DSC00176DSC00177
本日はプレマシーが入庫しております。

DSC00182
愛知県よりお越し頂いております。
遠路遥々ありがとうございます。

施行内容は只今大好評中の『スーパーデッドニング・お年玉キャンペーン』でご予約いただきました。

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!

DSC00179
純正ナビかな?

DSC00180DSC00183
内張り外します。

DSC00184
純正スピーカーです。

DSC00191DSC00192
マツダ車はドアが黒い樹脂パネルで塞がれている構造です。
まずはこの樹脂パネルを外すのですが窓ガラスを外して純正のケーブル類を外していきます。

と、言うのは簡単ですがこのケーブル類を外すのはちょっとしたコツがいります。

DSC00193DSC00194
外れました。

DSC00196DSC00198
外した樹脂パネルです。
この樹脂パネルにウィンドウモーターとレールが組み込まれています。

DSC00199DSC00201
純正スピーカーです。
安っぽいですが偏った音色の色付けがなく全帯域で素直な音を再生してくれます。


『純正スピーカーなんて音が悪い』って思われるでしょうが、一度その固定観念を払拭して長時間聴いてみてください。
車種とその純正システムの構成によって差はありますが、意外と自然な音で長時間聞いていても聞き疲れしないとは思いませんか?

ただボリュームを上げていくと低音域がボワボワして籠った音に感じたり、音がつぶれてボーカルとか各楽器が聞き取りにくくなるという現象が起こります。

この現象は純正スピーカーその物が原因ではなく、『ドアの響き方』が最大の原因なのです。

そこに気付かずに「やっぱり純正スピーカー音悪い」とスピーカーだけを交換してもこの現象は改善されません。
逆に交換するスピーカーの特性が高音域重視な音だと、余計に耳障りで聞き疲れする音になる場合も多々あります。

カーオーディオで心地よい音を聞くためには、まずは『ドアの響きを適正な響きに改善する事』が先決かつ重要です。

その重要な施工法が『スーパーデッドニング』です。


その重要な施工法である『スーパーデッドニング』が台数限定でお得な価格になっています!!
この機会をお見逃しなく!!

スーパ―デッドニング『たいぞうからのお年玉』キャンペーン
おかげさまで大好評です!!
まだまだご予約募集中ですのでこの機会をお見逃しなく!!


DSC00204
ドア内部を丁寧に脱脂処理。

DSC00205DSC00206
アウターパネルを指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC00207DSC00208
制振材を小さくカットして響きを微調整していきます。

DSC00209DSC00210
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けます。

DSC00211DSC00212
アウターパネル側はこれで完成。
鉄板特有のビンビンという余計な響きを消しつつベース音の余韻が奏でるような響きにコントロールしています。


とこんな感じで着々と進行中です。
では後半戦行ってまいります!!

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m