本日はリピーターのお客様です。

DSC07360DSC07361
先月、フロントドアのスーパーデッドニングを施工させて頂いたクラウンアスリート。

早くも次のステップアップの『スーパーリアデッドニング』施行です!!


DSC07364
前回同様、大阪ナンバーですが鳥取県米子市よりお越し頂いております(笑)

そしてオーナー様は今回もスーパー銭湯『龍の湯』へくつろぎに行かれました(笑)
ここは露天風呂から明石海峡大橋を望める抜群のロケーションで、2階のくつろぎスペースからも絶景で1日のんびりと過ごせますよ。
遠方からお越しの方には是非おすすめです!!





DSC07362
オーディオは純正です。


DSC07366DSC07365
DSC07372DSC07370
DSC07373DSC07371
スピーカーはフロント同様、ケンウッドに交換済みです。


DSC07374DSC07375
DSC07376DSC07377
まずはビニールを剥がします。

そしてドア内部の脱脂処理をするのですが、純正のケーブル類が作業の邪魔になるので作業がしやすいように外します。


DSC07378DSC07379
脱脂処理前です。
写真ではわかりにくいですが実際は結構汚れています。

DSC07384DSC07385
脱脂処理後です。
綺麗になりました!!


DSC07381DSC07388
アウターパネル裏に制振材を貼り付けながら鉄板の響きをコントロールしていきます。

DSC07389DSC07390
DSC07392DSC07394
貼り付けるポイントは指先でアウターパネル裏をコンコンと叩きながら探っていきます。
指先に伝わる響きの感覚で判断しています。

DSC07395DSC07396
DSC07399DSC07397
右側も同様に施工していきます。


DSC07400
スピーカー裏の背圧があたる部分に吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。

DSC07401DSC07402
DSC07403DSC07404
粘着を強化するためにボンドを吹き付けてから貼り付けます。


DSC07405
お次はサービスホールを塞ぎます。
ゴム質の制振材をサービスホールの穴の形状にカットします。


DSC07407DSC07406
サービスホールの縁にも粘着を強化するためのボンドを吹き付けておきます。


と、こんな感じで引き続き後半戦行ってきます!!