーケーブルへも同様に接続しテーピングして束ねます。

CDデッキからモスコニアンプへの接続はRCA端子なので、スピーカーケーブルの先端にRCAプラグを取付けます。

DSC04194DSC04195
RCAプラグのプラスとマイナスの端子それぞれにスピーカーケーブルを半田付けで取り付けるのですが、プラスとマイナスの端子間のクリアランスが狭いので非常にやりにくいです(汗)
特に最近は目が見えにくくなってきたのでこんな細かい作業は辛いです(汗)


続いてアンプ設置のためのボードを製作。

DSC04196DSC04198
放熱と共振対策として下駄を履かせてアンプを固定します。

DSC04199DSC04200
DSC04201DSC04202
アンプボードには鬼目ナットを埋め込んであるのでボルトで確実に固定します。

アンプに各ケーブルを繋げば取り敢えず音は出ますが、この様な固定方法次第でこのアンプのクオリティーを発揮できるかどうかに関わってきます。

DSC04203DSC04204

この様な細かな施工方法一つ一つの積み重ねが最終的な音色の良し悪しに影響してくるのです。

DSC04206DSC04207
アンプに各ケーブルを接続します。

DSC04211DSC04214
シートを取り付けます。
絶妙なクリアランスです!!

音出しチェックをして問題なければ最終段階の『ゲイン調整』を行います。

DSC04215
デッキのフェダーはセンター位置にします。
パワーアンプのフロント、リアそれぞれのゲイン調整で前後バランスのセッティングを行います。

DSC04217
純正デッキのボリュームとパワーアンプのゲインをそれぞれのバランスの良いところに合わしていくのですが、このセッティングが非常に奥が深いのです。

言葉では表現しにくいのですが、色々なジャンルの音源を再生しながら心地よく感じるポイントにセッティングしていきます。
セッティングしていくうちに心地よすぎて眠たくなる瞬間があります。
正しくその瞬間がそのポイントでアライブサウンドなのです。



パワーアンプは大きい音を出すための物ではありません。
スピーカーユニットを音楽信号通りに制御して音の立体感や音楽の表現力を再現する事が本来の役割です。
内蔵アンプでは再現できないサウンドを体感できます。

ただし、確実な取付けと本物のゲイン調整が出来てこその話ですけどね。



ゴルフ7のGLADENスピーカーをモスコニアンプで鳴らすのはお初でしたが、やはりいいもんですねぇ〜
GLADENスピーカーが更に熟成された感じですね。


ゴルフ7の新たな定番メニューとなりそうです(笑)
タグ