先週から約10日間ほどお預かりさせて頂いていたシトロエンC4ピカソ。

DSC05756
本日無事にオーナー様の元へ!!

今回施工させていただいた内容は、フロントスピーカーをアライブ定番のこちらに交換。

DSC05758DSC05760
DLS RCS6.2

リアスピーカーも交換しました。
同じくDLSのコアキシャルタイプのこちらに交換。

DSC05759DSC05761
DLS M226

もちろんただ単に交換するのではなくそれぞれのユニットのクオリティーを活かすための重要な施工法、「スーパーインナーバッフル」と「スーパーチューニング」とセットです。

ちなみにスーパーデッドニングは先月施工済みです。

DSC05767DSC05769
もちろんフロント&リア同時施工です。

DSC05768
その時すでにスピーカーはカロッツェリアに交換済みでしたが、この度スピーカーも施工法もグレードアップです。


と、このまま施工詳細をアップしたいところなのですが・・・

DSC05921
夕方から入れ替わりでこちらのお車が入庫して待機しているので要所要所だけでご勘弁をm(_ _)m


まずはスーパーインナーバッフルです。

DSC05790DSC05791
内張り内クリアランスとドア内部奥行き等を、ミリ単位で計測して最適なバッフルの厚みを決めます。

DSC05795DSC05798
ドアの接地面の凹凸の形状に合わせて現物合わせで削っていきます。

DSC05799DSC05800
インナーバッフルを固定するための鬼目ナットを打ち込む穴位置を決めます。

DSC05805DSC05806
ドア側にも穴位置をケガきます。

DSC05809DSC05812
鉄板をカットするにあたり鉄粉が飛び散らないようにドア内部と周辺をしっかりと養生します。
特にドア内部は入念にしておかないと鉄粉が入り込んでドア内部がサビだらけになってしまいます。

DSC05814
まずはエアーソーで大まかにカットしていきます。

DSC05815
続いてベルトサンダーでライン上まで削っていきます。

DSC05818DSC05819
最後は手作業でバリ取りをして仕上げます。

DSC05821
錆止め塗装をします。

DSC05826DSC05827
スーパーインナーバッフルの角を落として形は完成です。

DSC05828DSC05829
制振塗料ダイポルギーを塗り込みます。
防水効果と余計な共鳴を防ぎます。

DSC05835DSC05836
鬼目ナットを打ち込みます。

DSC05839DSC05840
スーパーインナーバッフル完成です。

DSC05841DSC05842
ドアの接地面にコーキングを塗って密着性を高めます。

DSC05843DSC05850
ステンレスキャップボルトでドア内部からしっかりと固定します。

DSC05851
ドア内部側のテーパー面にはコーキングを塗ってより防水効果を高めます。

DSC05884DSC05885
スピーカーもボルトでしっかりと固定するのですが、スピーカーの振動で緩まないようにロックタイトを添付。

DSC05896DSC05897
フロントドア完成!!

DSC05901DSC05902
リアドア完成!!

DSC05858DSC05863
パッシブネットワークはセカンドシート足元の小物入れの中へ。

DSC05865DSC05868
スピーカーケーブルをナビ裏からパッシブネットワーク、各ドアへワイヤリング。

DSC05875
専用ボードを制作して設置します。

DSC05879DSC05880
パッシブネットワーク設置完成!!


続いて、内張り裏に施工するスーパーチューニングです。

DSC05783DSC05784
制振塗料ダイポルギーを塗る前に特殊なペーパーで傷をつけて密着性を高めます。

DSC05785DSC05786
何回かに分けてしっかりと塗り込みます。

DSC05787DSC05788
一回塗って乾燥させます。

DSC05830DSC05831
二回目、たっぷり塗り込んでしっかり乾燥させます。

DSC05888DSC05889
しっかり乾燥しました。

DSC05892
要所要所に吸音材を貼り付けて完成です!!


DSC05904DSC05906
ツィーターは純正位置へ。
純正ツィーターの枠を加工して取り付けます。

DSC05910DSC05909
ツィーター設置完成です!!


最後にサウンドセッティング。

DSC05912DSC05914
と言ってもアライブサウンドではスーパーシリーズの施工法で確実な音創りをするので、イコライザーやタイムアライメントは基本的にすべてOFFです。

DSC05916
この項目は使います。
フロントスピーカーを基準として前後スピーカーの最適なバランス調整を行います。
どこの座席に座っても前後スピーカーの音が一つに纏まるように調整します。

DSC05917DSC05918
タイトで心地の良い低音域を出しつつ中音域の音抜けを良くするためにクロスオーバー調整を使用します。
これらは全て聴感で調整します。


以上ですべて完成です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m