本日は夕方からこちらのお車が入庫です。

DSC06412DSC06413
ハリアーです。

DSC06417
大阪府茨木市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC06414DSC06415
オーディオは純正JBLシステムです。

施工内容は純正JBLシステム定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。

更にオーナー様のご要望で追加のご依頼メニュー。
このJBLシステムのクオリティーをより発揮させるために『スーパーチューニング・フロント&リア同時施工』も行います。

流石にこれらのメニューだと1泊2日では物理的に施工不可能ですので、本日夕方お預りの3泊3日での施工です。
特にスーパーチューニングは内張り裏全面に制振塗料ダイポルギーを何回かに分けて塗り込む作業ですので乾燥に時間がかかります。
ですので今夜中に1回塗りまではやっておかないと間に合いません(汗)

DSC06420DSC06424
DSC06422DSC06431
それぞれ内張りを外します。
このハリアーの場合はもともと内張り内に吸音材が貼られています。

DSC06444DSC06446
吸音材を一旦外します。

DSC06449DSC06450
このようなケーブル類も邪魔になるので一旦外しておきます。

DSC06453DSC06454
ダイポルギーを塗る前に密着性を高めるために専用の特殊ペーパーで足付けをします。

DSC06455
左が足付け後、右が足付け前です。
つるつるの面に塗っても後からペロッとめくれてしまいます。

一口に「ダイポルギーを塗り込む」と言っても塗り込むまでにこのような下地処理等のいくつかの工程が必要です。
何事もそうですが何か行動を起こすためには下準備が必要ですね。

DSC06456DSC06457
水で適度な粘度に薄めながら下塗りをしていきます。

DSC06458DSC06461
1回目の下塗り完了です。
夏場だと塗っている間に乾いてくるのですが、この時期からはなかなか乾きません(汗)

この状態で一晩おきます。
明日の朝にはほぼ乾いているので2回目を塗っていきます。


こんな感じで進行していきます。

今回のスーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工の詳しい内容は下記リンク先のCX-3の記事をご覧ください。

● CX-3 純正BOSEサウンドシステムに『スーパーデッドニング・スーパーチューニング同時施工』

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m