先日からお預かりさせて頂いている新型レヴォーグさん。

DSC06018
『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』無事完成いたしました。

今日は後半戦からスタート!!

DSC06078
スピーカー裏の背圧が当たる部分に貼り付けるアクワイエ吸音材。

DSC06079DSC06080
貼り付ける面に剥がれ防止のための耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC06088DSC06089
こんな感じで貼り付けます。
これによりスピーカー裏から出る音の反射を防ぐことができます。
聴感上の効果としては低音域のぼやけた感じが無くなります。
それに伴いヴォーカル等の中音域の音抜けが良くなります。

続いてサービスホールを塞ぐためのカバーを、ゴム質の制振材を利用してサービスホールの形状に合わせて切り出します。

DSC06081
右側フロントドア用です。

DSC06082
右側リアドア用です。

DSC06092DSC06093
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06094DSC06095
リアドアも同様に。

DSC06097DSC06096
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張るような感じでしっかりと貼り付けていきます。
この時にサービスホールから出てくるケーブル類を上手くかわすように細工を施します。

DSC06099DSC06098
リアドアも同様に。

DSC06101DSC06100
もちろん左側も。

DSC06097
スピーカーを取り付けてエンジンをかけ、実際に音楽を鳴らします。

DSC06102
音楽を鳴らすとスピーカーの響きがドアのインナーパネルに伝わっていきます。
手の裏側で触れながら響きを感じ取り制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06103
敢えて適当な大きさにカットした制振材の中から最適な物を選びポイント部分に貼り付けます。

DSC06104DSC06105
貼りつけた後、ヘラで叩き潰すような感じでしっかりと押さえ付けます。

DSC06106DSC06107
次のポイントを探り貼りつけて押さえます。
この動作を繰り返してインナーパネルの響きを整えていきます。
響きを整えることにより埋もれていた音が蘇えり、逆に出過ぎていた耳障りな音が消えて全帯域の音が聴きやすくなります。

DSC06108
これで完成です。

DSC06111
リアドアも同様に施行していきます。

DSC06115DSC06114
左側も同じです。


DSC06118
最後にスピーカーの前後バランスをどの座席に座っても同様な心地良いサウンドになるように調整します。

DSC06116
このシステムの場合、音質効果はOFFの方が音楽としての心地よいベース音が響きますね。

以上ですべて完成です!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m