DSC01703DSC01700
デリカD5のスーパーデッドニング施工完了です!!

施工工程最終段階の動画と施工後の音源を撮影してみましたのでご覧ください。

DSC01689DSC01694
サービスホールを塞いだ後、スピーカーを取り付けて音楽を鳴らします。
スピーカーからインナーパネルに伝わる響きを感じ取りながら制振材を貼り付けしっかりと押さえ付けます。
これを繰り返してインナーパネルの響きを整えていきます。



響きを整えることによって埋もれていた音を蘇らせ、逆に出過ぎていた音を引っ込めることが出来ます。

試しに左右のドアで施工前後の音源を収録してみました。
右ドアが響きを整えた後の音です。
左ドアが響きを整える前の音です。



違いわかりますか?
この動画を聞く環境にもよりますが、施工後の右ドアの音は施工前の左ドアに比べて全ての音がまとまっていて聞きやすくなっています。

スーパーデッドニングはドアの鉄板の響きをコントロールして、アライブサウンドという心地よいサウンドを作り出すのです。

何の根拠もなく制振材を貼りまくるようなデッドニングでは狙った音にはなりません。
出来上がる音が制振材を貼った結果の音で、ただ単に音が変わったというだけにすぎません。

カーオーディオのデッドニングや音のチューニングの施工方法は色々ですが、的確な狙ったサウンドに出来なければ本物とは言えません。

「デッドニングやってみたけど、良いのか悪いのかわからないけどこんな音になりました(^O^)」じゃ駄目ですよね(汗)

そしてすべて完成後の音源です(^^♪



ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m