ムーヴ キャンバス、チューンナップウーファー取付の続きです。

各ケーブルのワイヤリングが終了したのでウーファー設置ボードの製作です。

DSC07559
ウーファーは運転席下に設置します。

一般的なチューンナップウーファーの取付だと、マジックテープでこのカーペット上に貼り付けて、配線繋いで、音が出て、「ハイッ!出来上がり!!」です。

まぁこの状態でもとりあえずはボコボコと締まりの無い低音は出るので、
「おっ!ウーハー鳴ってるやん!!」という事ではある意味OKなのかもしれませんが、音楽としての低音域の再生(鳴り方)としては果たしてそれでいいのでしょうか?

ウーファーの本来の役割(使い方)は、ドアスピーカーの中低音域を補い音楽全体に厚み(迫力)を出すためです。

アライブの音創りの中でのウーファーの鳴らし方は、聴感上迫力ある低音域が鳴っていても「シート下のウーファーから低音域が鳴っているとは感じないくらい、存在感がない状態」です。

その役割を果たすためには「ウーファーの設置方法」が非常に重要となります。

低音域は柔らかい物に吸収されやすいので、ウーファーをシート下のカーペットの上に直に置くとその影響で締まりの無いぼやけた低音になってしまいます。
そしてドアのスピーカーとの音の繋がりも悪くなり、結果的にドアスピーカーからは軽い耳障りな高音がチャキチャキと鳴り、シート下からはボワボワと不快な低音が鳴るという、いわゆる典型的な聞き疲れのする「ドンシャリサウンド」になってしまいます。


アライブでは必ず専用のボードを製作してウーファーを活かす施工を行います。
「何のためにウーファーを取り付けるのか?」という事を考えれば当然の事です。


DSC07563
まずベースとなるボードを切り出します。
車台番号の刻印部分が見えるようにカットしておきます。

DSC07564DSC07565
ウーファーを置いて現物合わせでボードの形を作っていきます。

DSC07566DSC07567
音抜けが良くなるように下駄をはかせてウーファーを浮かせます。
インシュレーター効果です。

インシュレーター
ホームオーディオでは当たり前の処置ですね。

DSC07568DSC07569
ケーブルを通す穴を開け角を削りボードの形状は完成です。
車両に仮置きして設置状況をチェックします。

DSC07570DSC07571
制振塗料ダイポルギーを塗ってボード自体の余計な共鳴音を防ぎます。

DSC07572
ウーファーをボルトで固定出来るように鬼目ナットを埋め込みます。

DSC07574DSC07576
超強力マジックテープと超強力両面テープでボードを固定します。
ウーファーとの隙間部分に吸音材を貼り付け音溜りを消します。

DSC07578DSC07579
ウーファーを取り付けてシートを元に戻します。

DSC07580
最後に自然な低音域が鳴るようにサウンドセッティングをして終了です。


施行ご予約・お見積りのご依頼はこちらから

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m