本日はお初のお車が入庫しております。

DSC06566DSC06567
ランドクルーザープラドです。
三田市よりお越し頂きました。

施工内容はアライブ定番メニューの『スーパーデッドニング・フロント&リア同時施工』です。
同時施工の場合、お初のお車は日帰りでの施行は時間的に厳しいですので昨日からの一泊二日のお預りでさせて頂いております。


DSC06583
純正ナビです。

DSC06584DSC06588
フロントドア。

DSC06589
フロント純正スピーカーです。

DSC06587DSC06593
リアドア。

DSC06594
リアも純正スピーカーです。

DSC06604DSC06606
純正スピーカーとビニールを外してドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06611DSC06612
アウターパネル裏を指先でこんこんと叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。

DSC06613DSC06614
適当な大きさの制振材を選びポイント部分に貼り付け次のポイントを探ります。

DSC06615DSC06616
制振材をさらに細かくカットしてアウターパネルの響きを微調整していきます。

DSC06619DSC06620
続いて貼り付けた制振材をヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC06622DSC06623
これでアウターパネルの施工は完了です。
鉄板特有のビンビンという余計な響きを消しつつ、ベース音の心地良い余韻を奏でるように響きをコントロールしています。

DSC06632
リアドアも同様に施工していきます。

DSC06639DSC06640
続いてアクワイエ吸音材をスピーカー裏の背圧があたる鉄板部分に貼り付けます。
貼り付ける面には剥がれにくくするために耐熱ボンドを予め吹き付けておきます。

DSC06646DSC06647
スピーカー裏から出る余計な反射音(スピーカー本来の出音に悪影響を及ぼす)を防ぐ効果があります。

DSC06642DSC06643
続いてサービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC06644DSC06645
サービスホールの縁には粘着を強化するための耐熱ボンドを吹き付けておきます。

DSC06650DSC06652
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。

DSC06653DSC06654
リアドアも同様に施工します。

DSC06656DSC06655
スピーカーを取り付けてここから実際に音楽を鳴らしてインナーパネルの響きを整えていきます。

音の良し悪しを決める重要な最終工程です。

では行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m