本日はこちらのお車が入庫です。

DSC05440DSC05441
30プリウスです。
フロントドアのスーパーデッドニング施工です。

DSC05442
アルパインのナビです。

DSC05443DSC05444
サウンド調整機能は全てOFFの状態で施工します。
施工後はスーパーデッドニング効果で聞くジャンルやソースに関係なく、このような煩わしい調整機能を使う必要がなくなります。

DSC05446DSC05445
DSC05452DSC05449
内張り外します。

DSC05453DSC05450
純正スピーカーです。
敢えてスピーカーの交換はしません。
スーパ―デッドニング効果で、素直でバランスの良い純正スピーカーの本当のサウンドを体感していただけます。

「純正スピーカーは音が悪い」という勝手なレッテルを貼る前に、「なぜ純正スピーカーは音が悪いのか?」もしくは「純正スピーカーの音を悪くしているのは何が原因か?」という事を考えればスピーカーを交換する前に何を改善すべきかが見えてくるはずです。

DSC05457DSC05458
純正スピーカーです。

DSC05451
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで固定されているのでスピーカーを外すときはこのリベットをドリルで飛ばす必要があります。

DSC05459DSC05460
最終的に純正スピーカーを取り付けるのですが、ボルトでしっかりと固定できるようにナットリベットを装着します。

純正スピーカーでも市販の高価なスピーカーでも、音の良し悪しを決めるのは「しっかりと固定する」という「物を活かすための確実な施工」です。
高価なスピーカーに交換しても固定方法が適当だと、本来のクオリティーのサウンドなんて出るはずがありません!!

DSC05461DSC05465
ボルトで確実に固定することも出来ますし、外すことも容易になり一石二鳥です。

DSC05462
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC05466DSC05467
アウターパネル裏を指先で叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。

DSC05468DSC05469
貼っては探りを繰り返していきます。

DSC05470
アウターパネルの響きを、音楽を聴いて心地よく感じるために重要なベース音の余韻が奏でるように、制振材を利用してコントロールしていきます。

意味もなく闇雲に制振材を貼り付けるデッドニングとは根本的な考え方が違います。

スーパーデッドニングは「カーオーディオのスピーカーは楽器の音を鳴らす楽器」という独自の視点から考案したアライブ独自の施工法です。

そのスーパ―デッドニングについて詳しくはこちらをご覧ください。


てな感じで着々と進行しております。

では後半戦行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m