本日はお久しぶりなお車が入庫です。

DSC06679DSC06680
マツダ プレマシーです。
地元西明石からお越しの超ご近所様です。

施工内容はもちろん純正スピーカーにスーパーデッドニングです。

DSC06681
アルパインナビです。

DSC06682DSC06683
サウンド調整機能は全てOFFもしくはフラットの状態で施工します。
施工後はスーパーデッドニング効果で煩わしい調整をしなくても心地よいサウンドが得られるようになります。

DSC06685DSC06687
内張り外します。

DSC06688DSC06689
純正スピーカーです。

DSC06692DSC06697
ガラスを外して樹脂パネルを外します。

DSC06695DSC06701
まずはアウターパネル裏、ドア内部を丁寧に脱脂処理。
この工程を怠ると制振材がひっつかず施行効果を出すことができません。

DSC06702DSC06703
アウターパネル裏をコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探っていきます。
適当な大きさの制振材を選びポイント部分に貼り付けます。

DSC06704DSC06705
つづいて次のポイントを探り制振材を貼り付けます。
この作業を繰り返していきアウターパネルの響きを調整します。

DSC06707DSC06708
はじめは大きな制振材を大まかに貼っていき、制振材をさらにカットして響きを微調整します。

DSC06709DSC06710
その後ヘラでしっかりと制振材を押さえ付けていきます。

DSC06711DSC06712
これでアウターパネル部分は完成です。
余計な鉄板のビンビンという響きが消え、ベース音の心地良い余韻が奏でるようになりました。

DSC06716DSC06718
アクワイエ吸音材をスピーカー裏の背圧があたる部分に貼り付けます。

とこんな感じで着々と進行中です。
ではクライマックス工程へ行ってまいります!!

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m