DSC01654DSC01655
デリカD5のオーナー様よりスーパーデッドニング施工後のご感想メールをいただきましたのでご紹介いたします。

と、その前に施工内容の詳細をご覧下さい。


DSC01657
ヘッドユニットはアルパインのナビです。


DSC01659DSC01658
DSC01666DSC01660
DSC01667DSC01661
DSC01665DSC01664
DSC01668DSC01670
スピーカーは全て純正です。


DSC01680DSC01675
ドア内部とインナーパネル部分を丁寧に脱脂処理します。

DSC01679DSC01678
DSC01677DSC01676
車が新しいのでドア内部の汚れは少ないですが、ドア内部の下の方には防錆剤が吹き付けてあり制振材を貼り付ける部分にまでかかっている場合があります。

防錆剤が付いた状態のまま制振材を貼り付けてもすぐに剥がれてしまいます。

後々剥がれてしまうようでは施工する意味がありません!!

脱脂処理という作業は地味で単純な誰でも出来そうな工程なので結構適当にあしらわれそうですが、実は非常に重要な工程です。
この工程を適当にやってしまうと全て後の工程に響いてきますので、絶対に手を抜くことは出来ません!!

上っ面だけ良くてもいずれ化けの皮が剥がれます。
何事も下地(基礎)作りが重要ですね。



下地処理が終わるとドアのアウターパネルの鉄板の響きをコントロールする工程に入ります。

スーパーデッドニングではアウターパネルの響きがベース音の余韻を奏でるようにコントロールしていきます。

どんなジャンルでも「ベース」の音(ベースライン)が必ずあります。

ベースはギターやヴォーカルなどのメインのメロディーを奏でる楽器とは違い、低い音域なので耳で直接聴き取れるという感じではありません。
また普通に音楽を聴く姿勢では歌を聴いていますので余計に目立たない存在でもあります。
しかし音楽を聴いていて「良い曲だなぁ、良い歌だなぁ、」と心地よく感じるためには無くてはならない存在なのです。

と言っても、ただ低音(ベース)が鳴っていれば心地よく感じれるかというとそうではないんですね。
心地良く感じる『響き(余韻)』が出ているかどうかです。

スーパーデッドニングではその『ベース音の響き』をドアのアウターパネルで制振材を利用して作り出します。


DSC01675
指先でアウターパネルを叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC01682
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から適度な大きさのものを選んで貼り付けていきます。

DSC01683DSC01684
DSC01685DSC01687
叩いてはポイントを探り、制振材を貼付け、しっかりと押さえつけ、を繰り返していき響きをコントロールしていきます。
ただ貼ればいいのではなく『しっかりと押さえつける』事も重要なポイントです。


DSC01694
お次はスピーカーの背圧の反射音を防ぐ為の吸音材を貼り付けます。

DSC01695DSC01701
粉塵や雨水などで後々剥がれてしまうことを想定して、貼り付ける面には粘着を強化するために耐熱性のボンドを塗っておきます。



つづいてサービスホールを塞ぎます。

DSC01696DSC01700
ゴム質の制振材を各サービスホールの大きさにカットします。
サービスホールの縁(貼り代部分)にもボンドを塗っておきます。

DSC01703DSC01704
DSC01705DSC01706
ヒートガンで暖めながら制振材を柔らかくし、太鼓の皮を張るような感じでしっかりと貼り付けていきます。
材質がゴム質なので貼った後は程よい弾力があり太鼓の皮のようになります。



ここからスピーカーを取り付けて実際に音楽を鳴らし、音楽全体のバランスを整えていく工程となります。
この工程も制振材を利用してインナーパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC01710
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルへ伝わっていきます。
手の甲で触れて響きを感じ取り制振材を貼るポイントを探ります。


DSC01682DSC01708
ポイントが決まると適度な大きさの制振材を選び貼り付けます。

DSC01709
ヘラで叩き潰すような感じでしっかりと押さえつけていきます。

DSC01710DSC01711
また次のポイントを探り制振材を貼付けしっかりと押さえつけます。

DSC01713
この動作を繰り返していきます。


DSC01726DSC01723
これで完成です。

DSC01724DSC01725
DSC01728DSC01727
内張りを止めるクリップが入る穴にはフェルト状のテープを貼りクリップの密着をよくします。
ビビリ音の防止にもなります。


DSC01731DSC01732
DSC01729DSC01730
基本的にナビの音質調整機能は全てOFFもしくはフラットでOKです。

ただ今回はリアスピーカーの音も多少鳴らした方が車室内全体のバランスが良かったので、レベル調整機能のみ使用しました。

この辺りは施工完成後の音を聴き、アライブの音創りのコンセプトである『いつまでも聴いていたくなる心地良いサウンド』になるように、現状での使える機能は使って臨機応変に対応しています。



ではオーナー様からのご感想メールをご紹介いたします。

*************************************************
alive代表 原田様

お世話になっております。
この度、デリカD5のスーパーデッドニング施工を依頼させていただいた〇〇です。

自分の耳に自信はありませんでしたが、
あまりの音質の変化に完成後の試聴の段階で、
既に時間を忘れるほど聞き入ってしまいました。
 
まさに、「え、これほんまに純正スピーカー!?」でした。

施工説明においても、実際の施工写真や映像で細かく説明いただき、
さらに音響についての理念や哲学まで語っていただき、
至れり尽くせりで大変勉強になりました。

帰りの道のりでも、いつの間にか今まで上げたことのない音量で音楽を聞き入っている自分に驚き、
改めて感動致しました。
 
メインの音は真ん中から聞こえてくるし、
明らかにヴォーカルの高音が鋭くなってるし、
右手、右足にはもはや完全にスピーカーと化したドアからの心地よい響き。。。

自分の車はディーゼルエンジンの為、「騒音が邪魔をするのでは?」
と、心配していましたが。。。無用でした。

aliveさんにお願いして本当に正解でした。
ありがとうございました。

*************************************************

こちらこそありがとうございました。


ちなみに以上の内容のスーパーデッドニングの施工時間は約6時間ほど頂いております。
午前中(10時開店)お越し頂きますと、施工開始時刻にもよりますが18時頃のお引渡しとなります。

価格の方は、64,800円(税込)です。

金額だけ見れば「高っ!!」と思う方もいらっしゃるかとは思いますが、一般的なデッドニングとは根本的な考え方が違います。

スーパーデッドニングの施工の目的、効果、その根拠については、
『スーパーデッドニングって何?』
『アライブの音創りへのこだわり』
をご覧になって頂いて高いか安いかを判断していただければ幸いです。

施工ご予約のお申し込みは下のお申込ボタンからお願い致します。