DSC06817DSC06818
昨日は80VOXYにスーパーデッドニング施工でした。

DSC06830
岡山県倉敷市よりお越し頂きました。
遠路遥々ありがとうございます。

DSC06821
アルパイン80VOXY専用ナビです。

DSC06831DSC06833
内張り外します。

DSC06834
純正スピーカーです。

DSC06836DSC06841
トヨタ車の純正スピーカーはリベットで取り付けられています。
ドリルでリベットをつぶして外します。

DSC06842DSC06843
外れました。

最終工程で純正スピーカーをまた取り付けるのですが、リベット留めではなくボルトで固定できるように細工します。

DSC06846DSC06845
ナットリベットを使います。

DSC06847DSC06848
純正取付穴をナットリベットが入る大きさに広げて錆止めを塗ります。

DSC06849DSC06850
専用工具でドアの鉄板にカシメます。

DSC06851DSC06852
これでボルトが使えるようになりました。
外すことも容易になりますので一石二鳥ですね。


DSC06853
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC06857DSC06858
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼るポイントを探り制振材を貼り付けます。

DSC06859DSC06860
また次のポイントを探り貼り付けるという動作を繰り返し、アウターパネルの響きをベース音の余韻が奏でるように調整していきます。

DSC06861DSC06862
貼り終えた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。
しっかりと押さえ付けないと制振効果が発揮できず施工効果が半減してしまいます。

DSC06863DSC06864
押さえ忘れのないように隅々までチェックします。

DSC06867DSC06866
特にドアの奥の方は手が入りづらく非常に押さえにくいです(汗)

DSC06868
助手席側も同様に施工していきます。


DSC06872DSC06873
つづいてスピーカーの背面のパネル部分にアクワイエ吸音材を貼り付けます。
スピーカー裏から出る音がパネル部分に反射してスピーカー本来の出音に悪影響を及ぼすのを防ぎます。

貼り付ける面には雨水等で勝手に剥がれない様に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06875DSC06874
貼り付けました。


DSC06878
つづいてサービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。

DSC06876DSC06877
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC06879DSC06880
ヒートガンで温めながら太鼓の革をピンッと張る様な感じでしっかりと貼り付けていきます。


つづいて純正スピーカーを取り付けます。

DSC06882
ステンレスキャップボルトで確実に固定します。

DSC06881DSC06884
スピーカーの振動でボルトが緩んでこないようにロックタイトを添付。
このタイプは完全に固定されないので外すことも可能です。


DSC06885
ここから実際に音楽を鳴らします。

DSC06887DSC06888
音楽を鳴らすとスピーカーの振動がインナーパネルに伝わります。
手の指裏をインナーパネルに触れながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC06889DSC06890
制振材を貼り付けた後ヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC06891DSC06892
また次のポイントを探ります。

この動作を繰り返してインナーパネルの響きをコントロールし、余計な響きで埋もれていた音を蘇らせ逆に出過ぎている音を引っ込め、音楽全体のバランスを整えていきます。

DSC06893
これで完成です!!

DSC06897
助手席側も同様に施工して完成です。

DSC06900DSC06901
最後にリアスピーカーとのバランスを調整します。
画像がピンボケでスイマセンm(__)m

基本的にサウンド調整機能は全てOFFです。

DSC06902
フェダー調整もセンター位置です。

DSC06903DSC06904
アルパインナビにはクロスオーバー調整機能がありますので、この項目で前後のスピーカーバランスを調整します。
ハイパスフィルターも使って出過ぎている低音域を調整して中高音域とのバランスを整えます。

これらの調整は色々なジャンルの曲を聴きながら聴感でセッティングしていきます。


以上ですべて完成です!!

ご清聴ありがとうございました(笑)

施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m