一昨年の5月に施工させて頂いた、スイフトスポーツのオーナー様からの施工後のご感想メールのご紹介です。

まずは施工内容の詳細を御覧下さい。


DSC04814DSC04815
施行内容は『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

DSC04816
和歌山県よりお越し頂いておりました。


DSC04817
DIATONEのナビです。

DSC04818
フロントドアの内張りを外します。

DSC04822DSC04821
フロントスピーカーもDIATONEに交換済みでした。
しかしスピーカーを交換するのは良いのですが、よく見るとスピーカーがビス2本でしか固定されていません(汗)

使用しているインナーバッフルがcarrozzeriaの『高音質インナーバッフル・ハイグレードパッケージ』で、素材がアルミダイキャストでスピーカーを取り付ける穴に予めネジが切ってあります。
さすが高音質インナーバッフルだけあってボルトでしっかりと固定できる構造になっています。

・・・が、ネジ穴の位置が決まっているのでこれにピッタリ合うスピーカーも限られてきます。
当然carrozzeriaのスピーカーに合うように設計されています。

これにDIATONEのスピーカーを無理矢理取り付けているので、6箇所の固定穴のうち2箇所しかネジ穴が合わないのです。

これでは高音質インナーバッフルを使う意味無いですし、DIATONEスピーカーのクオリティーも全く活かされません。

これって、カーオーディオの音を良くしようとする上で一番やってはいけないことの実例ですね。

カーオーディオは『とにかく良い物に交換すれば良い音がするのだ』という考えでは良い音にはなりません!!

『その物を活かすための意味のある施行が出来ているかどうか』が重要なのです!!


それとドア側にはなんかゴミを貼り付けてるような施工が施してあるのですが、これは一体何なんでしょう!?
デッドニングのつもりなんでしょうか?
それとも施工者のこだわりで何か意味があってゴミを貼ってるのでしょうか???

これはゴミではなく、使用しているcarrozzeriaの『高音質インナーバッフル・ハイグレードパッケージ』に同梱されている吸音材等のチューニングパーツです(笑)
でもスピーカーの右サイドに貼ってある3つの穴が空いた物体は明らかにゴミです(汗)

この状態だと使用しているパーツは『ハイグレード』ですが、出来上がる音は『ローグレード』ですね(汗)



更にスピーカーを外すとこんな状態・・・

DSC04823DSC04825
スピーカーケーブルの被覆をむいてそのままネジ止めでした(汗)
プラス・マイナスも逆に繋いでありました。

DSC04824DSC04826
DSC04828DSC04829
さらにドア内部からスピーカーに付属のネットワークが!!
雨水でショートでもしたらスピーカーの破損、もしくは内臓アンプの破損につながります。
しかもスピーカーケーブルが長いままでぐちゃぐちゃに束ねられたものも出てきた!!

もう最悪です!!(汗)

こんなことするのならはっきり言って純正スピーカーのほうが絶対に良い音します!!


もちろんこのまま放ってはおけませんので、後で全て修正して取付けます。

DSC04830DSC04839
ゴミのようなものは全て綺麗に剥がしてドア内部共々脱脂処理。

DSC04819DSC04831
DSC04832DSC04840
リアドアは純正スピーカーです。
物自体は安価な物ですがきっちりと確実にドアに固定されています。

要は純正クオリティーを活かす為の確実な取付けがされているということです。
まともな音を出すためにはこれが大事なのです!!

リアドアも丁寧に脱脂処理をします。


DSC04841DSC04842
DSC04843DSC04844
まずはアウターパネルの響きを、ベース音の心地よい余韻が奏でるように制振材を貼り付けながらコントロールしていきます。

貼り付けるポイントは指先でドア内部からアウターパネルを叩き、指先に伝わってくる鉄板の響きを感じ取って探っていきます。
この感覚は多種多様の何百台という車種の施工の経験から掴みとった感覚ですので、他の誰にも真似は出来ないのです。


DSC04847DSC04848
DSC04849DSC04850
リアドアも同様に貼り付けしっかりと押さえつけていきます。

DSC04852
続いてオーディオテクニカのアクワイエ吸音材をスピーカー裏の背圧があたる部分に貼り付けます。

DSC04853DSC04854
DSC04855DSC04856
貼り付ける部分に予めボンドを塗り、粘着を強化してから貼り付けます。

DSC04859DSC04862
続いてサービスホールを塞ぐためのカバーを、ゴム質の制振材を利用してサービスホールの形状に合わせて切り出します。

DSC04857DSC04858
DSC04860DSC04861
サービスホールの縁にボンドを塗り粘着を強化しておきます。

DSC04864DSC04865
ヒートガンで暖めながら太鼓の皮を張るように確実に貼り付けます。

DSC04863
スピーカーケーブルにY端子を取付けて確実にスピーカーに接続します。
同時にネットワークもドアの外に出して配線もきっちりと整理して修正しました。

DSC04868DSC04866
DSC04869DSC04867
実際に音楽を鳴らしてスピーカーからドアのインナーパネルに伝わる振動を、制振材を利用して音楽全体のバランスが整うように響きを調整していきます。

DSC04871
最後にナビの前後バランスで、どこに座ってもバランスの良い音になる所に調整して完成です。



ではオーナー様からのご感想メールをご紹介いたします。

*****************************************************
先日は、長い時間有り難うございました。

スーパーデッドニング最高です!!

音の厚み?立体感!?
何と表現すれば良いか難しいですが、音が気持ちいい!!
仕事終わりに一時間、ドライブするのが日課になっています。
本当にありがとうございました!!

あと、フロントのスピーカーなんですが何となく気になっています(笑)
どうにも我慢ができなくなってしまったら、その時は、よろしくお願いします(^^)v

*****************************************************

遠い所お越し頂きありがとうございました。