久々のブログ投稿です!!(笑)

DSC02908DSC02909
本日はヴェルファイアが入庫しております。

DSC02914
なんと!!大宮ナンバー!!
ですが、大阪市よりお越し頂いております。
どちらにしても県外の遠方からお越し頂き誠に恐縮ですm(__)m
ありがとうございます。


施工内容はスーパーデッドニング施行です。
カーオーディオの音を良くするためにスピーカー交換以前に最も重要な、ドアの響きを改善する為のアライブ独自の施工法です。

ドアの響きをちゃんとした響きに改善することにより純正スピーカーでも心地よいサウンドに変化するのです。
逆に言えばドアの響きをちゃんとした響きに改善せずにスピーカーを交換しても、ドアの響きの悪い部分はそのままなので心地よいサウンドにはなりません。
せっかくの良いスピーカーのクオリティーが発揮されず台無しですね。

カーオーディオは物を交換するだけではただ音が変わったというだけで、求めている『良い音』にはなりません。
カーオーディオに対してお金をかける事の本質を見据えた『物を活かす意味のある施工法』が重要なのです。


DSC02910
アルパインのナビです。

DSC02916DSC02915
DSC02923DSC02918
純正スピーカーです。

DSC02928DSC02929
トヨタの純正スピーカーはリベットで留まっています。
このリベットをドリルでもんで外していくのですが、削りカスが車室内等に飛び散らないように養生をしておきます。

DSC02931DSC02932
はいっ!!
取れました!!


DSC02933
後でまた純正スピーカーを取り付けるのですが、次はボルトでしっかりと固定できるようにナットリベットを装着しておきます。

DSC02934DSC02935
ナットリベットを装着するために穴を広げます。
錆防止の塗装をしておきます。


DSC02937DSC02936
ドア内部を丁寧に脱脂処理後、アウターパネルの響きをコントロールするために制振材を貼り付けていきます。
指先で叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。

DSC02938DSC02939
探っては貼り付けを繰り返していきます。

DSC02940DSC02941
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

このようにスーパーデッドニングではアウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように制振材を利用してコントロールしていきます。

音楽を聞いていて心地良く感じるか感じないかはこの『ベース音の余韻』が非常に重要です。

どんなジャンルの音楽にもベースというパートが必ずあります。
耳で直接聞き取りにくい帯域の音ですが、鳴っていると鳴っていないでは感じ方が全然違います。

闇雲に制振材を貼り付けるようなデッドニングでこの重要なベース音の余韻が作り出せるはずがないですね。

何のためにカーオーディオに対してお金をかけるのか?
車の中で好きな音楽を良い音で聞くためですよね。
その本質をぶれずに見据えて考えると施工法の重要性は必然ですね。


という感じで後半戦行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m