DSC00534DSC00535
本日はS660が入庫しております。
かっちょいいです!!

DSC00539
京都からお越し頂いております。
施行内容はもちろん『スーパーデッドニング』です。

DSC00536
オーディオは純正。
音源はスマホ等をBluetoothで接続して鳴らします。

DSC00537DSC00540
スピーカーは地元の量販店で交換済みです。

DSC00541DSC00542
量販店でスピーカーを交換済みの場合、ほとんどがこのような吸音材をスピーカー周りに貼り付けられています。

貼る事自体は問題ないのですが・・・

DSC00543DSC00544
貼りついてはいけない部分に貼りついています(汗)

スーパーデッドニング施工時にスピーカー交換済みで入庫する車両でこのように吸音材を貼ってある場合のほぼ99%がこの状態です(汗)

『何のためにこの吸音材をここに貼り付けるのか』という意味を理解していればこんな所には絶対に貼り付けないはずですが・・・

「スピーカーを交換した後に吸音材を貼り付ける」という単純な流れ作業的な仕事をしているからこんな事をしていても気にならないのでしょうね。


DSC00552DSC00553
内張りを外した後はこのビニールを剥がします。
ホンダ車のブチルは非常に柔らかいタイプで、そのまま引っ張るとスライムのように伸びるばかりで後々大変な事になります(汗)

ヘラで少し隙間を作り、そこに特殊な溶剤を垂らします。
しばらくするとブチルがじわじわと剥離してきます。

DSC00554DSC00555
少しずつ溶剤を垂らしながら焦らずに剥がしていきます。

DSC00557
綺麗に剥がれました!!

DSC00558DSC00559
少し残っているところは溶剤で拭き取ればきれいさっぱりです!!

DSC00560DSC00561
ドア内部も丁寧に脱脂処理。

DSC00563DSC00564
アウターパネル裏を指先でコンコンと叩きながら制振材を貼り付けるポイントを探っていきます。

DSC00565DSC00566
鉄板自体のビンビンという余計な響きは消しつつ、音楽を聴くうえで心地よく感じるために重要な『ベース音の余韻』が奏でるようにアウターパネルの響きをコントロールしていきます。

DSC00567DSC00568
貼り付けた後はヘラでしっかりと押さえ付けていきます。

DSC00569DSC00571
一枚一枚丁寧にしっかりと押さえ付けます。

DSC00576DSC00575
続いてスピーカー裏から出る音があたる面にアクワイエ吸音材を貼り付け余計な反射音を防ぎます。
貼り付ける面には粘着を強化するために耐熱ボンドを吹き付けます。

DSC00579
吸音材を貼り付けることによりスピーカー裏から出る音の反射音が消え、音の打ち消し合いによる音抜けの悪さを解消する事が出来ます。
特にヴォーカルなどの中音域の音がハッキリと聴き取りやすくなります。


DSC00578DSC00577
次にサービスホールを塞ぐ為のカバーをゴム質の制振材を利用して切り出します。
サービスホールの縁に耐熱ボンドを吹き付けて粘着を強化します。

DSC00580
ヒートガンで温めながら太鼓の革を張る様な感じでしっかりと貼り付けます。

DSC00581DSC00584
スピーカーを取付てエンジンをかけ音楽を鳴らします。
音楽を鳴らすとスピーカーの響がドアのインナーパネルへ伝わります。
手の裏でインナーパネルに触れて響きを感じ取りながら制振材を貼り付けるポイントを探ります。

DSC00585DSC00586
適当な制振材を選びポイント部分に貼り付けしっかりと押さえ付けます。

DSC00587DSC00588
そして次のポイントを探り制振材を貼り付けます。
これを繰り返してドアのインナーパネルの響きを『良い音にが鳴る響き』に調整していきます。

DSC00589DSC00590
これで完成です。

インナーパネルの響きを整えることにより無駄な響きで埋もれていた音が蘇えり、逆に響きすぎて歪んでいた音がまともな音になり、結果音量を上げても音がつぶれることなくボーカルや各楽器それぞれの音が心地良くはっきりと聞けるようになります。

またボワボワと締まりの無い低音域が芯のあるタイトな音になり、ベース音の余韻が心地良く感じられるようになります。

後日オーナー様より施工後のご感想メールを頂きましたのでこちらをご参照ください。


スーパーデッドニングの価格は64,800円(税込)です。
(フロントドア左右)
施工時間は約6時間です。
午前中にお越し頂きますと18時頃のお引き渡しとなります。
ご予約は下のお申し込みボタンよりお願いいたします。

ポチッと応援よろしくお願いいたしますm(__)m