DSC02472
先日よりチューンナップウーファー取付とツィーター設置位置変更でお預かりしているタントカスタムさん。

DSC02482DSC02487
電源ケーブル、バッ直引込作業です。
アースもバッテリーのマイナス端子へ戻します。

DSC02495DSC02496
RCAケーブル等、ウーファー設置位置までワイヤリング完了。

そうこうしている間にウーファーが入庫。

DSC02497DSC02498
カロッツエリアのTS-WH1000Aです。
サイズを測ると運転席下にバッチリ収まります。
バッチリ収まるのですがシート下のカーペット上に直に置いてしまうとせっかくのウーファー効果が発揮できません。
発揮できないどころか邪魔な存在となってしまいます。

「低音の迫力を期待してウーファー付けたのにボワボワした低音が鳴って気持ち悪いやん!!なんでやっ!?」

って事になってしまいます。

低音域は設置されている状況やその環境によって音の出方(鳴り方)が大きく変わります。

DSC02499DSC02501
しっかりとした厚みの板で専用の設置ボードを製作して確実な固定をしなければ、本来のウーファー効果が発揮できません。

DSC02502DSC02503
DSC02511DSC02510
ボードの上にベタ置きするのではなく下駄をはかしてウーファー本体を浮かすような感じで設置します。

DSC02507DSC02508
こうすることによってウーファー本来のタイトな低音域が鳴り、フロントスピーカーとの音の繋がりも良くなります。

ウーファー効果を最大限引き出す設置法について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

てな事で続き行ってきます!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m