つい先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂いたタントカスタムさん。

DSC02453DSC02454
またまたご来店(笑)

DSC02455
高知県から何度も足を運んでいただき本当にありがとうございます。

先日スーパーデッドニングの施工をさせて頂きドアの響きが改善され、既に交換済みだったアルパインのスピーカーのクオリティーがより発揮できるようになったのですが、ツィーター設置位置の問題でドアスピーカーとの音のバランス(繋がり)の悪さがより目立つようになりました。

ツィーターの設置位置と角度によって車室内の音の臨場感の良し悪しに大きく影響します。

スーパーデッドニングはドアの響きの改善によってドアに装着されているスピーカーのクオリティーを最大限引き出す効果があるのですが、ツィーターの設置位置角度の問題で音のバランスが崩れているところは別問題ですので改善することはできません。
逆に音のバランスが崩れている部分までもが顕著に表れてきます。

DSC02458DSC02457
これが現状のツィーターの設置状況です。

もろに運転席、助手席側に向いて取り付けられています。
めちゃめちゃ高音域がうるさいです(汗)
しかも運転席に座っていると右側の音ばかりが強調されて聞こえてきて非常に違和感のあるサウンド空間です。

これでは音楽全体の臨場感を出すためのツィーターの役割を果たすことができない状況です(汗)


先日のスーパーデッドニング施工後に改善策としてツィーター設置位置の変更を提案させて頂きました。

あとこのタントのドアスピーカーの取り付け位置とドア自体の特性で低音域が少し鳴りにくい傾向にあり、またオーナー様が良く聞く音楽ジャンル的に考慮してウーファーの追加も今後の課題として提案させて頂きました。


・・・で、早くも提案させて頂いた「ツィーター設置位置変更&ウーファー追加」でお越し頂きました!!

DSC02462DSC02463
まずはシート下の採寸をしてウーファーの選択から。

DSC02472

ウーファーはただ単にカーペット上の置くだけではウーファー効果を引き出すことが出来ません。
しっかりとした設置ボードを製作してその上にがっちりと固定しなければドアスピーカーとの音の繋がりがとれず、締まりの無いボワボワとした気持ち悪い低音が鳴り響くだけとなってしまいます。

ウーファー効果を最大限引き出すためのアライブ独自の設置方法についてはこちらのデミオの記事をご参照ください。

ウーファーの入荷がまだなのでお車はしばらくお預かりしてじっくりと施工させて頂きます。

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m